<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10月18日、安佐のクロサイ・ココちゃん、
4日間の長旅を終え、中国・広州へ到着。

行き先は、お姉ちゃんのアディと
お兄ちゃんのロックも
昨年、安佐から引越した
広州のサファリ・パーク。



ココちゃん(4才♀)が、10月14日に中国へ旅立つ予定ということが
安佐動物園のHPのクロサイ搬出に関するプレス・リリースにより
知らされていたので、その後のココちゃんについて、安佐動物園に
問い合わせてみたところ、以下のようにスケジュール通り無事に
移動できたとのこどだった。


14日夕方、安佐動物公園を出発。
15日午後、神戸港を出発
17日、   上海へ到着
18日深夜、広州の動物園(長隆野生動物世界 
        Chimelong Safari Park)へ 到着

ココちゃんは、船の上ではあまりエサを食べなかったけれど、
広州に到着後は、しっかりとエサを食べ元気だそうだ。

そして、アディとロックも、Chimelong Safari Parkで
元気に暮らしているという。

Chimelong Safari Park について。 (日本語)
Chimelong Safari Park のホームページ (中国語)


ブログ内関連投稿記事 :

http://sainomimy.exblog.jp/18685455/
クロとハナの孫世代のサイたち
(2012.08.21)

http://sainomimy.exblog.jp/17582125/
安佐のアディとロックが中国・広州へ
(2012.3.15)

2011年10月撮影、サキお母さんとロックとココちゃん、仲良くお昼寝中。
e0266067_14315187.jpg

アディもロックもココちゃんもずっと元気でね!
人工授精のインドサイとして、
初めて順調に成長していた
イーサンが、生後4ヶ月で
突然死


e0266067_1635861.jpg
Photo: Mickey Welsh, The Montgomery (Ala.) Advertiser

参照記事 :
Rhino born in insemination experiment dies at Ala. zoo
(誕生当時の動画あり)



米アラバマ州のモンゴメリー動物園で今年6月に、
人工授精により誕生したインドサイ(♂)が
10月18日に突然死した。

動物園によると、死亡前のイーサンにはまったく異常は
見られず、死因は不明、解剖により原因を究明する、
という。



イーサン誕生に関する過去投稿記事 :
http://sainomimy.exblog.jp/20709531/
「世界初の人工授精によるインドサイの赤ちゃん誕生」
(2013.06.26)



以下、参照記事原文一部引用
”MONTGOMERY, Ala. — A baby Indian rhinoceros born in an experiment with artificial insemination has died unexpectedly at the Montgomery Zoo.

Zoo officials said the death of the 4-month-old rhinoceros named Ethan on Friday was "sudden and unexpected" and that the cause is unknown.”
e0266067_23254432.jpg
金沢動物園では12月8日(日曜)、「サイの明日を考える」と
題するセミナーが開催される。

絶滅の危機が高まる野生のサイに関する現地の新しい情報、
サイ研究者のレクチャー、そして、動物園のクロサイ、インドサイを
見ながらの解説など、多角的にサイのことを知ることができそう!

動物園の特質、人脈を活かしたアプローチで、大人が動物のことを
じっくり学べる機会を作ってもらえるのは、大人の動物園ファン
としては、とても有難い。


以下、金沢動物園HPより転載 :
◆実施日時
2013年12月8日(日)10:00~15:00

◆内容

(1)講演(午前)・
  講師:弘 理子さん(ヴィジュアルフォークロア)
     :喜安 薫さん(東京工業大学)
     :西川 和夫さん(ザンビア国立公園連絡会(PUKUの会)
                 ・東京環境工科専門学校)

(2)動物園でのクロサイとインドサイの観察と解説(午後)


Fax, メールによる参加申込の受付が開始されている。
詳細、および申し込み要項はコチラ ↓
http://www2.kanazawa-zoo.org/event-detail/20131017zootowild


金沢動物園の秋のポスターもクロサイの絵柄だ!
e0266067_2343329.jpg

e0266067_23311945.jpg

10月14日、静岡県の日本平動物園で
”サイさんさわらせてくだサイ”というイベントがあった。
年3回実施されているそうだが、20組限定の整理券配布時間の
1時間前から既に5-6人が並んでいた。


それぞれの持ち場でスタンバイ中のサイコ(左)とタロウ(右)。
e0266067_23343012.jpg

参加者は、格子の向こうの各寝室に入れてもらい、
番号順に1組ずつどちらかのサイの前に案内される。
私はタロウくんの方だった。

「触るときには、サイと格子の間に手をはさまれないように、
手は格子と垂直方向にしておくこと。」という注意を受けた後、
飼育員の方に色々と話を聞きながら、与えられた時間のなかで
ゆっくりサイを触ったり観察することができた。


間近で見るシロサイの迫力!
e0266067_11283050.jpg


大きな顔は、とっても縦長の四角形。

e0266067_1131757.jpg


シロサイのトレードマークのほんとに平たくて大きな口。
e0266067_11314574.jpg


タロウくんの角の研ぎ方は”エッジが効いてる”。
e0266067_1132911.jpg


ぷくっとして意外に可愛い足元。
e0266067_11323829.jpg


涼しい目元。
e0266067_11332867.jpg


ブログ内関連投稿記事 :
http://sainomimy.exblog.jp/21217210/
「日本平のシロサイ・個別紹介」
(2013.10.20)

http://sainomimy.exblog.jp/21215323/
「日本平のシロサイたちの1日 2013.10.14」
(2013.10.19)
日本平動物園HPの動物紹介記事は、ココ


e0266067_2334540.jpg
e0266067_234096.jpg
e0266067_2342054.jpg
e0266067_234381.jpg
e0266067_2345352.jpg
e0266067_2351141.jpg
e0266067_2352566.jpg

e0266067_237865.jpg



ブログ内関連投稿記事 :
http://sainomimy.exblog.jp/21215323/
「日本平のシロサイたちの1日 2013.10.14」
(2013.10.19)

http://sainomimy.exblog.jp/21213415/
「日本平動物園でシロサイにタッチ!」
(2013.10.20)
e0266067_171928.jpg


