カテゴリ:全般( 12 )

今年、世界のどこで
サイの赤ちゃんが
生まれるのでしょうか?
今から楽しみ!

参照記事:
"Confirmed Pregnancies for 2017"
(Rhinos of the World)


今年、最初にサイが生まれる動物園は
日本の金沢動物園になるでしょうか?
ともかく無事に生まれますように!

(追加情報 :
1/6金沢動物園から,
「1月2日に誕生したクロサイの子は、
3時間半後に、死亡が確認された。」
という発表がありました。
本当に残念です。)



日本
 
1月 @横浜・金沢動物園 クロサイ・ローラ

ローラと、2011年4月に生まれた6番目の子フウカちゃん。
e0266067_19522636.jpg
フウカちゃんは、残念ながら2013年2月に死亡。
今度、生まれる予定の赤ちゃんはローラの7番目の子となる。


現在、判明している
世界の動物園のサイの出産予定は? 

■イギリス
1月  @コルチェスター、シロサイ・Emily 
??月  @ダルトン、シロサイ・Zukiswa

ドイツ
1~3月、@ニュルンベルグ、インドサイ・Sofie
春頃  @ミュンスター、シロサイ・Jane

■オランダ
1~2月 @ロッテルダム、インドサイ・Namaste

■チェコ
1~3月 @ピルゼン、インドサイ・Manjula

■米国
6月 @シンシナティ クロサイ・Seyia/Zuri

■エストニア
6~7月 @タリン、クロサイ・Kibibi

■フランス
8~9月 @ドゥエラフォンテーヌ、クロサイ・Tisa

■スイス
??月 @バーゼル、インドサイ・Quetta


世界中で、たくさんの元気なサイの赤ちゃんが
生まれますように。

< 2016年の出来事 >

大記録達成!!

7/14 安佐動物公園 
クロサイのハナ♀が、50才となり
クロサイ世界最高齢記録を達成。

http://sainomimy.exblog.jp/24535966/



誕生

8/13 広島でクロサイの子(♀)
安佐動物公園
母:サキ、父:ヘイルストーン。
「ニコ」と名付けられる。
http://sainomimy.exblog.jp/25105498/

8/27 イギリスでクロサイの子(♂)
Lympne Wild Park
赤ちゃんの父親は、天王寺動物園
生まれでイギリスに渡った
クロサイのサミー(父:トミー、母:サッチャン)。
「Zuri」 と名付けられる。
http://sainomimy.exblog.jp/24757876/


10/11 米国でクロサイのクロサイの子(♀)
アイオワ州 Blank Park Zoo
赤ちゃんの母親は、安佐動物公園生まれで米国に渡ったトシ♂
(ハナとクロの第一子)の娘アヤナ。
命名はこれから。
http://sainomimy.exblog.jp/24741510/


妊娠

金沢動物園のクロサイ、ローラがまもなく
出産予定!

http://sainomimy.exblog.jp/25106984/



移動

2/29 クロサイ・ライ(♂5才)
愛媛・とべ動物園 → 大阪・天王寺動物園
http://sainomimy.exblog.jp/25106614/

3/14 インドサイ・チャンプ(♂2才)
横浜・金沢動物園 → 山口・秋吉台サファリランド
http://sainomimy.exblog.jp/24251653/

6/09 クロサイ・ユキ(♀4才)
広島・安佐動物公園 → 仙台・八木山動物園
http://sainomimy.exblog.jp/24497414/



死亡

1/22 熊本・熊本市動植物園
シロサイ・めぐみ ♀36才
http://sainomimy.exblog.jp/24107489/

5/26 埼玉・東武動物公園
シロサイ・ガンテツ ♂推定42才
http://sainomimy.exblog.jp/25104732/

10/29 福岡・福岡市動物園
シロサイ・ロック ♂推定45才
http://sainomimy.exblog.jp/24860340/



以上が、今年の日本の動物園のサイに
関連する主要な出来事でした。

何と言っても、快挙は50才になったクロサイの
ハナさんの世界最高齢記録達成です。飼育員さん達の
長年の日々の努力とハナさんの強さの賜物だと思います。

そして、8月にハナさんの新たな孫のニコちゃんが
生まれたのに続いて、イギリスとアメリカで
2頭のひ孫が生まれています。まるで、ハナさんの
記録達成を祝っているかのように・・。

