タグ:インドサイ ( 114 ) タグの人気記事



世界の動物園で
最高齢のインドサイは、
米ロサンゼルス動物園の
ランダという48才のメス。


e0266067_00114541.jpg

Photo(C):JAMIE PHAM




ランダは高齢化に伴う食欲減退、歩行困難、腎不全の症状を
示し容体が悪化したため、11月6日に安楽死の処置が施された。

1969年10月5日にスイスのバーゼル動物園生まれの
ランダは1974年11月から40年を超える長い期間、
ロサンゼルス動物園で飼育され親しまれていた。

2009年、40才で角の下部に進行性の皮膚ガンを
発症した際には、獣医と医師の合同チームが
角を切除して放射線治療をおこなった。

既に高齢で体重も2トンもあったため治療は
容易ではなかったが、UCLAのメディカルセンターの
放射線治療の専門家も協力もあって、2011年には
ガンの完治が発表された。

ランダは飼育員との関係が非常に良好で、
来園者との「ふれあいイベント」や
野生のサイの絶滅危機についての啓蒙活動、
そして、野生のサイの保護資金を集めるためにも
大いに貢献した。

2015年からは関節炎などの老化症状もあり
「ふれあい」などの表舞台からは引退していた。

ランダの存在があったからこそ集まったとされる
資金は 37万6千ドル(日本円にすると4千万円以上)
を超えるそうだ。

こうして動物園のランダは野生のサイの仲間を
守っていたのだ。

こういう形で飼育下の動物が野生の動物を
助けることができるのは、動物園の存在意義として
とても重要だと思う。

世界最高齢のクロサイである日本の安佐動物園の
ハナさんにもこうした貢献ができるような仕組みが
日本の動物園文化にもあればよいのにと思う。

動物園に暮らす動物が野生の仲間を助けられる
仕組み作りを、私たち動物園ファンは待つだけでなく
率先して考えてもよいのかもしれない。


参照記事 :







今日は、金沢動物園のインドサイのキンタロウとゴポンが
ペアリングのために同じ放飼場にいた。

e0266067_22242403.jpg

格子の向こうから飼育員さんが様子を見ている。
e0266067_22245061.jpg

2頭はずっと、そばを離れない。
e0266067_22252769.jpg

e0266067_22260485.jpg

e0266067_22270323.jpg


互いに動かず静かな時が流れる。
e0266067_22264654.jpg


一旦キンタロウが屋内に収容され、ゴポンが外から見ている。
e0266067_22280528.jpg

再びキンタロウの格子が開けられると、
キンタロウが走り出てきた。
e0266067_22283483.jpg

キンタロウが少し積極的な様子。
e0266067_22290190.jpg
e0266067_22293724.jpg

初めて2頭が向き合った。
e0266067_22301213.jpg

少しよい雰囲気かな?
e0266067_22304273.jpg
その後、唐突にキンタロウが走り去った。

ここで閉園時間になってしまった。



キンタロウは、現在34才。
1983.07.12 独シュトュットガルド動物園生まれ。

ゴポンは、現在17才。
1999.12.12 米サンディエゴ動物園生まれ。

キンタロウとゴポンのあいだには3頭の子が誕生している。
日本の動物園のインドサイ繁殖としては金沢動物園が最多。

2007.02.01 ♀  アスカ 残念ながら2007.03.22死亡
2009.08.15 ♂  ブンタ 現在は名古屋の東山動物園
2014.01.31 ♂  チャンプ 現在は山口県の秋吉台サファリランド

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は、園内に9月22日「世界サイの日」に際して
実物大のインドサイのパネルが設置された。
製作者は、インドサイ担当飼育員のあのSさん!

体長が4m近くにもなるインドサイの大きさが
間近に実感できる。

e0266067_10083781.jpg
使われた木材は、ゴポンが2003年3月に
アメリカのサンディエゴ動物園から
金沢動物園に移動したときの輸送箱。

材料の質感が活かされアートっぽい!
e0266067_10084819.jpg

e0266067_11395870.jpg


このインドサイ母子はだーれ?


赤ちゃんは、
ーストラリアで
初めて誕生したインドサイの子!

e0266067_20130501.jpg
(C):Taronga Zoo


東山動物園のインドサイのニルギリは
1999年と2003年にオスの子を出産している。
2003年生まれの子は、今も東山にいるセラ。

1999年生まれの子は、ドラ。

この年に中日ドラゴンズが11年ぶりに
セリーグ優勝したことから、
ドラと名付けられたそうだ。

名古屋市とオーストラリアのシドニーが
姉妹都市であることから、
ドラは2002年にオーストラリアのシドニーにある
タロンガ動物園に寄贈された。

その後ドラは繁殖のために、タロンガ動物園から
系列のWestern Plains 動物園に移動。

そして、2015年10月25日に Dora と
アメリカ生まれのAmala♀ のあいだに
オスの子 Rajah が誕生。

それが、オーストラリアで初めて生まれた
インドサイの赤ちゃんなのだ!