お昼前ののんびりした時間。
e0266067_17204078.jpg

e0266067_17213988.jpg


サイコさんのおしっこが気になるタロウくん。
e0266067_1722884.jpg


「今日の午後は、イベントの仕事が入っているわ。」とサイコさん。
e0266067_17223385.jpg

e0266067_17225961.jpg


午後の仕事を終え、お腹もすいて部屋に早く戻りたい、
ちょっとイライラ気分。

e0266067_17232224.jpg


サイコさん(左上)とタロウくん(右下)帰る。
e0266067_1723424.jpg

e0266067_1724018.jpg

e0266067_17244072.jpg
寝室でディナーを楽しむタロウくん ↑。

シロサイは、クロサイやインドサイとは異なり、木の葉や枝を食べない。
あの広い口で、地面に生えている草をがばっと食べる。

干草やヘイキューブ、ニンジンを食べている大きなタロウくん、
「うちのモルモットとまったく同じメニューなのよね。」



ブログ内関連投稿記事 :
http://sainomimy.exblog.jp/21217210/
「日本平のシロサイ・個別紹介」
(2013.10.20)

http://sainomimy.exblog.jp/21213415/
「日本平動物園でシロサイにタッチ!」
(2013.10.20)
10月の真夏日、正午、この小さな日陰にいるしかない!
e0266067_15213651.jpg


午後4時、やっと涼しくなってきた。
e0266067_152157100.jpg


泥浴び体勢のローラさん。
e0266067_15221094.jpg


ちょっと失礼して・・  イッチ、
e0266067_15222377.jpg


ニー、
e0266067_15223672.jpg


イッチ、
e0266067_15225273.jpg


ニー、
e0266067_15231126.jpg


あー、いい気持ち!
e0266067_15232453.jpg


お顔の泥パックも完了。
e0266067_15233973.jpg

10月も半ばになるのに、今日は真夏日。

キンタロウくんは、ホースで水をかけてもらっていました。
e0266067_13304788.jpg


その後、水浴び場でゆっくり昼寝。
e0266067_1331847.jpg


「暑い日は水浴びに限るわよね。
でもワタシ、今日は小さい運動場の番だったから、
水浴び場も浅くて、がんばって横になったけど、
これだけしか浸からないの!
意味わかる? 水に濡れた跡に注目よ。」

e0266067_13312420.jpg

「赤ちゃんがお腹にいると、よけいに暑いのよ。
ヒトもそうでしょ!」、とゴポンちゃん。

e0266067_13314568.jpg


----------------------------------------

「どうぶつのくに」最新号を、金沢動物園の”ののはな館”で入手。
全15頁のうち、4~11、13頁がサイの記事。安佐のクロサイ、
富士サファリのシロサイ、金沢のインドサイも詳しく紹介されている。


ブログ内関連記事 :
http://sainomimy.exblog.jp/21136896/
「どうぶつのくに」最新号・サイ特集記事」
(2013.10.01)
米国ニューヨーク州のバッファロー動物園

インドサイが人工授精で妊娠


e0266067_18154150.jpg
Tashi, photo(C):Buffalo Zoo)

参照記事 :
Buffalo Zoo celebrates World Rhino Day with announcement of rhino pregnancy(E)


バッファロー動物園のインドサイ、Tashi (♀、16才)が、
人工授精で妊娠した。

世界で初めて、今年6月に人工授精のインドサイの赤ちゃんを
誕生させ、生育させることに成功しているシンシナティ動物園の
絶滅危機動物保護研究センターのDr. Monica Stoops の
協力を得て、人工授精が施されたのが、2013年2月。

経過が順調であれば、出産予定は、2014年6月。

今回の妊娠は、9月22日の「ライノデー」を祝う
タイミングで公表された。
 



ブログ内関連投稿記事
http://sainomimy.exblog.jp/20709531/
「世界初の人工授精によるインドサイの赤ちゃん誕生」
(2013.6.23)
南米の細長い国チリに
サイが初めて
やって来た!


参照記事 :
First rhino to ever set foot in Chile(E)

e0266067_15545769.png
e0266067_155643.jpg
Photo (C) : The Santiago Times

南米の国、チリの首都サンティエゴにある
Buin Zoo に、2頭の若いシロサイが来園。

名前はオリバーとハンナ。
南アフリカでの密猟の脅威から逃れ
チリの動物園で繁殖をめざす。

Buin 動物園の獣医のコルドバ氏は、
「2頭のサイが、野生で暮らしていた時に
近い心持ちで活発に暮らせるように、
出来る限り最良の環境を整えることが
我々の仕事だ。彼らには、ここで幸せで
あって欲しい。」と抱負を語った。


以下、参照記事より原文一部引用 :
“Our job is to keep them in the best possible condition,
keep them busy and in a good frame of mind with a life
that is very similar to the one that they have in the wild,”
he says. “We want them to be happy.”



動物園では、キリン、シマウマ、ミーアキャットに
とんがり帽子の可愛い角を付けた写真を作って、
シロサイを大歓迎している。
 
 ↓ 
写真は、コチラ