カテゴリ:ヨーロッパの動物園( 25 )


ベルギーとチェコの動物園で
角を目的としたサイ殺害事件の
防止策としてサイの角をカット。



3月6日の夜間、フランスのパリ郊外の Thoiry トワリー動物園に
何者かが侵入し、シロサイ1頭を殺害して角を持ち去った。
この世界初の動物園でのサイ殺害事件は、サイ飼育をする
世界中の動物園に大きな衝撃を与えた。

そこには、サイの角の密売価格が。金(ゴールド)やダイヤモンド、
コカインなどよりも高く、場合によっては1kgあたり日本円で
1000万円にものぼる超高値でブラックマーケットで
売られているという背景がある。

サイの角を買うのは主にベトナム人や中国人で
彼らはサイの角は万能薬という迷信を信じている。
しかし、実際にはサイの角に薬効成分はまったくない。


事件から約1ヶ月になるが、残念ながら犯人は
まだ逮捕されていない。

ブログ内参照記事 :
「フランスの動物園のシロサイが密猟され死亡」
http://sainomimy.exblog.JP.25614591
(2017.03.17)


この事件を受けてベルギーでは、フランスとの国境に
近いところにあるPairi Daiza ぺリ・デザ動物公園
(トワリー動物園から約300km以内の距離)が
3月11日、サイの角をカットすることを決定した。
同動物園では、大人のサイ3頭と1才になったばかりの
子どものシロサイを飼育している。

ぺリ・デザ動物公園では、昨年3月22日、ベルギーの空港と
地下鉄の駅での連続テロが起きた日に、シロサイの子が誕生。
「希望」を意味するSethemba vasta と名付けられた。
今回の措置で、お母さん Elenore の角はカットされた。。

e0266067_20433300.jpg
(C):AFP


ぺリ・デザ動物公園動としても今回の措置は辛い決断であり、
公式Facebook で、園内でサイが密猟されることのリスクを
なくすために必要な手段で、生息地のアフリカでも実施されている
こと、角はまた切ってもまた伸びること、と説明している。



角をカットすることを決定したもうひとつの動物園は
古くからサイ飼育で名高いチェコのDvur Kralove
ドブール・クラーロベ動物園


現在、 ドブール・クラーロベ動物園では
シロサイとクロサイを合わせて21頭を飼育しており、
3頭の子サイを除く18頭のサイの角がカットされる。
やはりそれだけ多数のサイを飼育していると、
狙われる可能性も高いと考えたのだろう。

麻酔後に角を切り落とされる
ドブール・クラーロベ動物園のシロサイ。
e0266067_19331330.jpg
(C):SIMONA JIRIOKOVA/AP

ドブール・クラロベ動物園は、
密猟と生息地破壊のため絶滅寸前のキタシロサイの
繁殖実績をもつ世界唯一の動物園で、
2009年には3頭のキタシロサイを生息地
アフリカの環境で繁殖を目指すために
ケニヤの The Olperata Reserve に送っている。

残念ながら、ケニヤでの繁殖は実現せず、
結果的には、この3頭が地球最後のキタシロサイと
なってしまった。


ブログ内参照記事 :
「チェコの動物園のキタシロサイ死亡」
http://sainomimy.exblog.jp/23502346
(2015.08.01)


サイはそのシンボルのような角が切り落とされると、
外見的には間が抜けてしまうが、急に頭部が軽く
なったりすることを、サイ自身はどう感じるのだろうか?

Save the Rhino (ロンドンに拠点をおくサイ保護団体)の
スポークスマンによると、サイの角は、自分のテリトリーを
守るため、子どもを他のサイや捕食者から守るために
使われるという。サイの角を切ることで、死に至るような
激しいサイ同士の争いが減るという事実もあるそうだ。


動物の姿を正しく示すことが動物園の使命であり
角を切ることは動物園の苦渋の選択であったと
思われる。また、同時に、麻酔のリスクも伴うにも拘わらず
角を切るという園内密猟対策は、飼育動物の安全を
守るべき動物園の怠慢であると、いう動物保護の立場からの
批判的見方もある。

今のところ、ベルギーとチェコの2園に続いて
角を切るというニュースは見当たらないが、
サイ飼育をしている個々の動物園も
色々と考えているのだろう。
角を切るか?侵入者の防止対策の強化か?
どちらもするべきか?