日本生まれのサイの血をひく子どもたちは、海外の動物園で
新たな血統として重要な役割を果たします。逆もそうですが。
みな元気に育って欲しいです。

ちょっと心配だったライくんも、新しい環境に
ゆっくり無理なく順応できるように優しくして
もらってだんだん馴染んでいるようですし、
チャンプもユキちゃんも持ち前の元気さで
移動の試練を乗り切ったようで、本当によかったです。

今年、旅立ったシロサイのめぐみさんは
誕生以来36年間、ガンテツさんは開園以来35年間、
そしてロックさんは何と40年間と、同じ動物園で
とても長く飼育されていました。それだけに
いなくなってしまった寂しさは大きいと思います。
これで熊本と福岡でのサイ飼育が終わってしまったのは
とても残念です。


そして最後に、改めて
ローラさんがつつがなく
出産できますように!

2017年がサイにとって
よい年になりますように。

野生のサイの密猟が
なくなりますように。



2015年のサイに関する出来事を
振り返ってみよう。

国内の動物園のサイに関する嬉しいニュースは、
何と言っても16年ぶりに海外のサイが来日したこと、
しかも、子どものクロサイのメスが2頭も!

悲しいニュースは、チェコとアメリカの動物園の
キタシロサイのメスが死亡して、キタシロサイが
地球に3頭になってしまったこと。

2015年はスマトラサイに関して大きな動きがあった。
米シンシナティ動物園の最後の1頭のスマトラサイの
ハラパンが繁殖のために、インドネシアの保護区に
移動した。

8月には、残念なことにマレーシアの野生の
スマトラサイに絶滅宣言が出されてしまった。

南アフリカの2015年のサイの密猟数は、前年を上回ることが
予想され、密猟の増加の勢いは止まらない。

今後が気になるのが、11月に南アフリカで
サイ角の国内取引が許可される判決が出されたこと。
アジアのサイ角需要をさらに刺激することに
つながらないか心配だ。



天王寺動物園のサミアちゃん
e0266067_15303016.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーー
2015年の主要サイ・ニュース


1月 
高齢のシロサイが相次いで死亡。
熊本市動植物園のタロウ♂39才 (11日)
豊橋のんほいパークのフクコ♀38才 (22日)

名古屋・東山動物園のクロサイのニルが
横浜・ズーラシアに移動。(26日)

大阪・天王寺動物園のクロサイ、トミーの孫が
イギリスのチェスター動物園で誕生(31日)。
名前はFara.

3月 
トミーの孫のFaraが死亡。

5月
ナミビアのクロサイを殺す権利を35万ドルで
落札したアメリカ人ハンターが、老いたクロサイを
射殺。(18日)

6月 
ズーラシアへ、独ベルリン動物園から
クロサイのアキリ♀2才10ヶ月が移動。(4日)

天王寺動物園へ、独ライプチヒ動物園から
クロサイのサミア♀1才9ヶ月が移動。(11日)


7月 
チェコの動物園のキタシロサイの
ナビレ♀31才が死亡。キタシロサイは
地球に4頭となる。

8月
マレーシアの野生のスマトラサイの
絶滅が宣言された。


9月 
金沢動物園の「ライノデー」(9/22)イベントで
本邦初のサイの糞ペーパー作りのワークショップ開催。

インドネシアのスマトラサイ保護区のサイの
ラトゥの第2子妊娠が発表された。(22日)

インドネシアのウジュン・クローン国立公園のみに
生息するジャワサイに新たに3頭の子が誕生している
ことがトラップカメラの画像により判明。


11月 
米シンシナティ動物園のスマトラサイの
ハラパン♂8才が繁殖のためにインドネシアの
保護区へ移動。(1日)

米サンディエゴ動物園のキタシロサイ、
ノラ♀41才が死亡。(22日)
地球上のキタシロサイは僅か3頭となる。

南アフリカで、サイ角の国内での売買許可の
判決が出された。(26日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




今年2014年の動物園のサイに関する
出来事を振り返り、10件のニュースを
ピックアップ。

●日本初のインドサイの胎動の映像公開
(2013年12月7日撮影、1月6日公開)