ラジャーくんのことは、
名古屋のニルギリばあちゃんとセラおじちゃん、
そして日本中のインドサイ・ファンが
応援しているからね。

彼は今年の10月で2才、
もうずいぶん大きくなっているでしょうね。

e0266067_20282895.jpg

(C):Taronga Zoo


こうして東山動物園生まれのドラは、
オーストラリアに渡って13年後、
オーストラリアで最初に誕生した
大切なインドサイの子の父親となったのである。


参照記事 
2:豪でインドサイの贈呈式/東山動物園から
2.Here Is Australia's Newest And Cutest Baby Rhino
(かわいい動画あり)



東山動物園の紅一点のインドサイ、
ニルギリさんは26才♀。
隣の放飼場にいるセラのお母さんだ。

e0266067_23523693.jpg
格子のむこうの黒い影は、息子のセラではなく
横浜生まれの若いオスのブンタ。
e0266067_23531867.jpg

ニルギリは、インドサイ飼育のメッカである
スイスのバーゼル動物園で1990年1月23日に生まれ
1991年11月30日に東山動物園にやってきた。
来園当時はまだ1才10ヶ月。

e0266067_23551368.jpg


日本には、バーゼル動物園生まれのインドサイが
もう1頭いる。それは東京の多摩動物園のター。
1996年生まれで1998年にやはり1才10ヶ月で来日。


e0266067_23541738.jpg

実はニルギリとターは、同じエローラという
多産なお母さんから生まれている。

e0266067_23554795.jpg
e0266067_23564072.jpg

e0266067_23571571.jpg

名古屋の東山動物園では、インドサイの3つの放飼場が
連なっている。

3頭のインドサイをいっぺんに横並びで
見られるのはこの動物園だけだ。

これは、向かって左の放飼場に住むセラ、
2003年12月生まれの13才♂。
e0266067_19015094.jpg
真ん中の放飼場にいるメスのニルギリがセラのお母さん。
お父さんは、2008年に36才で死亡したサンバ。
1999年生まれのセラの兄ドラは、
オーストラリアに渡った。
e0266067_20211250.jpg

優しい横顔!
e0266067_20215679.jpg
セラというきれいな名前は、セラミックのセラだそうだ。
インドサイを支援している地元の会社の名前に
由来しているという。
e0266067_20221092.jpg
e0266067_20200239.jpg

インドでのサイの密猟はアフリカほど多くはないが、
残念ながら確実に増加している。

e0266067_20223136.jpg
e0266067_20224926.jpg


名古屋のインドサイ、
ブンタくんは、"泥の王子"!

初めて訪れる東山動植物園は朝から大雨。
2011年11月、ブンタが横浜の金沢動物園から
名古屋に移動して以来5年半ぶりの再会、
そのときブンタは泥水のなかでぐっすり。
e0266067_15535713.jpg
e0266067_15543230.jpg
7才になったブンタの渋い寝顔!
e0266067_15524226.jpg
プールは深く改修され居心地がよくなったそうだ。
e0266067_15594551.jpg


本当に大きく立派になったね、ブンタ!
e0266067_15555986.jpg


開園80周年のこの機会にフェンスが放飼場に近づけられ、
近くからブンタを見られることになった、という。
改修工事の前は、今ブンタがいるところにもう1頭のオスの
インドサイ・セラがいて、セラの場所にブンタがいたそうだ。
e0266067_16041878.jpg


e0266067_15563805.jpg
枝を振り回している様子は、小さい頃のブンタを彷彿とさせる。
e0266067_15570236.jpg

となりのニルギリさんのことが気になるみたいで
何度も仕切りの方に寄って行く。8月には8才になる
ブンタ、もしかしてニルギリさんとそろそろ・・
なんて思ったが、飼育員さんによると、そういうこと
ではなくて、ブンタはちょっと寂しがり屋!、という
感じだそうだ。
e0266067_15583467.jpg

仕切りの向こうのニルギリ(26才♀)。
e0266067_15590480.jpg

閉園時間近くに屋内に戻ったブンタ。
e0266067_16030791.jpg

ブンタは2009年8月15日、横浜の金沢動物園生まれて、
2011年11月7日、名古屋の東山動植物園に移った。

e0266067_16062814.jpg
金沢動物園の幼いブンタの紹介パネル
e0266067_23014124.jpg



もうすぐ2才になる頃の金沢動物園のブンタ。
e0266067_23115562.jpg

東山動物園に移動する直前のブンタ。
この頃はゴポンお母さんと「角突きっこ」をさかんにやっていた。
e0266067_23025197.jpg

ブログ内関連投稿記事 :
「残り少ないブンタと母の時間2011.10.16」
http://sainomimy.exblog.jp/18040854/


e0266067_01015975.jpg
担当の飼育員さんが、「ブンちゃん」と呼びかけ、
優しく接してくれていることが、ブンタの小さいときを
知っている "親戚のオバチャンの心境 "の私には、
嬉しかった。


