タグ:クロサイ ( 168 ) タグの人気記事

名古屋の東山動物園に初めて行きました。
もちろん一番の目的は、ここにいる
クロサイとインドサイに会うこと。

東山にいるクロサイは、アイさん♀、
1986年生まれの30才。1995年に広島の安佐動物園から
名古屋にやってきました。

e0266067_15574653.jpg


横顔が魅力的なアイさん。
e0266067_15572508.jpg
角の形も美しい。日頃から念入りのお手入れをしているようです。
e0266067_15585935.jpg

よいしょ、と前足を台に乗せます。
e0266067_15583289.jpg
角の先はぴしっと整えなくちゃ!
e0266067_16123191.jpg
ちょっと微調整!
e0266067_16130422.jpg
角の根元のお手入れも忘れないわ!
e0266067_16141339.jpg

あいさん、角が白く輝いていますね。
e0266067_16145232.jpg
e0266067_16202910.jpg

桃色の可愛い舌が見えます。
e0266067_16210546.jpg
e0266067_16212741.jpg
クロサイ舎の周辺は緑に恵まれていました。
e0266067_16225579.jpg
エッジの効いた角に惚れ惚れします。
e0266067_16232790.jpg
e0266067_16243483.jpg
アイさんには、一人息子のニルがいる。
彼は2年前、19才になるまでここに暮らしていたが、
2015年1月に横浜のズーラシアに移動。
東山動物園のニル・ファンの方から贈られた
激励の花束と共に横浜にやって来た。

ブログ内参照記事 :
「東山動物園からズーラシアにクロサイ来園」
http://sainomimy.exblog.jp/22787149/
(2015.02.06)

「21才クロサイ、ニルの角@ズーラシア」
http://sainomimy.exblog.jp/25246351/
(2017.01.22)


ニルはズーラシアで元気にしていますので、
アイさん、ニル・ファンの皆様、
安心してください!
e0266067_16585516.jpg

アイさんについてはこれまで、ニルのお母さんで
ちょっと年配のクロサイと思っていただけでしたが、
実際、間近に出会ってみるとアクティブで美しいご婦人サイでした。

現在、東山のクロサイはアイさんだけで、
クロサイ飼育は終焉の方向のようです。





お江戸の真ん中、上野のクロサイたち。


マロ(♂17才)、茨城のかみね動物園生まれなので
江戸っ子ではないですが。
e0266067_18561694.jpg
向こう側にいるパートナーのことが気になる。
e0266067_18554975.jpg
e0266067_18552854.jpg
方向案内 → 右が頭側、左が尻尾側。
e0266067_18550816.jpg

e0266067_18545361.jpg
毎日がプレミアム・フライデー!
午後3時には、帰ります。
e0266067_18530694.jpg


アルゴ(♀21才)、横浜の金沢動物園生まれのハマっ子。
e0266067_18543706.jpg
e0266067_18541811.jpg

どこにいるの?そろそろ時間なので扉の前で待機中。
e0266067_18540195.jpg

これから、3時のおやつです。
e0266067_18532887.jpg
e0266067_18521331.jpg
爬虫類館の前の桜は咲いていました。
「エドヒガン」という品種のようです。
e0266067_18524339.jpg

この時期、金沢動物園の入り口付近に咲き乱れる
菜の花の黄色がとても鮮やか。


e0266067_18481348.jpg

横浜の金沢動物園のクロサイ、
ローラさんは15ヶ月もお腹の中で
赤ちゃんを育て、今年1月2日に出産。
お疲れさまでした。

銀河くん(私が勝手に名付けただけです)のことは
いつまでも忘れません。

ブログ内関連投稿 :
「1月2日、クロサイの赤ちゃん誕生後に死亡@金沢動物園」
http://sainomimy.exblog.jp/25168162/

もし、その子がすぐに旅立ってしまう運命でなかったら、
ローラ母さんは今頃、元気に動き回る可愛い盛りの
赤ちゃんを相手になかなかお昼寝もできない時期。

e0266067_18480029.jpg
ローラさんの子育てを見たかった・・・・

e0266067_18470051.jpg
昼間はよく寝ていましたが、閉園前の時間は
よく歩き回るローラさん。
e0266067_18464617.jpg
e0266067_18462926.jpg
e0266067_18461275.jpg
もうすぐ、放飼場のミモザの大きな木が黄色い花を咲かせる。



