世界の動物園で
最高齢のインドサイは、
米ロサンゼルス動物園の
ランダという48才のメス。


e0266067_00114541.jpg

Photo(C):JAMIE PHAM




ランダは高齢化に伴う食欲減退、歩行困難、腎不全の症状を
示し容体が悪化したため、11月6日に安楽死の処置が施された。

1969年10月5日にスイスのバーゼル動物園生まれの
ランダは1974年11月から40年を超える長い期間、
ロサンゼルス動物園で飼育され親しまれていた。

2009年、40才で角の下部に進行性の皮膚ガンを
発症した際には、獣医と医師の合同チームが
角を切除して放射線治療をおこなった。

既に高齢で体重も2トンもあったため治療は
容易ではなかったが、UCLAのメディカルセンターの
放射線治療の専門家も協力もあって、2011年には
ガンの完治が発表された。

ランダは飼育員との関係が非常に良好で、
来園者との「ふれあいイベント」や
野生のサイの絶滅危機についての啓蒙活動、
そして、野生のサイの保護資金を集めるためにも
大いに貢献した。

2015年からは関節炎などの老化症状もあり
「ふれあい」などの表舞台からは引退していた。

ランダの存在があったからこそ集まったとされる
資金は 37万6千ドル(日本円にすると4千万円以上)
を超えるそうだ。

こうして動物園のランダは野生のサイの仲間を
守っていたのだ。

こういう形で飼育下の動物が野生の動物を
助けることができるのは、動物園の存在意義として
とても重要だと思う。

世界最高齢のクロサイである日本の安佐動物園の
ハナさんにもこうした貢献ができるような仕組みが
日本の動物園文化にもあればよいのにと思う。

動物園に暮らす動物が野生の仲間を助けられる
仕組み作りを、私たち動物園ファンは待つだけでなく
率先して考えてもよいのかもしれない。


参照記事 :







9月17日に予定されていたが、悪天候のために
延期となっていた「ライノデー・イベント」を
”どうぶつえんの文化祭”という催しのなかで
10月8日に実施。

「ライノデー」のために製作された実物大のインドサイの
プレートの前では、体長90cm の折り紙のサイは
こんなに小さい。
e0266067_23483149.jpg

たくさんの団体のブースが出展されている賑やかな広場で、
"象のUNKO elephant paper" とNPO「アフリカゾウの涙」の共催で、
ゾウの糞からの紙作りをする
”象のUNKO elephant paper"さんによる
ゾウとサイの糞からの紙作りの紙漉き体験と
サイの折り紙作りを入園者の皆さんに
トライしてもらいました。


e0266067_13004613.jpg
e0266067_13003398.jpg



紙漉き体験でインドサイの糞から作った紙。
装飾の切り紙は、象のUNKOさん 製作。
e0266067_12322696.jpg

クロサイの糞から作った紙。インドサイより枝を多く食べるので
糞にも多く枝が含まれるので、それで作る紙は茶色っぽくなる。

e0266067_12330049.jpg


この日は天気に恵まれ、暑いくらいの日差しのなか
たくさんの親子連れがサイの折り紙を作ってくれた。
e0266067_23490187.jpg
e0266067_23495056.jpg

e0266067_12092333.jpg

e0266067_12170671.jpg
e0266067_12113092.jpg



e0266067_12145328.jpg

e0266067_12131357.jpg

e0266067_12155085.jpg
サイの密猟がなくなることを願う
サイの折り紙の画像サイト「千頭犀」に
この日に折ってもらったサイをすべてアップしています。
ぜひ見てください。→ https://orirhino.jimdo.com/rhino-no-201-300/

e0266067_12543011.png
皆様のおかげで「千頭犀」は、300頭に達しました。
折り紙に託した願いが叶って密猟が減りますように!


今日は、金沢動物園のインドサイのキンタロウとゴポンが
ペアリングのために同じ放飼場にいた。

e0266067_22242403.jpg

格子の向こうから飼育員さんが様子を見ている。
e0266067_22245061.jpg

2頭はずっと、そばを離れない。
e0266067_22252769.jpg

e0266067_22260485.jpg

e0266067_22270323.jpg


互いに動かず静かな時が流れる。
e0266067_22264654.jpg


一旦キンタロウが屋内に収容され、ゴポンが外から見ている。
e0266067_22280528.jpg

再びキンタロウの格子が開けられると、
キンタロウが走り出てきた。
e0266067_22283483.jpg

キンタロウが少し積極的な様子。
e0266067_22290190.jpg
e0266067_22293724.jpg

初めて2頭が向き合った。
e0266067_22301213.jpg

少しよい雰囲気かな?
e0266067_22304273.jpg
その後、唐突にキンタロウが走り去った。

ここで閉園時間になってしまった。



キンタロウは、現在34才。
1983.07.12 独シュトュットガルド動物園生まれ。

ゴポンは、現在17才。
1999.12.12 米サンディエゴ動物園生まれ。

キンタロウとゴポンのあいだには3頭の子が誕生している。
日本の動物園のインドサイ繁殖としては金沢動物園が最多。

2007.02.01 ♀  アスカ 残念ながら2007.03.22死亡
2009.08.15 ♂  ブンタ 現在は名古屋の東山動物園
2014.01.31 ♂  チャンプ 現在は山口県の秋吉台サファリランド

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は、園内に9月22日「世界サイの日」に際して
実物大のインドサイのパネルが設置された。
製作者は、インドサイ担当飼育員のあのSさん!

体長が4m近くにもなるインドサイの大きさが
間近に実感できる。

e0266067_10083781.jpg
使われた木材は、ゴポンが2003年3月に
アメリカのサンディエゴ動物園から
金沢動物園に移動したときの輸送箱。

材料の質感が活かされアートっぽい!
e0266067_10084819.jpg

e0266067_11395870.jpg


ズーラシアのクロサイのニルは、21才であまり若くはない
オスだが何とも可愛い顔。

e0266067_17422922.jpg

e0266067_17443874.jpg


この角度では渋みがある。
e0266067_17451610.jpg

雨が降ってきた。
後ろに見えるのはシマウマ。
e0266067_17464622.jpg

地面もイイ感じに湿ってきたので泥浴び。
e0266067_17490388.jpg
e0266067_17492582.jpg

泥浴びのあとは、角研ぎ。
e0266067_17495988.jpg
泥光りのお肌もキレイ!
e0266067_17501483.jpg

場所を変えてまた角研ぎ。

e0266067_17503378.jpg

適度な雨の「サイ日和」で、ニルも私も気分がよい1日でした!