次の写真は、ブンタの弟で2014年生まれのチャンプとお母さんのゴポン。
チャンプも2才のとき、金沢動物園から山口県の秋吉台サファリランドに
移動している。
e0266067_01321380.jpg
ブログ内関連投稿記事 :
「元気でね、インドサイの子チャンプ、2016.03.13」
http://sainomimy.exblog.jp/24609299/


こうしてインドサイ兄弟の成長ぶりを
インドやネパールといった生息地から
こんなに遠く離れたところで
楽しませてもらえるのはとても有難い。
何だか、生きることを励まされます。

ブンタ、チャンプ、
そして、両親のキンタロウとゴポン、
そして、飼育員の方々に
感謝したい。




今日は、動物園の友の会の例会で
普段は入ることができないゾウ舎のバックヤードに
入れてもらったので、隣のサイの放飼場を
いつもは見られない角度から見ることができた。↓
e0266067_19341741.jpg
キンタロウ(♂33才)
e0266067_19355519.jpg
e0266067_19364313.jpg
e0266067_19383745.jpg
新しい解説ボード。
たしかに、鼻水が出ているのを見ることはある。
e0266067_19393403.jpg

ゴポン(♀17才)、2才になったチャンプを山口に送り出したのが
去年の3月14日なので、それからちょうど1年だ。
e0266067_19402615.jpg

2014年1月31日、ゴポンとキンタロウのあいだに
3番目の子のチャンプが誕生。↓

e0266067_00330730.jpg


チャンプは山口県の秋吉台サファリランドに移動した。

チェコのピルゼン動物園では、
チャンプが生まれた2日後にインドサイの
女の子、Maruska が生まれている。

ブログ内関連投稿 :
「インドサイの赤ちゃん@チェコ・ピルゼン動物園」
http://sainomimy.exblog.jp/22071552/
(2014.06.01)


将来のチャンプのお嫁さんに、なんて
勝手な妄想を膨らませていたが、
そのMaruskaの両親の間に、
先月、2月5日に Ruzenka と名付けられた
女の子が生まれた。2月2日に3才に
なったばかりのMaruska が早くも
お姉ちゃんになっている。

Maruska もチャンプが山口に行ったのと
同じくらいの時期、つまり2才になってまもなく、
フランスの動物園に移動している。そこには
きっと、将来のお婿さん候補が・・・
残念だったね、チャンプ!


参照記事 :
Czech zoo welcomes baby Indian rhinoceros.


クリスマス・12月25日の多摩動物公園
e0266067_22281044.jpg





・インドサイ三者三様の午後三時!・

美味しそうに落ち葉を食べるビクラム↓
(♂推定14才)。


インドサイの放飼場には殆ど木はないけれども、周囲の大きな木から
たくさん落ち葉が飛んできています。夏の日除けにために
放飼場にも、もっと木を生やせばよいと思いますが。

ビクラムは、私達ポテトチップスやポップコーンを食べるような
感じに、立て続けにカシャカシャと落ち葉を口に
運んでいました。
e0266067_22305921.jpg
e0266067_22303221.jpg
ネパールのチトワン国立公園で小さいときに
保護されたこのビクラム♂は、耳が変形しています。
ネパールのトラに耳をかまれたために、
普通はピンと立っている耳がたおれてしまい、
裂け目もできています。
e0266067_22301581.jpg

同居しているインドガンたちは、
ビクラムが近づくと、
「あら、いやーね!」とばかり
いっせいに離れていく。
e0266067_22295606.jpg
e0266067_22292370.jpg
e0266067_22290714.jpg


お昼寝三昧のナラヤニ嬢 ↓

(♀推定14才)
e0266067_22283874.jpg
e0266067_23112545.jpg


泥んこを楽しむター ↓
(♂20才)

裏側の放飼場は前日の雨で
大きな水溜りができていました。
e0266067_22270094.jpg
e0266067_11333081.jpg
e0266067_22263845.jpg

2017年には
ビクラムがもう少し積極的になって
ナラヤニさんとの
距離が近づきますように!