これまで動物園の警備は、動物の脱走対策に
重きがおかれていると思われるが、
何があっても自由に逃げることのできない動物たちを
侵入者から守る対策も万全にしてもらいたい。
やはりそれは、自分たちの都合で動物を閉じ込めている
私たち人間が果たすべき責任であろう。


参照記事 :

1.Trafiquants: Pairi Daiza raccourcit les cornes de ses rhinocéros
2.Czech zoo to remove horns of 18 white rhinos following French attack

3.Czech zoo cuts off horns to protect rhinos after France attack

5.Environmentalist oppose rhino dehorning as a means of protection


参照記事3より原文一部引用 :
”A Czech zoo has said it will use a chainsaw to remove the horns from its herd of rare rhinos after a brutal attack last week in a French zoo where poachers shot dead a white rhino and hacked off its horns.”




動物園のサイに前代未聞の事件が起きた。


ロンドン南東のケント州の
Port Lympneワイルドライフ・パークで、
8月27日にクロサイの男の子が誕生。
スワヒリ語で、「美しい」という意味の
Zuri と名付けられた。


参照記事 :
1.Meet Kent's New Baby Rhino
2.Port Lympne Wildlife Park のFacebook 記事 (動画あり)
e0266067_18393054.png
e0266067_18413350.png
画像:参照記事1より


ヨーロッパの動物園のサイ情報を集めたドイツ語のサイト
”Rhino in Europe” の今年のクロサイ誕生リストでは
下記のように Zuri の父親は Sammy と記されている。 

参照記事 :
3.Rhinos in Europe のクロサイ誕生リスト2016
e0266067_18334980.jpg
Sammy は、大阪の天王寺動物園のトミーと
亡きサッチャンとのあいだに1999年に生まれた
3番目の子で、2002年にイギリスのチェスター動物園に移動、
2014年には Port Lympne Wildlife Park へと移動している。

ということで、Zuri は、天王寺のトミーの孫と
考えられる。

母のRuahaは1996年 Port Lympne 生まれ.
Zuri は3番目の子となる。

サミーにとっては、Zuri は現存する唯一の子となる。

というのは、チェスター動物園の kitani とのあいだに
2008年に生まれた Asani ♂ は2015年1月に死亡、
同じく Kitani とのあいだに2015年1月31日に生まれた
Fara ♀は、同年3月3日に死亡している。

Zuri には是非とも長生きしてもらいたい。


註:
Port Lympne Wildlife Park からの直接情報である、
同施設のFacebook でのZuri に関する投稿記事
(参照記事2)ではZuriの父親について記載がありません。
当記事でZuri を「トミーの孫」と判断しているのは、
あくまでもRhinos in Europe サイトの”Zuri の父親はサミー”
という情報に基づいたものです。



現存するシロサイは約2万頭のミナミシロサイと
僅か数頭のキタシロサイであるが、7月27日、
チェコのドブール・クラーロベ動物園の
キタシロサイのナビレ(♀31才)が死亡。

地球上のキタシロサイは、
残り僅か4頭となった。


1983年生まれのNabire
e0266067_19505863.jpg
Photo(C):Petr David Josek/AP



参照記事 :
1.キタシロサイ、残り4頭に 絶滅から守るために各地で行なわれていること(Huffporst)
2.Only 4 northern white rhinos left on Earth
3.Il n'y a plus que quatre rhinocéros blancs du nord sur Terre.


