カテゴリ:東武動物公園( 7 )

2016年5月26日にヨシコさんの長年のパートナーの
ガンテツが旅立ってから初めて東武動物公園を訪れた。

放飼場で息を引き取ったガンテツは、その直前まで
立ち上がろうという意思を示していたという。


e0266067_23095819.jpg

東京近県で唯一のシロサイとなったヨシコさん。
私が着いた午前11時半頃からずーっとぐっすり寝ていた。
e0266067_23121707.jpg

ヨシコさんの推定年齢は44才。
1980年の開園から37年間も東武動物公園に
暮らしている。


e0266067_23095488.jpg


午後4時頃からようやく活動開始!
e0266067_23331716.jpg

美しい横顔です。
e0266067_23341987.jpg

シロサイらしいどっしりしたナイスボデイ!!
まだまだ力強い動きです。
e0266067_23354757.jpg


e0266067_23372059.jpg

後ろの角の形が個性的!
e0266067_23374896.jpg

そんな形になったのは、
こうして柵で擦っているからのようです。
サシバエが多くたかっているのが気になります。

e0266067_23382890.jpg



東武動物公園のシロサイの放飼場は広い!
e0266067_23390727.jpg

e0266067_23393655.jpg

後ろ姿も若々しい!、
e0266067_23400793.jpg

東武動物公園ならではの面白いことは、
このサイの放飼場を囲む柵に東武鉄道の
線路のレールが利用されているところです。


e0266067_10481605.jpg
e0266067_10465104.jpg

ヨシコさん、また来ますので、
よく眠り、よく食べて
元気でいてくださいね!

全国的に高齢シロサイの死亡でシロサイ飼育が
終わってしまった動物園が相次いでいます。
東武動物公園もいずれはそうなるでしょう。

埼玉にこんなにきれいなシロサイの Old Lady が
いるのですから、会いに行くことをお奨めします!



ブログ内関連投稿 :
「埼玉・東武動物公園、33年間連れ添う美しきシロサイ夫婦」 
(2014.06.09 )




埼玉の東武動物公園の
オスのシロサイ、
ガンテツが死亡。


e0266067_18480923.jpg
ガンテツ 2014.06.09撮影


1981年の東武動物公園のオープン以来、
35年間ずっと連れ添ってきたシロサイの
熟年カップルのガンテツとヨシコ。

野性でも群れで暮らすシロサイなので、
クロサイやインドサイとは異なり、
動物園でも2頭は同じ放飼場で
穏やかに過ごしていた。
e0266067_18430934.jpg
ガンテツ&ヨシコ 2014.06.09撮影


共に1980年にアフリカからやってきて
現在、推定約42才。

オスのガンテツは3月頃から食欲不振が続き、
5月26日、展示場で横たわって死亡している
ところが発見された。死因は老衰。

ガンテツとヨシコのあいだには
子供はなかった。


同一ブログ関連投稿記事 :

"33年間連れ添う美しきクロサイ夫婦"
http://sainomimy.exblog.jp/22135099/
(2014.06.09)

”東武動物公園 熟年シロサイ・カップル”
http://sainomimy.exblog.jp/17990981/
(2011.07.16)



参照記事 :
1.シロサイのガンテツ、老衰死 東武動物公園



追加情報 :
長年連れ添ったパートナーのガンテツを失ったヨシコさんの
その後はどうかと心配になるが、東武動物公園の公式ブログに
よると7月現在、食欲もあり元気にしているそうだ。

「ヨシコの1日」 (東武動物公園ブログ・7/27の記事)
http://blog.livedoor.jp/tobutobu1/archives/52045923.html#comments

e0266067_19411155.jpg
Photo(C):東武動物公園



1981年の東武動物公園のオープン以来、
33年間も連れ添うシロサイのカップル。
当時、ガンテツ(♂)が推定6才、
ヨシコさん(♀)が推定7才だったので
現在は共に40才。

東武動物公園の初代園長は、「カバ園長」として
有名だった西山登志雄氏。



暑い昼下がり、並んで昼寝中。
e0266067_18002645.jpg


ガンテツの寝顔
e0266067_17593598.jpg

ヨシコさんの寝顔
e0266067_17582473.jpg


ガンテツの背中
e0266067_17573778.jpg

ヨシコさんの背中
e0266067_17560851.jpg

シロサイの顔は横から見ても前から見ても、ほんとに四角い!

ガンテツ
e0266067_17540819.jpg
ヨシコさん
e0266067_17530789.jpg


午後3時半頃には、昼寝から起きていた。
e0266067_17514981.jpg

この写真、何?
2頭はとなり合っていて、手前左の1本がガンテツの右前足、
手前右に写る2本がガンテツの後ろ足、真ん中に見える2本が
ヨシコさんの前足。その奥に見えるのがヨシコさんの顔。
さすがシロサイ、後ろから見ても地面に口がぴったり
フィットしているのがよくわかって感心。
前置きが長いが、それを伝えたかっただけ!

e0266067_17505080.jpg
ガンテツは、フン山チェックへ。
e0266067_17490976.jpg
チェック中。
e0266067_17454278.jpg



ガンテツ
e0266067_17443692.jpg
ヨシコさん
e0266067_17423647.jpg

このシロサイたちのあいだには穏やかな時間が流れる。



ヨシコさんは、個体解説板に書いてあった通り、
とってもゆっくりと自分の寝室に戻った。

e0266067_17404614.jpg



シロサイは、母親と過ごす子ども時代が終わると
単独生活に入るクロサイやインドサイと異なり
群れで暮らす動物なので、こうして動物園でも
カップルでいるところを見ることができる。

この2頭はアフリカから来た個体で、
担当の飼育員の方によると残念ながらこれまで
繁殖はなかったそうだ。野生下で群れで暮らす
シロサイが、動物園でオスとメスの2頭だけで
いることが繁殖活動に影響している可能性も
あるという。









とてつもなく暑い日、30年連れ添ったガンテツさんとヨシコさん、
木陰で仲良く涼んでいます。

e0266067_2124421.jpg

夏バテには、食べるのが一番とガンテツさん。
e0266067_2133177.jpg

いやいや、夏バテには昼寝が一番とヨシコさん。
e0266067_2141573.jpg

ガンテツさん
e0266067_1502944.jpg


ヨシコさん
e0266067_1513100.jpg

広い !
e0266067_151646.jpg

1981年の東武動物公園開園当時からメンバー。
当時、ガンテツが推定6才、ヨシコが推定7才だったそうなので、
30年経った今では、36~37才の熟年カップル。


e0266067_14573682.jpg


e0266067_14591378.jpg


↓ガンテツさん
e0266067_1502944.jpg
e0266067_1513100.jpg

↑ヨシコさん