3月13日は、金沢動物園でチャンプに会える最後の日だった。

チャンプが公開されてから2年間、その可愛い成長の姿、
仲のよい母子の微笑ましい様子を楽しみに
足繁く通っていたので、それも今日で終わりかと思うと
寂しくて、何となく最後の日のことをブログに書く気に
なれずいつの間にか5ヶ月も経ってしまった。

チャンプが秋吉台サファリランドに行ってから、
金沢動物園にはまだ一度しか行っていない。
チャンプが旅立って1ヶ月後に訪れた
インドサイの放飼場はやっぱり寂しかったので。

しかし、そろそろ私も「チャンプ・ロス」から回復しつつある。

新しい環境に早く順応し、今では秋吉台のサファリゾーンで
元気に過ごしているチャンプの様子を知ると嬉しい。


遅くなったけれども、2016年3月13日のことを
思い出して書いておきたい。

**********

明日、チャンプは秋吉台サファリパークへと移動するので
ゴポン母さんとチャンプが共に過ごせる最後の日。

明日以降、親子は決して出会うことはない。

”ヒト” の発想でそう思うと、とっても切ない。


この表示を見るのも、この日が最後。↓
e0266067_17325279.jpge0266067_17330844.jpg























                   





e0266067_17320516.jpg

水浴び後、素敵なツートンカラー顔のゴポン母さん
e0266067_17315377.jpg

e0266067_17314067.jpg


泥浴び中のゴポン母さんの背中に頭をのせるチャンプ。
e0266067_17312606.jpg



きっとお母さんの感触をずっと覚えているよね、チャンプ!

e0266067_17311589.jpg

チャンプよりお母さんの方が水浴びが好きだったよね。
e0266067_17310437.jpg

あっという間に大きくなったね。
e0266067_17304765.jpg



もっと角が長いチャンプも見たかったな。キンタロウ父さんの
真似して削らないで、お母さんみたいに伸ばしてもよかったのに!
e0266067_17302420.jpg

余計なお世話だよ!
e0266067_17291213.jpg



2年間にわたってゴポンさんの育児、チャンプの成長を間近に見せてもらえて
本当に楽しかった。サイのことが益々好きになった。
e0266067_17284438.jpg

そして、お母さんに甘えるチャンプとゴポンさんとの
微笑ましい光景を見るたび、サイの密猟の残酷さへの
怒りの思いが益々、強くなった。

ある日突然、チャンプのような可愛い子サイの目の前で、
ゴポンさんのような優しい母サイを倒し、その顔を切り裂いて
角を奪う密猟者。

残された子サイはライオンに食べられるか、
餓死する、その前に運よく人間に見つけられない限り。

ツライ話になってしまった。


****


e0266067_20045862.jpg

今だから言うけどさ、チャンプ。
チャンプが生まれたとき私は、3番目の子で
Cで始まる名前は「チャンタ」がいいなって
思っていたの。ブンタの弟だし、可愛い名前でしょ。

だけど、チャンプ、チャイ、チャンドラ、カブの
4択で、チャンプになったのよね。

チャンプの由来は
「王者のようにたくましく育つように」で、
チャンプもその通りにたくましく育っているから、
今はチャンプでよかったと、思っているよ。


チャンプ、今度、会いに行くから待っててねー!!


金沢動物園のインドサイの子チャンプ
3月14日に、山口県の秋吉台サファリランドに
移動。26日から秋吉台で公開が始まった。

14日、チャンプは輸送箱に入って横浜から陸路、山口へ。

金沢動物園では、もうすぐ2才2ヶ月の大きくなった
チャンプの体重を測れる体重計がなかったが、
輸送の際に1.4トンと判明したようだ。約70kgで生まれて、
2年間で20倍!体長は、約3.5m。



e0266067_15565004.png
(C):金沢動物園

        

これは輸送箱に入る練習のときのチャンプ。
チャンプは結構、警戒している様子だったらしい。
e0266067_15544419.png
(C):金沢動物園

参照記事 :金沢動物園公式ツイッターより
https://twitter.com/kanazawazoo317/status/709654490215948288


そして出発の翌日、15日に山口県の秋吉台サファリランドに到着。

25日には記者公開され、26日から一般公開。
e0266067_16123693.jpg
(C):秋吉台サファリランド


e0266067_16153298.jpg
(C):秋吉台サファリランド


西日本で初めてのインドサイということで注目されている。
これまでインドサイ飼育は、東京の多摩動物公園♂2♀1、
横浜の金沢動物園♂2♀1、名古屋の東山動物園♂2♀1と
東日本のみだった。日本のインドサイはチャンプを含めて合計9頭。

参照記事:秋吉台サファリランドHPのチャンプ公開についての記事
http://www.safariland.jp/cgi-bin/disp.cgi?code=10362&mode=one&no=8



山口新聞「インドサイ きょうから公開ー秋吉台サファリ」
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0326/10p.html

金沢動物園公式ブログ
「チャンプの出園」

秋吉台ではまだ先のことではあるが、いずれはチャンプを
サファリの広いスペースで他の動物と一緒に放すことを
考えているそうだ。そうなったら、日本のインドサイでは
初の光景となる。