死因は、40kgもあった卵巣のう胞の破裂の合併症。


WWFによると、1960年までは2000頭以上いた
キタシロサイは、増加する密猟、生息国の政治的混乱、
生息地破壊といった要因で、1984年には、
既に15頭まで減少したという。

このところ、キタシロサイの死亡が相次ぎ、
昨年12月には、米サンディエゴのサファリパークで
飼育されていた44才のオス Angalifu が老衰で
死亡した。これで残るキタシロサイは5頭となる。


ブログ内関連記事 :
「米サファリパークのキタシロサイ死亡、残りは5頭」
http://sainomimy.exblog.jp/22819741/
(2014.12.20)


さらに、Angalifu の死の2ヶ月前の10月には、
ケニヤのオルペジェタ保護区のオスのキタシロサイの
スニ(♂32才)が死亡、キタシロサイは6頭となる。
他のオスのキタシロサイは高齢で、スニが唯一の
繁殖可能なオスだったので、キタシロサイの自然繁殖の
望みはこの時点で断たれている。


ブログ内関連記事 :
「唯一の繁殖可能だったキタシロサイのオスが死亡 」
http://dearhino.exblog.jp/20318002/
(2014.10.24)


つまり、昨年10月からの9ヶ月で、地球上に7頭
残っていたキタシロサイが4頭に減ってしまったのだ。



残る4頭の内訳は以下の通り。

●Ol Pejeta野生動物保護区 :

Sudan ♂ 40才を過ぎ、繁殖年齢を超えている。
      (3才のとき、スーダンからチェコへ)
Najin ♀  1989年生まれ
Fatu ♀   2000年生まれ

この3頭は、動物園よりも生息地アフリカの環境の方が
繁殖を促すのではという期待のもとに、2009年、
チェコのドブール・クラーロベ動物園からこの保護区に
移された。

●米サンディエゴの Wild Animal Park  :
Nola  ♀ 40才


しかし、ナビレの死後、ナビレの子を残す
微かな可能性が残っている。

e0266067_20025338.jpg
© Alexandra Mlejnkova/AP/SIPA


死後、直ちに取り出されたナビレの疾患のないもう一方の卵巣が
イタリアの専門の研究所に送られ、もし卵子を取り出すことが
できたら、ベルリンの野生動物研究に冷凍保存してある
オスの精子を使って、サンディエゴ動物園の技術で人工授精し、
代理母に育ててもらうことだ。その場合、代理母は、
キタシロサイでなくともミナミシロサイでも問題ないようだ。

ナビレを飼育していたチェコの動物園の園長は、
「可能性は僅かであっても、種の保存のためには、
あらゆることを試す義務があると強く感じている。」と
語っている。


参照記事より原文一部引用:
"Nabire, a female northern white rhino, died of a ruptured cyst on Monday at a Czech Republic Zoo, leaving only four known northern white rhinos on Earth.
The 31-year-old rhino's cyst was so huge, it was untreatable, a rhino curator at the Dvur Kralove zoo said in a statement."




ドイツのベルリン動物園から、
横浜のズーラシアに
クロサイがやってくる。
海外から日本にクロサイを迎えるのは
1999年以来のこと。


そのクロサイは、2012年8月6日生まれのメス2才、
アキリ Akili。出生時の体重は30kg。
角がとても立派なお母さん Ine の4番目の子。
e0266067_14402748.jpg



参照 ブログ内関連投稿1 :

この投稿をした2年前には、その後、日本でこの赤ちゃんに
出会うことになるなんて思いもしなかったので、
嬉しい驚き。

「ベルリン動物園で8月に生まれたクロサイ」
http://sainomimy.exblog.jp/18803301/
(2012.09.06)
生後1週間と1ヵ月後の動画あり。



●生後10日目、外で遊ぶアキリちゃんが可愛い! → 動画はココ ↓
 




アキリの成長
e0266067_14395313.jpg
(C):Heinrich Malison


e0266067_14393198.jpg
(C):Heinrich Malison



生後半年の頃、2本の角が伸び始めた。
e0266067_14594841.jpg
(C):Heinrich Malison

e0266067_14384636.jpg
(C):Heinrich Malison


最近のアキリ。この夏で3才ともなると立派になるもの。
e0266067_14373516.jpg
よこはま動物園記者発表資料より↑


今頃、アキリはそうとは知らず、お母さんとの最後の時間を
過ごしているかと思うと、少しかわいそうな気がするけれど、
ともかくドイツからの長旅、無事に着いてくれることを願う。


アキちゃん、待ってるからね!