ニルは1月24日で21才。
名古屋の東山動植物園から
横浜のズーラシアに来て
1月26日でちょうど2年。


お誕生日おめでとう、ニル!
e0266067_23103996.jpg
e0266067_23000462.jpg


青草をとても美味しそうに食べています。
ズーラシアに来てしばらくは朝、放飼場に出るのを
断固拒否の日も少なからずあったニルですが、
最近はかなり高い確率で出てくれるそうです。
e0266067_22594008.jpg


21才、体重1300kgのニルですが
ヒトから見ると童顔で優しく可愛い顔立ちです。
後ろの方には、エランドが見えます。
地続きではありませんが。
e0266067_22591652.jpg
e0266067_22590195.jpg


たくさん草を食べて喉が渇いたみたいで
水を飲んでいます。
e0266067_22563518.jpg



お腹もいっぱいになったので、
ちょっと向こうに用足しに。
e0266067_22581031.jpg


まずは、オシッコ。
e0266067_22575091.jpg

次は、大きい方も。
e0266067_22571909.jpg


また、続きを食べます。
e0266067_22561290.jpg


動物園のサイが鉄柵などに角を擦り付けて
削ってしまうことは珍しくないですが、
ズーラシアに来た頃のニルの角はかなり
削れていました。

それで担当飼育員の方は、寝室の鉄柵を丸太で
カバーして角を削れないように工夫したそうです。

e0266067_19122796.jpg

ズーラシアのサイ舎内の解説パネル↑


すると成果が出てきました。

次の写真は今から1年半前の2015年6月の角の様子。
とくに前の角が殆ど平らになっています。

e0266067_15234431.jpg

e0266067_15242417.jpg

次の写真は、2017年1月22日現在の角の様子。」
前の角もまだ小さいですが、サイの角らしい形に
伸びてきています。
e0266067_16115630.jpg
e0266067_18564870.jpg

e0266067_16122580.jpg

飼育員さんの工夫のおかげですね。

ちなみに、仙台の八木山動物園のクロサイのアースも
1月24日が誕生日、彼は12才になりました。





金沢動物園で生まれた
クロサイの赤ちゃんが
生後まもなく死亡、
という悲しくてたまらない
ニュース。


e0266067_15171125.jpg

12月22日に横浜の金沢動物園から、
まもなくクロサイの赤ちゃん誕生、という
発表があったばかりで、年末から年始にかけては
無事の出産を願いつつ、誕生の発表を楽しみに
していたが、残念な結果となってしまった。

ブログ内関連投稿記事 :
「横浜・金沢動物園でまもなくクロサイ誕生予定」
http://sainomimy.exblog.jp/25106984/
(2016.12.23)


金沢動物園のプレスリリースによると、
順調な出産で、1月2日午前11時半頃に
オスの赤ちゃんが誕生、今までの子に比べて
身体が小さく、ぐったりした様子で、
お母さんのローラが赤ちゃんを立たせようと
鼻先で押しても立ち上がることはできず、
その後、身体を暖めたり救命措置を施したが、
残念ながら午後3時に死亡が確認されたそうだ。

クロサイの赤ちゃん死亡に関する
1月6日付の金沢動物園のプレスリリース。


もし、無事に生まれていたら、
赤ちゃんが2才を過ぎて移動先が決まるまで、
少なくともこれから約2年間は赤ちゃんの
可愛らしい成長、ベテラン・ママのローラさんの
子育ての様子を間近に見せてもらう楽しみがあったかと思うと、
本当に残念だった。