金沢動物園で1月に生まれたチャンプがまだ
ゴポン母さんのお腹にいた時の胎動。
活発なやんちゃ坊主に成長しているチャンプのことなので
お腹の中でもさぞよく動いていたのでは!
https://www.youtube.com/watch?v=PQJOXOIhxWM
http://sainomimy.exblog.jp/21545129/



●天王寺動物園のクロサイ、サッチャン♀死亡。
(1月17日)

42才が目前の、広島のハナに次ぐ高齢のクロサイだった。
愛妻家のパートナー、トミー♂のことが心配されたが、
元気にしているようだ。早いもので、もうすぐ1年だ。
http://sainomimy.exblog.jp/21585290/


●金沢動物園インドサイの男の子、誕生。
(1月31日19時25分)

予測された時期より出産が遅れたので、
少し心配になったが、元気な男の子が生まれ、
今年一番の嬉しいニュースとなった。
http://sainomimy.exblog.jp/21656320/


●多摩動物園インドサイ大放飼場のプール完成
(2月)

e0266067_17244864.jpg
http://sainomimy.exblog.jp/21614807/



●米シンシナティ動物園のスマトラサイ死亡。
(3月30日)

スシ♀9才。シンシナティ動物園の
スマトラサイは、弟のハラパン7才のみ、
飼育下のスマトラサイは、世界で9頭に
なってしまった。
http://sainomimy.exblog.jp/21844345/



●金沢動物園で、インドサイの Tシャツ発売
(5月)

よーく見ると、着用モデルに見覚えがある方もいるのでは?
http://www2.hama-zoo.org/information/detail/140525eigyou


e0266067_16560843.jpg



●安佐動物園で「クロサイ展」開催。
(7月19日~9月23日)

ハナとクロから始まるファミリー・ツリーは圧巻。

e0266067_23593461.jpg


●スリランカで日本生まれのクロサイ・ペアの子誕生。
(10月8日)

デヒワラ動物園にいる、横浜・金沢動物園生まれの
デイオ♂と、広島・安佐動物園生まれのハニー♀の
ペアの子どもが誕生。



●米で飼育下、5代目のシロサイ誕生。
(11月12日)

米オハイオ州のサファリ・パーク "The Wilds" で
アフリカ以外で初の5世代目のシロサイの
男の子の赤ちゃんが誕生。


●最後の1件は、年末までの
3週間余りに何かよいニュースがある
ことを期待してみよう。






9月22日は、「世界サイの日」。
昨年から日本各地の動物園でも
この日に因んだイベントが
実施されるようになった。

e0266067_22141815.jpg




盛岡市動物公園(岩手県)


e0266067_22180358.jpg
シロサイのサイカさん(♀)は今年で40才。



金沢動物園(神奈川県)

e0266067_22082154.jpg





日本平動物園 (静岡県) 

e0266067_22162827.png




安佐動物公園 (広島県)

e0266067_22101318.jpg



とべ動物園 (愛媛県)

e0266067_22144061.jpg
3才のライくん、大きくなった!



以前のブログ内関連投稿 :
"World Rhino Day 2013"
http://dearhino.exblog.jp/18225324/
(2013.07.30)




10日4日は、"World Animal Day", 「世界動物の日」、
なぜそうなったかと言うと、動物を深く愛した聖人、
聖フランチェスコの日、だからだそうです。

その10日4日に、世界の100以上の都市で,
「ゾウとサイのためのグローバル・マーチ」
(”Global March For Elephants and Rhinos”)が  
同時開催されます。

http://www.march4elephantsandrhinos.org/

e0266067_16212261.jpg

象牙とサイ角目当てに急増する密猟のために絶滅の危機が
叫ばれているゾウとサイのために、今こそ私たちに
できることをして彼らを守りたい、というのが、
この世界規模の「マーチ」の共通の願いです。

日本は、中国やベトナムとは異なり、漢方薬や盃など
サイ角を使用した製品の消費国ではありませんが、
象牙に関して、決して無関係とは言えません。

象牙は、印鑑、三味線のバチ、箸、装飾品、など
多くの用途で使われています。需要があるから、
密猟が起きてしまうのですから、日本人の象牙の
消費も、ゾウの絶滅危機に関係があるわけです。

