動物園のサイに前代未聞の事件が起きた。


今日は、動物園の友の会の例会で
普段は入ることができないゾウ舎のバックヤードに
入れてもらったので、隣のサイの放飼場を
いつもは見られない角度から見ることができた。↓
e0266067_19341741.jpg
キンタロウ(♂33才)
e0266067_19355519.jpg
e0266067_19364313.jpg
e0266067_19383745.jpg
新しい解説ボード。
たしかに、鼻水が出ているのを見ることはある。
e0266067_19393403.jpg

ゴポン(♀17才)、2才になったチャンプを山口に送り出したのが
去年の3月14日なので、それからちょうど1年だ。
e0266067_19402615.jpg

2014年1月31日、ゴポンとキンタロウのあいだに
3番目の子のチャンプが誕生。↓

e0266067_00330730.jpg


チャンプは山口県の秋吉台サファリランドに移動した。

チェコのピルゼン動物園では、
チャンプが生まれた2日後にインドサイの
女の子、Maruska が生まれている。

ブログ内関連投稿 :
「インドサイの赤ちゃん@チェコ・ピルゼン動物園」
http://sainomimy.exblog.jp/22071552/
(2014.06.01)


将来のチャンプのお嫁さんに、なんて
勝手な妄想を膨らませていたが、
そのMaruskaの両親の間に、
先月、2月5日に Ruzenka と名付けられた
女の子が生まれた。2月2日に3才に
なったばかりのMaruska が早くも
お姉ちゃんになっている。

Maruska もチャンプが山口に行ったのと
同じくらいの時期、つまり2才になってまもなく、
フランスの動物園に移動している。そこには
きっと、将来のお婿さん候補が・・・
残念だったね、チャンプ!


参照記事 :
Czech zoo welcomes baby Indian rhinoceros.


この時期、金沢動物園の入り口付近に咲き乱れる
菜の花の黄色がとても鮮やか。


e0266067_18481348.jpg

横浜の金沢動物園のクロサイ、
ローラさんは15ヶ月もお腹の中で
赤ちゃんを育て、今年1月2日に出産。
お疲れさまでした。

銀河くん(私が勝手に名付けただけです)のことは
いつまでも忘れません。

ブログ内関連投稿 :
「1月2日、クロサイの赤ちゃん誕生後に死亡@金沢動物園」
http://sainomimy.exblog.jp/25168162/

もし、その子がすぐに旅立ってしまう運命でなかったら、
ローラ母さんは今頃、元気に動き回る可愛い盛りの
赤ちゃんを相手になかなかお昼寝もできない時期。

e0266067_18480029.jpg
ローラさんの子育てを見たかった・・・・

e0266067_18470051.jpg
昼間はよく寝ていましたが、閉園前の時間は
よく歩き回るローラさん。
e0266067_18464617.jpg
e0266067_18462926.jpg
e0266067_18461275.jpg
もうすぐ、放飼場のミモザの大きな木が黄色い花を咲かせる。



ニルは1月24日で21才。
名古屋の東山動植物園から
横浜のズーラシアに来て
1月26日でちょうど2年。


お誕生日おめでとう、ニル!
e0266067_23103996.jpg
e0266067_23000462.jpg


青草をとても美味しそうに食べています。
ズーラシアに来てしばらくは朝、放飼場に出るのを
断固拒否の日も少なからずあったニルですが、
最近はかなり高い確率で出てくれるそうです。
e0266067_22594008.jpg


21才、体重1300kgのニルですが
ヒトから見ると童顔で優しく可愛い顔立ちです。
後ろの方には、エランドが見えます。
地続きではありませんが。
e0266067_22591652.jpg
e0266067_22590195.jpg


たくさん草を食べて喉が渇いたみたいで
水を飲んでいます。
e0266067_22563518.jpg



お腹もいっぱいになったので、
ちょっと向こうに用足しに。
e0266067_22581031.jpg


まずは、オシッコ。
e0266067_22575091.jpg

次は、大きい方も。
e0266067_22571909.jpg


また、続きを食べます。
e0266067_22561290.jpg


動物園のサイが鉄柵などに角を擦り付けて
削ってしまうことは珍しくないですが、
ズーラシアに来た頃のニルの角はかなり
削れていました。

それで担当飼育員の方は、寝室の鉄柵を丸太で
カバーして角を削れないように工夫したそうです。

e0266067_19122796.jpg

ズーラシアのサイ舎内の解説パネル↑


すると成果が出てきました。

次の写真は今から1年半前の2015年6月の角の様子。
とくに前の角が殆ど平らになっています。

e0266067_15234431.jpg

e0266067_15242417.jpg

次の写真は、2017年1月22日現在の角の様子。」
前の角もまだ小さいですが、サイの角らしい形に
伸びてきています。
e0266067_16115630.jpg
e0266067_18564870.jpg

e0266067_16122580.jpg

飼育員さんの工夫のおかげですね。

ちなみに、仙台の八木山動物園のクロサイのアースも
1月24日が誕生日、彼は12才になりました。