野生に生まれるサイの赤ちゃんにも
こうして生きることができない子がいるのだろう。
それが生まれもった運命なら従うしかない。
動物園の担当者の方達もさぞ落胆されたことと思う。
命を救うために手を尽くしてくれたことに感謝したい。

この赤ちゃんはお母さんのローラと、お父さんのロンの
7番目の子だったので、金沢動物園のサイの子の命名の
ルールから、アルファベット7番目の文字「G」で始まる
名前が付けられる筈だった。

愛称決定は予め用意された4つくらいの名前の
なかから入園者の投票で決めることが多いので、
候補の名前を考えても仕方がないのだが、
ついつい考え、ひとつ思いついていた。

それは「銀河」!
銀河を意味する英語 Galaxy も G で始まるので
ちょうどいい。そんな名前を思いついたから
赤ちゃんがすぐ「星」になってしまったのだろうか??

愛称をつけてもらう間もなく旅立った赤ちゃんを
私は勝手に「ギンガ」と名付けよう。

ローラ母さんのお腹の中にいた約15か月、
そして、誕生してから3時間余り、
短いけれど皆に大切にされたその命を
決して忘れないからね、ギンガくん!


ロンとローラのあいだに2011年に生まれた
6番目の子のフウカちゃん♀は、
生まれた日にローラさんが自分の体重をかけて
しまうという思いがけない事故で重傷を負い、
人口哺育で育てられ、懸命の治療でおかげで
元気になったが、再び歩行が困難になって
2013年に死亡。

2頭続けて、金沢動物園のクロサイの子は
残念ながら短命だったが、それまでに生まれた
5頭の子は、国内の他園に3頭、海外に2頭、
それぞれ元気に暮らし、ロンとローラの孫が
国内外で誕生している。


赤ちゃん時代の5番目の子アースとお母さんのローラ。
アースは、今は仙台の八木山動物園に暮らしている。
e0266067_15174072.jpg
(C):金沢動物園・展示パネルより。


ブログ内関連投稿記事 :
「展示パネルで見る金沢動物園のクロサイ飼育史」

当初はシロサイから始まった金沢動物園のクロサイの
飼育史が詳しくまとめられたとても興味深い
パネル展示。
http://sainomimy.exblog.jp/21246861/
(2013.11.02)


ローラもロンもまだ28才なので、
このカップルからの赤ちゃん誕生も
また期待できる。


動物園は1月2日から始まり、ゴールデンウィーク並みの人出で
賑わっている。

5年前から1月2日は上野動物園に初詣と決めている。
1月にしてはとても暖かくて動物園日和だった。
ただ、上野に向かう電車が人身事故で運転見合わせていて、再開まで
近くのカフェで時間をつぶすことになった。正月から絶望して
ホームに立つ人を作らない社会であって欲しい。

動物園に着いた時間が遅くてクロサイは外の放飼場から室内に
戻っていた。

e0266067_15491381.jpg

アルゴ(♀1995.10.30生まれ)
e0266067_16034564.jpg
マロ(♂2000年02.17生まれ)
e0266067_16035865.jpg


マロとアルゴの個体解説パネルが新しくなり、
英語の説明が加えられていた。
その赤字部分の英語が謎!
角、ツノ、カド、スミ、コーナー、Corner
という流れでこうなってしまったのかな。

e0266067_16041514.jpg

園内で配布される公式フリーマガジン
「みんなの上野動物園」の最新号は
やはり、ニワトリ特集。
園内売店で買い物をすると、
非売品のトリ・ピンバッジ
をもらえる。

e0266067_16043998.jpg

園内の売店で買ったサイの靴下、
ちゃんと足の裏側もサイの
後ろ姿になっている。

e0266067_16045002.jpg





金沢動物園より
まもなくクロサイ誕生という
発表。

クリスマス直前の12月22日、
横浜の金沢動物園から、まもなくクロサイの
赤ちゃんが誕生する予定、という嬉しい
お知らせがあった。

母親はローラ、父親はロン、
生まれる子はこのカップルの7番目の
子となる。

e0266067_15174528.jpg
ロンとローラ


金沢動物園で生まれるサイの名前は、
きょうだいの生まれた順に頭文字が
アルファベット順になるようにするルールがあるので、
今度の子は、7番目の文字の"G" から始まる
名前が付けられることになる。

2016年の最後を飾って誕生する子になるのか?
2017年の最初の嬉しいニュースとなるのか?


