インドサイのペアリング@金沢動物園 2017.09.24

今日は、金沢動物園のインドサイのキンタロウとゴポンが
ペアリングのために同じ放飼場にいた。

e0266067_22242403.jpg

格子の向こうから飼育員さんが様子を見ている。
e0266067_22245061.jpg

2頭はずっと、そばを離れない。
e0266067_22252769.jpg

e0266067_22260485.jpg

e0266067_22270323.jpg


互いに動かず静かな時が流れる。
e0266067_22264654.jpg


一旦キンタロウが屋内に収容され、ゴポンが外から見ている。
e0266067_22280528.jpg

再びキンタロウの格子が開けられると、
キンタロウが走り出てきた。
e0266067_22283483.jpg

キンタロウが少し積極的な様子。
e0266067_22290190.jpg
e0266067_22293724.jpg

初めて2頭が向き合った。
e0266067_22301213.jpg

少しよい雰囲気かな?
e0266067_22304273.jpg
その後、唐突にキンタロウが走り去った。

ここで閉園時間になってしまった。



キンタロウは、現在34才。
1983.07.12 独シュトュットガルド動物園生まれ。

ゴポンは、現在17才。
1999.12.12 米サンディエゴ動物園生まれ。

キンタロウとゴポンのあいだには3頭の子が誕生している。
日本の動物園のインドサイ繁殖としては金沢動物園が最多。

2007.02.01 ♀  アスカ 残念ながら2007.03.22死亡
2009.08.15 ♂  ブンタ 現在は名古屋の東山動物園
2014.01.31 ♂  チャンプ 現在は山口県の秋吉台サファリランド

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は、園内に9月22日「世界サイの日」に際して
実物大のインドサイのパネルが設置された。
製作者は、インドサイ担当飼育員のあのSさん!

体長が4m近くにもなるインドサイの大きさが
間近に実感できる。

e0266067_10083781.jpg
使われた木材は、ゴポンが2003年3月に
アメリカのサンディエゴ動物園から
金沢動物園に移動したときの輸送箱。

材料の質感が活かされアートっぽい!
e0266067_10084819.jpg

e0266067_11395870.jpg


by sainomimy | 2017-10-06 12:20 | 金沢動物園 | Comments(0)