そこで、東京でも、「ゾウとサイの日」と題して
この企画に参加することが決まりました。

いつも動物園でその姿を楽しませてもらい、
学ばせてもらっているサイやゾウの野生の仲間の
ことを思いつつ、私もその準備の手伝いを少しさせて
もらっています。



「ゾウとサイの日・東京」では、”サイとゾウを守りたい”
という願いを世界の都市と共有して、
10月4日(土)・午後2時 から上野公園内を歩きます。

ゾウやサイを応援する趣向を凝らしての
ご参加も大歓迎。

デモ行進ではなく、親子連れも参加しやすいような
雰囲気のマーチです。


10月5日(日)には、六本木ヒルズ・アリーナ内のブースで
関連展示、ヒルズ内で子供を中心とした「ミニマーチ」も
予定されています。

詳しい内容は未定ですが、マーチ参加だけではなく、
ボランティアとして企画を手伝って頂ける方が
いらっしゃれば、有難いです。




詳しくは、「ゾウとサイの日」東京のホームページへ
http://gmferintokyo.jimdo.com/

マーチ参加、ボランティア参加表明などは、
下記の Facebook ページへ。
https://www.facebook.com/events/1431912197091978/


Facebook にアカウントをお持ちでない場合、
下記掲示板で、マーチ参加表明、その他、
お問い合わせなどして頂くこともできます。
http://9311.teacup.com/march/bbs



”Global March For Elephants and Rhinosに参加する方法は、
一緒にマーチすることだけではないので、いつでも、どこでも
ひとりでもできる、ゾウを救うアイディアなども考えてみて
頂ければと思います。例えば、「みんなに象牙のハンコを買わないで
もらう」方法とか・・・




e0266067_23583669.jpg



1月24日は日本の動物園に20頭しかいない
クロサイのうち2頭の誕生日。

東山動物園のニルが18才、
八木山動物園のアースが9才に。

彼らには共通点がある。というのは、
”独身男子” だということ。


ニルくんの呟き ↓

「ぼくは、生まれときから今までずっとお母さんと一緒に名古屋で暮らしているけど、マザコンじゃないよ。女性を大切にするようにお母さんに育てられたから、自分で言うのもナンだけど、女の子にはとっても優しくできると思うよ。だれかボクのお嫁サイになって!」


アースくんの呟き ↓

「横浜生まれだけど、4才で仙台に引っ越して自立したよ。ここいるシロサイのおばあさんとも何とかうまくやれているから、同世代の女の子とならきっと仲良くできる。仙台で大震災も経験したし、何があってもぼくと一緒なら大丈夫だよ。誰かぼくの胸に飛び込んで来て!」


両君のために適齢期のコがいないかちょっと調べてみたが、
現状は厳しい。現在パートナーがいないのは、連れ合いに
先立たれたハナさんとアイさん、あとはまだちっちゃい
3才のミミカちゃんとサニーちゃん、2才のユキちゃんだけ。

でも、”待てば海路の日和あり”って言う言葉もあるからね、
ニルくん、アースくん!


日本の動物園のサイたちの年齢
=============================

40才代 : ハナ (47~48才)

30才代 : トミー (31)

20才代後半:アイ(27)、ロンローラ(25)

20才代前半:メトロマキ(23) , ヘイルストーン(22),サキアルゴ(20)

10代後半 : ニル(18)

10代前半: クー(13),クラッグ(12), ストーム(12),マロ(11)

10才以下 :アース(9)サニー(3)ミミカ(3)ライ(2)ユキ(2)

=================================
(黒:♂、緑:未亡人、赤:パートナーあり、黄色:パートナーなし。)


現在20頭のクロサイの性別比はちょうど半々の10頭づつ。
♀の平均年齢は18.3才、♂は16.5才。
♀の平均年齢が高いのは、47才のハナさんがいることもある。


*年齢は今日現在のもの。


2月16日 : 

金沢動物園のクロサイ、フウカ♀ちゃん死亡。
1才9ヶ月。リハビリをよく頑張った!
http://sainomimy.exblog.jp/19851488/


7月2日 :

