カテゴリ:南米の動物園( 1 )

南米の細長い国チリに
サイが初めて
やって来た!


参照記事 :
First rhino to ever set foot in Chile(E)

e0266067_15545769.png
e0266067_155643.jpg
Photo (C) : The Santiago Times

南米の国、チリの首都サンティエゴにある
Buin Zoo に、2頭の若いシロサイが来園。

名前はオリバーとハンナ。
南アフリカでの密猟の脅威から逃れ
チリの動物園で繁殖をめざす。

Buin 動物園の獣医のコルドバ氏は、
「2頭のサイが、野生で暮らしていた時に
近い心持ちで活発に暮らせるように、
出来る限り最良の環境を整えることが
我々の仕事だ。彼らには、ここで幸せで
あって欲しい。」と抱負を語った。


以下、参照記事より原文一部引用 :
“Our job is to keep them in the best possible condition,
keep them busy and in a good frame of mind with a life
that is very similar to the one that they have in the wild,”
he says. “We want them to be happy.”



動物園では、キリン、シマウマ、ミーアキャットに
とんがり帽子の可愛い角を付けた写真を作って、
シロサイを大歓迎している。
 
 ↓ 
写真は、コチラ