参照記事 :
1.More cute baby rhino.
2. Baby rhino update.

ブログ内関連投稿2:
「16年ぶりに海外の動物園のクロサイが日本へ」
(2015.05.29)


ドイツのベルリン動物園のクロサイ、
アキリAkili が、6月4日に
横浜のズーラシアにやってくる。

参照記事 :
ズーラシアのプレスリリース
「クロサイが来園します。」


e0266067_01001588.jpg
(写真:上記プレスリリースより)


アキリは、2012年8月6日ベルリン動物園生まれの
2才9ヶ月のメス。

ズーラシアには、今年1月に名古屋の東山動物園から
移動してきたオスのクロサイ(19才)、ニルが
飼育されている。

将来、ニルとアキリのあいだで繁殖が期待されるが、
クロサイのメスが性成熟するのは6才くらいなので、
待望の赤ちゃん誕生には少なくともあと4年くらいは
待たなくてはならないだろう。


アキリは、1999年にハワイのホノルル動物園から
広島の安佐動物園に来たヘイルストーン(♂)以来、
16年ぶりに外国の動物園から来ることになるクロサイだ。


ヘイルストーンは、日本で6頭の子をもうけて、
日本のクロサイに新しい血統をもたらすことに
貢献している。

ヘイルストーンの子であるアディ♀、ロック♂、そして
ココ♀の3頭は安佐動物園から中国・広州のサファリパークに
移動したが、クラッグ♂、ストーム♂、ユキ♀は国内で
飼育されている。

言うまでもなく、アキリも将来、
ヘイルストーンのように、日本のクロサイへの
新しい血統の導入に貢献してくれることが
期待されている。


アキリを含めると、日本で飼育されているクロサイは
11園で合計21頭(♂10, ♀11)。

○内訳 :

八木山     アース♂
かみね     メトロ♂   マキ♀
上野      マロ♂   アルゴ♀
金沢      ロン♂   ローラ♀
ズーラシア   ニル♂   アキリ♀
東山            アイ♀
天王寺     トミー♂

和歌山
アドベンチャーランド 
クラッグ♂ ミミカ♀

安佐   ヘイルストーン♂ ハナ♀ サキ♀ ユキ♀ 
とべ  ストーム♂ ライ♂ クー♀
平川            サニー♀



ドイツの動物園で飼育されているクロサイは
アキリを除くと、6園で計21頭(♂8、♀13)、
偶然ながら日本と同じ数だ。

そのなかでも、アキリが生まれたベルリン動物園は
現在アキリを含めて計8頭(♂3、♀5)、
ドイツの動物園では最多のクロサイを飼育している。

人工飼育のホッキョクグマとして有名なクヌートが
いたのもこのベルリン動物園だ。


尚、6月14日には、アキリ来日を記念した
クロサイについての講演会が開催される。
(上記参照記事に詳細あり)













1月31日、イギリスのチェスター動物園で生まれた
クロサイの女の子、ファーラちゃんには、大阪、天王寺の
おじいちゃんがいる。おじいちゃんの名前はトミー、
昨年2月、サッチャンを亡くした愛妻家の
トミーも2人目の孫の誕生を喜んでいる、きっと。


<悲しいお知らせ>
ファーラちゃんは、3月3日に死亡。死因は不明。

参照記事 :
Chester Zoo baby rhino Fara dies just one month after it was born.

e0266067_17153139.png

e0266067_17352587.png
Photo(C):Chester Zoo

大阪のおじいちゃん、トミー(2014,6月)
e0266067_17375523.jpg

参照記事 :
1.Black Rhino Birth Caught on Camera at Chester Zoo.