富士サファリパークでシロサイ♀ 誕生。
富士山の麓ですくすく成長中。
http://sainomimy.exblog.jp/i29/


9月22日 :

World Rhinoday「世界サイの日」の
催しを日本の動物園でも初実施。
今後の継続が期待される。
 
http://sainomimy.exblog.jp/21113474/
http://sainomimy.exblog.jp/21115138/
http://sainomimy.exblog.jp/21114296/
(「金沢zoo,サイの日」記事)


10月14日 :

安佐動物園のクロサイ、ココちゃん♀、
中国・広州のサファリパークへ移動。
アディとロックには再会できたかな?
元気でいてね。
http://sainomimy.exblog.jp/21258748/

******************
今年は日本の動物園のクロサイが23頭から21頭に
減ってしまったが、来年は増えるといいな!

e0266067_1833092.jpg
Photo(C):富士サファリパーク



来年がサイにとって
よい年になりますように!

9月25日 シロサイ ♂
スペイン、Cabárceno Wildlife Park
e0266067_2252374.jpg
Photo(C):Marina Cano / Barcroft Media
Rare and adorable baby white rhino born in Spanish wildlife park

750ha の広さのこのワイルドパークで初めて生まれた
シロサイの赤ちゃん。母は8才のZola。
この写真を撮ったミュージシャン兼写真家のMarina Canoは、
まだ正式の名前の付いていないこの赤ちゃんをCabárcenoの
土の色から”レッド”という愛称で呼んでいる。


9月27日 インドサイ ♀
米オハイヨ州 サファリパーク The Wilds
e0266067_19573575.jpg
PHoto(C):The Wilds
The Wilds Announces Birth Of Indian Rhino Calf


母はDailey 17才が、屋外の放飼場で出産。父Rustum10才は2007年に
サンディエゴ動物園によってインドからアメリカに導入された。the Wildsのインドサイは5頭になった。その他、13頭のシロサイが飼育されている。


10月5日 インドサイ
スイス、バーセル動物園  ↓ 中央の小さいのが赤ちゃん
e0266067_20111818.jpg
PHoto(C):Zoo de Bâle
Un rhinocéros indien voit le jour au Zoo de Bâle

この赤ちゃんは、ヨーロッパの動物園にありながら、
野生に近い状況で生まれた初のインドサイとなった。
母は生む場所を自分で選び、出産にはお姉ちゃんも
立ち会った。

出産時の体重は68 kg 、体高は66cm, 体長100 cm。
キラン(ヒンディー語で太陽の意味)と名付けられた。
バーゼル動物園で34番目に誕生したインドサイ。


10月9日 シロサイ ♂
米フロリダ州タンパ、ローリーパーク動物園
e0266067_23285839.png
Photo(C): Dave Parkinson
Baby African white rhino born at Tampa's Lowry Park Zoo

この赤ちゃんの名前は、”王のようなという意味” のKhari。
これで、この動物園のシロサイは7頭になった。


10月13日 インドサイ ♂
アラブ首長国連邦シャールジャ、The Al Bustan Zoological Centre
e0266067_2019062.jpg
Photo(C):Al Bustan Zoological Centre
Birth of baby Indian rhino at Al Bustan Zoological Centre a glimmer of hope

この赤ちゃんは、中近東で初めて生まれたインドサイとなる。
母 Asha は、過去に2度出産しているが、いずれも誕生時に死亡。
しかし、今回の出産は順調で、58kgで生まれた赤ちゃんは
とても元気にしている。
e0266067_23174061.jpg
Photo(C):どうぶつのくに. net

「どうぶつのくに」どうぶつのくに Vol.55 (9月25日号)では、
ライノデーに因んで、「サイの未来のために」という
タイトルでサイの特集記事が組まれている。

フリーペーパー「どうぶつのくに」については、こちら


動物園によっては、入園者が自由にもらえるように
入口付近などに置いてある。

早速、入手したいと思って、横浜の動物園3園に問い合わせたが、
いずれも、まだ送られてきていない、とのことだった。

早く、見たい !


「どうぶつのくに.net」では、サイの研究者による
サイについての連載記事も見られる。
   ↓
Rhino Master喜安薫の「サイのことなら任せなサイ」