<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9月17日に予定されていたが、悪天候のために
延期となっていた「ライノデー・イベント」を
”どうぶつえんの文化祭”という催しのなかで
10月8日に実施。

「ライノデー」のために製作された実物大のインドサイの
プレートの前では、体長90cm の折り紙のサイは
こんなに小さい。
e0266067_23483149.jpg

たくさんの団体のブースが出展されている賑やかな広場で、
"象のUNKO elephant paper" とNPO「アフリカゾウの涙」の共催で、
ゾウの糞からの紙作りをする
”象のUNKO elephant paper"さんによる
ゾウとサイの糞からの紙作りの紙漉き体験と
サイの折り紙作りを入園者の皆さんに
トライしてもらいました。


e0266067_13004613.jpg
e0266067_13003398.jpg



紙漉き体験でインドサイの糞から作った紙。
装飾の切り紙は、象のUNKOさん 製作。
e0266067_12322696.jpg

クロサイの糞から作った紙。インドサイより枝を多く食べるので
糞にも多く枝が含まれるので、それで作る紙は茶色っぽくなる。

e0266067_12330049.jpg


この日は天気に恵まれ、暑いくらいの日差しのなか
たくさんの親子連れがサイの折り紙を作ってくれた。
e0266067_23490187.jpg
e0266067_23495056.jpg

e0266067_12092333.jpg

e0266067_12170671.jpg
e0266067_12113092.jpg



e0266067_12145328.jpg

e0266067_12131357.jpg

e0266067_12155085.jpg
サイの密猟がなくなることを願う
サイの折り紙の画像サイト「千頭犀」に
この日に折ってもらったサイをすべてアップしています。
ぜひ見てください。→ https://orirhino.jimdo.com/rhino-no-201-300/

e0266067_12543011.png
皆様のおかげで「千頭犀」は、300頭に達しました。
折り紙に託した願いが叶って密猟が減りますように!


今日は、金沢動物園のインドサイのキンタロウとゴポンが
ペアリングのために同じ放飼場にいた。

e0266067_22242403.jpg

格子の向こうから飼育員さんが様子を見ている。
e0266067_22245061.jpg

2頭はずっと、そばを離れない。
e0266067_22252769.jpg

e0266067_22260485.jpg

e0266067_22270323.jpg


互いに動かず静かな時が流れる。
e0266067_22264654.jpg


一旦キンタロウが屋内に収容され、ゴポンが外から見ている。
e0266067_22280528.jpg

再びキンタロウの格子が開けられると、
キンタロウが走り出てきた。
e0266067_22283483.jpg

キンタロウが少し積極的な様子。
e0266067_22290190.jpg
e0266067_22293724.jpg

初めて2頭が向き合った。
e0266067_22301213.jpg

少しよい雰囲気かな?
e0266067_22304273.jpg
その後、唐突にキンタロウが走り去った。

ここで閉園時間になってしまった。



キンタロウは、現在34才。
1983.07.12 独シュトュットガルド動物園生まれ。

ゴポンは、現在17才。
1999.12.12 米サンディエゴ動物園生まれ。

キンタロウとゴポンのあいだには3頭の子が誕生している。
日本の動物園のインドサイ繁殖としては金沢動物園が最多。

2007.02.01 ♀  アスカ 残念ながら2007.03.22死亡
2009.08.15 ♂  ブンタ 現在は名古屋の東山動物園
2014.01.31 ♂  チャンプ 現在は山口県の秋吉台サファリランド

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は、園内に9月22日「世界サイの日」に際して
実物大のインドサイのパネルが設置された。
製作者は、インドサイ担当飼育員のあのSさん!

体長が4m近くにもなるインドサイの大きさが
間近に実感できる。

e0266067_10083781.jpg
使われた木材は、ゴポンが2003年3月に
アメリカのサンディエゴ動物園から
金沢動物園に移動したときの輸送箱。

材料の質感が活かされアートっぽい!
e0266067_10084819.jpg

e0266067_11395870.jpg


ズーラシアのクロサイのニルは、21才であまり若くはない
オスだが何とも可愛い顔。

e0266067_17422922.jpg

e0266067_17443874.jpg


この角度では渋みがある。
e0266067_17451610.jpg

雨が降ってきた。
後ろに見えるのはシマウマ。
e0266067_17464622.jpg

地面もイイ感じに湿ってきたので泥浴び。
e0266067_17490388.jpg
e0266067_17492582.jpg

泥浴びのあとは、角研ぎ。
e0266067_17495988.jpg
泥光りのお肌もキレイ!
e0266067_17501483.jpg

場所を変えてまた角研ぎ。

e0266067_17503378.jpg

適度な雨の「サイ日和」で、ニルも私も気分がよい1日でした!



2016年5月26日にヨシコさんの長年のパートナーの
ガンテツが旅立ってから初めて東武動物公園を訪れた。

放飼場で息を引き取ったガンテツは、その直前まで
立ち上がろうという意思を示していたという。


e0266067_23095819.jpg

東京近県で唯一のシロサイとなったヨシコさん。
私が着いた午前11時半頃からずーっとぐっすり寝ていた。
e0266067_23121707.jpg

ヨシコさんの推定年齢は44才。
1980年の開園から37年間も東武動物公園に
暮らしている。


e0266067_23095488.jpg


午後4時頃からようやく活動開始!
e0266067_23331716.jpg

美しい横顔です。
e0266067_23341987.jpg

シロサイらしいどっしりしたナイスボデイ!!
まだまだ力強い動きです。
e0266067_23354757.jpg


e0266067_23372059.jpg

後ろの角の形が個性的!
e0266067_23374896.jpg

そんな形になったのは、
こうして柵で擦っているからのようです。
サシバエが多くたかっているのが気になります。

e0266067_23382890.jpg



東武動物公園のシロサイの放飼場は広い!
e0266067_23390727.jpg

e0266067_23393655.jpg

後ろ姿も若々しい!、
e0266067_23400793.jpg

東武動物公園ならではの面白いことは、
このサイの放飼場を囲む柵に東武鉄道の
線路のレールが利用されているところです。


e0266067_10481605.jpg
e0266067_10465104.jpg

ヨシコさん、また来ますので、
よく眠り、よく食べて
元気でいてくださいね!

全国的に高齢シロサイの死亡でシロサイ飼育が
終わってしまった動物園が相次いでいます。
東武動物公園もいずれはそうなるでしょう。

埼玉にこんなにきれいなシロサイの Old Lady が
いるのですから、会いに行くことをお奨めします!



ブログ内関連投稿 :
「埼玉・東武動物公園、33年間連れ添う美しきシロサイ夫婦」 
(2014.06.09 )