ファーラちゃんのパパが、トミーの息子のサミー(15才)。
サッチャンとトミーのあいだには、5頭の子が生まれたが、
残念ながら、存命なのはサミーのみ。

ファーラちゃんのママは、17才のキタニ。

ファーラちゃんの兄はアサニ。
サミーとキタニとのあいだに2008年に生まれた
第一子だ。

「2002年に、欧州稀少動物繁殖プログラムのために
日本からやって来たサミーの新しい遺伝子は
極めて貴重」と参照記事にも書かれている。

"Born on January 31st, the female calf, which keepers have named ‘Fara’, is the offspring of 17-year-old ‘Kitani’ and 15-year-old dad, ‘Sammy’.

Sammy’s genes are extremely valuable as he has never before sired a calf since moving from Japan in 2002 to join the European Endangered Species Breeding Programme for the critically endangered animals. "


トミーは安佐動物園のクロとハナの4番目の子(1982年~)。
クロとハナの血統は、こうしてイギリス、アメリカ、台湾、
スリランカ、中国へと広がって、世界のクロサイの繁殖に
貢献している。

●ファーラちゃんの生まれる瞬間→動画
とても順調な出産で、赤ちゃんもすぐにも
立ち上がりそうにしっかりしている。1/31

1月31日と言えば、昨年生まれた沢動物園の
インドサイの子、チャンプと誕生日が同じ!


ブログ内関連投稿 :

「スリランカで日本生まれの両親に赤ちゃん誕生」
(2014.12.09)





新年早々、めでたさ2倍!
2015年最初のサイの赤ちゃんは
元旦生まれのデンマークのクロサイ。
しかも、北欧で初めて誕生した
クロサイ。

2015年1月1日午前1時33分(現地時間)
デンマークのエーベルトフトの
リー・パーク・サファリで、飼育下では
今年最初であろうサイの赤ちゃんが誕生した
(性別不明)。

誕生の瞬間および翌朝の元気な様子の映像
➡ YouTube

両親はとても若いカップルで、母Bashira は2009年生まれ、
父Thabo は2008年生まれ。

Thabo は、このサファリに来て以来シマウマたちと
ソリが合わず、昨年5月には メスの熟年シマウマに対して
腹を立て”暴力をふるってしまった”ことで、
国中で有名になったというエピソードの持ち主。

母Bashira が、2009年生まれということは、
日本のクロサイのミミカ(和歌山アドベンチャーワールド)と
サニー(平川動物園)と同じ年齢だ。

ミミカとサニーというと、
まだ「小さい女の子」のイメージが
あったが、環境次第では出産可能な年齢に
なっていることに改めて気づかされた。


-----------------------------------------------


そして、2014年の最後に誕生した赤ちゃんも
ヨーロッパのクロサイ。

12月28日夜、スイスのチューリッヒ動物園で
18年ぶりにクロサイが誕生。

e0266067_23195947.jpg
女の子で、Olmoti (タンザニアの火山の噴火口の
名前に由来)と名付けられた。

チューリッヒ動物園のクロサイ飼育は1949年からと
歴史が古く、これまでに9頭の子が誕生している。

1月2日から屋内での公開が始まり、
TV局を含め多くの人たちが赤ちゃんが姿を現すのを
待っていたが、お母さんの Samira が、
好奇心旺盛の赤ちゃんが人々のいる方に行くのを
押しとどめ、奥に連れ戻してしまうので
写真を撮るのは難しかったようだ。



参照記事 :
1.http://www.reepark.dk/dyrene/skandinaviens-foerste-sorte-naesehornskalv/
2.La photo du jour : bienvenue Olmoti, un bébé rhinocéros noir très rare né en Suisse
3.Zurich :Croissant Olmoti and her first appearance.
4.Willkommen, kleines Neujahrs-Hornchen.