いずれにしても、元気な赤ちゃんが生まれることを
祈ります。本当に楽しみです。



今度生まれる予定のGちゃんのすぐ上の
お姉ちゃんは2011年4月生まれ。
Fで始まるフウカちゃんは、生まれた日の
予期せぬ事故で大怪我をしたので人工哺育で育てられた。

e0266067_15365922.jpg
e0266067_15395268.jpg
2011.07.22撮影、生後88日のフウカちゃん。


フウカちゃんは、残念ながら2013年2月16日、
旅立ってしまった。大怪我の後遺症が原因と考えられて
いる。



参考記事 :
金沢動物園からのプレスリリース




10月11日に米アイオワ州の
The Blank Park Zoo で
クロサイの女の子が誕生、
母親は Ayana、
Ayana の父親は、
安佐動物公園生まれのトシ、
トシは安佐のハナとクロの第1子。

e0266067_20262089.jpg
Ayana と名前未定の赤ちゃん。(C):AP


赤ちゃんのおじいちゃんのトシのことから遡ってみよう。

1977.04.10 Toshi ♂ 誕生

”「ハナ」は日本一のお母さん”
編・広島市安佐動物公園、新日本出版社
2006.01.20

e0266067_00465435.jpg

この本の解説によると、
ハナとトシは、いつでも一緒、
ハナは、トシを守ろうと
クロには猛然と立ち向かっていたそうです。

P.8:ハナ(左)とクロ
P.9 : ハナと赤ちゃん時代のトシ
e0266067_19410605.jpg


1983
トシ、米マイアミ州の Metro Zoo に移動


P20
e0266067_19395596.jpg
トシがアメリカに送られる輸送箱。↑
名前、生年月日、登録番号が箱に記されている。


2010.08.23
マイアミの Metro Zoo で トシとCirce♀ とのあいだに
Ayana ♀誕生

2012.11.30
Ayana は、米アイオワ州の The Blank Park Zoo へ移動。


2016.10.11  
Ayana と Kiani のあいだにこんな可愛い女の子誕生。
Ayana はまだ6才の若いママだ。
                 ↓  
                 ↓                 




茨城県のかみね動物園のオスのクロサイ、メトロも
トシの子(母親は Cora)。メトロ動物園から来たので
メトロという名前になった。

e0266067_00403635.jpg

7月のハナさんのクロサイ世界最高齢記録達成を
祝うかのように、8月13日に安佐で孫のニコ♀、
8月27日にイギリスでひ孫のZuri♂、10月11日に
アメリカでひ孫の女の子と、立て続けに
ハナさんの子孫が生まれているのは本当に喜ばしい。



参照記事 :
1.It's a girl! Birth of critically endangered black rhino at Blank Park Zoo


参照記事1より、原文一部引用 :
A critically endangered black rhino has given birth to an 80-pound female at the Blank Park Zoo in Des Moines.
The unnamed baby rhino was born to mother Ayana and its father Kiano on October 11.



ロンドン南東のケント州の
Port Lympneワイルドライフ・パークで、
8月27日にクロサイの男の子が誕生。
スワヒリ語で、「美しい」という意味の
Zuri と名付けられた。


参照記事 :
1.Meet Kent's New Baby Rhino
2.Port Lympne Wildlife Park のFacebook 記事 (動画あり)
e0266067_18393054.png
e0266067_18413350.png
画像:参照記事1より


ヨーロッパの動物園のサイ情報を集めたドイツ語のサイト
”Rhino in Europe” の今年のクロサイ誕生リストでは
下記のように Zuri の父親は Sammy と記されている。 

