オーストラリアのインドサイ・ドラは名古屋生まれ

このインドサイ母子はだーれ?


赤ちゃんは、
ーストラリアで
初めて誕生したインドサイの子!

e0266067_20130501.jpg
(C):Taronga Zoo


東山動物園のインドサイのニルギリは
1999年と2003年にオスの子を出産している。
2003年生まれの子は、今も東山にいるセラ。

1999年生まれの子は、ドラ。

この年に中日ドラゴンズが11年ぶりに
セリーグ優勝したことから、
ドラと名付けられたそうだ。

名古屋市とオーストラリアのシドニーが
姉妹都市であることから、
ドラは2002年にオーストラリアのシドニーにある
タロンガ動物園に寄贈された。

その後ドラは繁殖のために、タロンガ動物園から
系列のWestern Plains 動物園に移動。

そして、2015年10月25日に Dora と
アメリカ生まれのAmala♀ のあいだに
オスの子 Rajah が誕生。

それが、オーストラリアで初めて生まれた
インドサイの赤ちゃんなのだ!

ラジャーくんのことは、
名古屋のニルギリばあちゃんとセラおじちゃん、
そして日本中のインドサイ・ファンが
応援しているからね。

彼は今年の10月で2才、
もうずいぶん大きくなっているでしょうね。

e0266067_20282895.jpg

(C):Taronga Zoo


こうして東山動物園生まれのドラは、
オーストラリアに渡って13年後、
オーストラリアで最初に誕生した
大切なインドサイの子の父親となったのである。


参照記事 
2:豪でインドサイの贈呈式/東山動物園から
2.Here Is Australia's Newest And Cutest Baby Rhino
(かわいい動画あり)



by sainomimy | 2017-06-17 18:49 | 東山動物園 | Comments(0)