参考記事3.より原文一部引用 :
The small Olmoti in Zurich had today, January 2, 2015, her first major public appearance. Full of anticipation waiting times and TV cameras and waited and waited. The sweetness was anyway curious and wanted to look at the people, but Mama Samira disagreed and pushed her iimmer again in the back of the shed, which is off limits to visitors to return.





6年がかりで動物園から集めた
約1万個のクロサイ♀の糞から、
よく繁殖するメスと繁殖しないメスの
違いが研究された。

参照記事 :
1.Rhino Reproduction Could Get Boost from Hormone Tests.
2.Hormone Analysis Helps Horny Rhinos
3.reproductive success in female eastern black rhinoceros


ヨーロッパの動物園でのクロサイの繁殖率は低い。
一度も繁殖できないサイもいれば、簡単に繁殖するサイも
いるのは、なぜなのだろうか?

と、イギリスの研究者らが、メスのクロサイ39頭について
詳細な研究をおこなった。

研究リーダーのリバプール大学のケーティー・エドワーズ博士
によると、研究はまず糞を集めることから始められた。

ヨーロッパの11動物園から、6年4ヶ月にわたり
1日おきに糞のサンプルを集めたのである。

対象となった39頭のメスサイの内訳は、
17頭が妊娠経験あり、15頭が妊娠経験なし、
7頭が、繁殖年齢に達していないものである。

イギリスのチェスター動物園に集められた
合計 9,743個のサンプルのホルモン値を測定して
サイの繁殖サイクルが研究された。


黄体ホルモン代謝濃度の測定からは、
すべての繁殖経験のないメスは卵巣の活動性はあるが、
排卵周期が不規則、ということが判明。

また繁殖していないメスは、オスを受けるタイミングが
来ていることが分かりにくく、それが動物園での繁殖準備を
難しくしている。

しかし、ホルモン分析をすることで、メスに外的兆候が
なくても、メスがオスを性的に受け入れるタイミングを
知ることができる。

実際、それによって、チェスター動物園では、
この3年間に3頭のクロサイが誕生している。

ホルモン分析以外の、繁殖を成功させる要因も
研究され、繁殖経験のないメスの方が、繁殖経験の
あるメスより体重が重いことも明らかになった。

飼育下では、適切なダイエットも繁殖の成功に
重要だ、と言える。

繁殖経験のないメスの方が、気質にムラがあることも
判明。それは糞中の糖質コルチコイドが高いことと
相関関係があることも判明した。


e0266067_15434744.jpg
photo(C):Chester Zoo


野生のクロサイが密猟によって絶滅の危機に瀕している
現在、飼育下での繁殖はより重要な課題となっている。

以下、参照記事2より、原文一部引用 :
We established the project to understand why some individuals breed well, while others do not. The idea is that with a better understanding of factors that affect reproduction, we know where we should be focusing our efforts to support the European-wide breeding programme for this critically endangered species."

8月7日、
ドイツの Duisburg 動物園で
飼育下世界最高齢の1頭とされる
推定50才のシロサイが死亡。

5年前のNongoma
e0266067_01031395.jpg



参照記事 :
Duisburg:Farewell, Nongoma!
Trauer um Nashorndame



このシロサイは、Nongoma という名のメスのシロサイ。

1966年に野生下で生まれ、2才のときに
長年のパートナーとなる Hulti と共に
Duisburg 動物園にやって来た、とされる。


Hulti とのあいだに繁殖はなかった。
Hulti は、2012年に死亡。

Nonguma は、高齢による不具合もあったが、
ベテラン飼育員の手厚い看護を受けながら、
動物園のアフリカゾーンでシマウマ達と共に
穏やかな老後を送っていた。

しかし、先週から急速に体調が悪化し、
身体を動かすことも出来なくなっため
Nonguma の苦痛を考慮して
全身麻酔下での安楽死の処置がとられた。

Duisburg 動物園にとって、
2頭のよく馴れたシロサイが
入園者を楽しませてくれた長い時代が
終わってしまった悲しみは小さくない。