参照記事 :
3.Rhinos in Europe のクロサイ誕生リスト2016
e0266067_18334980.jpg
Sammy は、大阪の天王寺動物園のトミーと
亡きサッチャンとのあいだに1999年に生まれた
3番目の子で、2002年にイギリスのチェスター動物園に移動、
2014年には Port Lympne Wildlife Park へと移動している。

ということで、Zuri は、天王寺のトミーの孫と
考えられる。

母のRuahaは1996年 Port Lympne 生まれ.
Zuri は3番目の子となる。

サミーにとっては、Zuri は現存する唯一の子となる。

というのは、チェスター動物園の kitani とのあいだに
2008年に生まれた Asani ♂ は2015年1月に死亡、
同じく Kitani とのあいだに2015年1月31日に生まれた
Fara ♀は、同年3月3日に死亡している。

Zuri には是非とも長生きしてもらいたい。


註:
Port Lympne Wildlife Park からの直接情報である、
同施設のFacebook でのZuri に関する投稿記事
(参照記事2)ではZuriの父親について記載がありません。
当記事でZuri を「トミーの孫」と判断しているのは、
あくまでもRhinos in Europe サイトの”Zuri の父親はサミー”
という情報に基づいたものです。




広島の安佐動物公園のクロサイ、
ヘイルストーンほど、”グレートな母” に
恵まれてしまったクロサイはいません。
何しろ、ダブルなのですから!?


ヘイルストーンは、日本のクロサイに新しい血統を入れるという
重要なミッションを担って、紹介ボードにあるように、ハワイから
日本にやってきました。生まれたのはサンフランシスコ動物園。

e0266067_22483340.jpg
サンフランシスコ動物園にいるヘイルの母 Elly は、
今年2016年の1月1日で推定45才。
北米の動物園で飼育中のクロサイの最高齢記録を更新している。

北米の動物園のこれまでの最高齢記録は、オハイオ州の
Columbus動物園のオスのClyde 49才。


エリーは、野生の生まれで、1974年からアメリカの動物園で
飼育され、14頭の子を出産しているグレートマザーだ。

e0266067_11542305.jpg
Elly, (C)San Francisco Zoo)


そして、言うまでもなく、ヘイルが6頭の子をもうけている
パートナーのサキの母は、今年50才となりクロサイの
世界最高齢記録を達成したグレート・ハナさん!

というわけで、14頭の子を生んだ実母は
北米のクロサイの最高齢、
”義母”は、世界のクロサイの最高齢と、
ダブルで健在の greatest mother をもつ
世界唯一のクロサイなのだ! 


その息子のヘイルストーンも今年25才、
オトナのクロサイの魅力があります。

根元の太い角が、オスらしい逞しさを
感じさせますよね!
e0266067_22345235.jpg
e0266067_22342705.jpg
e0266067_22340722.jpg

ヘイルは、とても立派な体格。
日本のクロサイのなかで一番大きいかもしれません。
性格はとても穏やかだそうです。
e0266067_22424318.jpg
e0266067_12335715.jpg
岩に身体を押し付けて掻くときには、
”ざらっざらっ” という音が聞こえます。
e0266067_22360942.jpg

失礼、放尿中。真後ろに飛びます。
e0266067_22380675.jpg

立派な後ろ姿!
e0266067_22325969.jpg


8月に生まれた娘のニコちゃんが少し大きくなったら、
安佐名物のクロサイ一家が並んで昼寝をする
あの心温まる素晴らしい光景が見られることでしょう。

e0266067_22364449.jpg

参照記事 :
1. Francisco Zoo's black rhinoceros, oldest in North Amerika, turns 45
2.推定50才の雌、世界記録を更新、広島・安佐動物公園
3.世界最高齢53才のシロサイ死亡

参照記事1より、原文一部引用 :
”The San Francisco Zoo is celebrating the 45th birthday of the oldest black rhinoceros in North America.The exact date of Elly's birth isn't known, as she was born in the wild. But she has lived at the zoo since April 1974.”