世界の動物園で
最高齢のインドサイは、
米ロサンゼルス動物園の
ランダという48才のメス。


e0266067_00114541.jpg

Photo(C):JAMIE PHAM




ランダは高齢化に伴う食欲減退、歩行困難、腎不全の症状を
示し容体が悪化したため、11月6日に安楽死の処置が施された。

1969年10月5日にスイスのバーゼル動物園生まれの
ランダは1974年11月から40年を超える長い期間、
ロサンゼルス動物園で飼育され親しまれていた。

2009年、40才で角の下部に進行性の皮膚ガンを
発症した際には、獣医と医師の合同チームが
角を切除して放射線治療をおこなった。

既に高齢で体重も2トンもあったため治療は
容易ではなかったが、UCLAのメディカルセンターの
放射線治療の専門家も協力もあって、2011年には
ガンの完治が発表された。

ランダは飼育員との関係が非常に良好で、
来園者との「ふれあいイベント」や
野生のサイの絶滅危機についての啓蒙活動、
そして、野生のサイの保護資金を集めるためにも
大いに貢献した。

2015年からは関節炎などの老化症状もあり
「ふれあい」などの表舞台からは引退していた。

ランダの存在があったからこそ集まったとされる
資金は 37万6千ドル(日本円にすると4千万円以上)
を超えるそうだ。

こうして動物園のランダは野生のサイの仲間を
守っていたのだ。

こういう形で飼育下の動物が野生の動物を
助けることができるのは、動物園の存在意義として
とても重要だと思う。

世界最高齢のクロサイである日本の安佐動物園の
ハナさんにもこうした貢献ができるような仕組みが
日本の動物園文化にもあればよいのにと思う。

動物園に暮らす動物が野生の仲間を助けられる
仕組み作りを、私たち動物園ファンは待つだけでなく
率先して考えてもよいのかもしれない。


参照記事 :








南アフリカの Kwazulu-Natal
クワズル・ナタル州の
ナタル・ライオンパークに密猟者が侵入、
シロサイが殺された。


6月21日、Natal Lion Park で
殺されて、角を奪われたサイは
Maxine という11才のメスのシロサイ。
e0266067_18105806.jpg

(C):Natal Lion Park


Maxine は、密猟による孤児ではなかったが、
誕生時に、母サイが死亡したため
Natal 動物園とLion Park の関係者によって
人工哺育で大切に育られていた。

そして、2才のときから Lion Park で暮らし
来場者やスタッフからとても愛されていた。

検視報告によると、Maxine は睡眠中に
頭部を撃たれ即死状態となり、
角を密猟者にえぐり取られる際には、
おそらく苦痛を感じることはなかったという。
せめてものことだ。

犯人はまだ捕まっていない。

Natal Lion Park は、クワズル・ナタル州の
大都市ダーバンから約60km のところに
位置する広いサファリパーク施設。

ぐるっと回ると約7kmの園内を
ドライブをしながらライオン、ゾウ、サイなどを
見ることができる。


今年に入って、飼育下のサイが密猟される
というこれまでにない事件が多発している。

2月には同じく南アフリカのクワズル・ナタルの
サイ孤児保護施設,3月にはフランスの動物園、
においてサイが殺されて角を奪われている。

こうした施設は、さすがにこれまでは
密猟は想定しておらず、動物の脱走には
万全の注意が払われていても、
人間の侵入に関してのセキュリティ対策はまだ甘く、
今後の強化が必要ということなのだろう。


ブログ内関連投稿記事 :
「南アフリカのサイ孤児保護施設で残虐な密猟」
http://dearhino.exblog.jp/23673086/
(2017.02.24)

「フランスの動物園のシロサイが密猟されて死亡」
http://sainomimy.exblog.jp/25614591/
(2017.03.17)




参照記事2より原文一部抜粋 :

An 11-year-old orphan white rhino at the Natal Lion Park was killed execution-style this week while sleeping and then de-horned, leaving staff traumatised.





ベルギーとチェコの動物園で
角を目的としたサイ殺害事件の
防止策としてサイの角をカット。



3月6日の夜間、フランスのパリ郊外の Thoiry トワリー動物園に
何者かが侵入し、シロサイ1頭を殺害して角を持ち去った。
この世界初の動物園でのサイ殺害事件は、サイ飼育をする
世界中の動物園に大きな衝撃を与えた。

そこには、サイの角の密売価格が。金(ゴールド)やダイヤモンド、
コカインなどよりも高く、場合によっては1kgあたり日本円で
1000万円にものぼる超高値でブラックマーケットで
売られているという背景がある。

サイの角を買うのは主にベトナム人や中国人で
彼らはサイの角は万能薬という迷信を信じている。
しかし、実際にはサイの角に薬効成分はまったくない。


事件から約1ヶ月になるが、残念ながら犯人は
まだ逮捕されていない。

ブログ内参照記事 :
「フランスの動物園のシロサイが密猟され死亡」
http://sainomimy.exblog.JP.25614591
(2017.03.17)


この事件を受けてベルギーでは、フランスとの国境に
近いところにあるPairi Daiza ぺリ・デザ動物公園
(トワリー動物園から約300km以内の距離)が
3月11日、サイの角をカットすることを決定した。
同動物園では、大人のサイ3頭と1才になったばかりの
子どものシロサイを飼育している。

ぺリ・デザ動物公園では、昨年3月22日、ベルギーの空港と
地下鉄の駅での連続テロが起きた日に、シロサイの子が誕生。
「希望」を意味するSethemba vasta と名付けられた。
今回の措置で、お母さん Elenore の角はカットされた。。

e0266067_20433300.jpg
(C):AFP


ぺリ・デザ動物公園動としても今回の措置は辛い決断であり、
公式Facebook で、園内でサイが密猟されることのリスクを
なくすために必要な手段で、生息地のアフリカでも実施されている
こと、角はまた切ってもまた伸びること、と説明している。



角をカットすることを決定したもうひとつの動物園は
古くからサイ飼育で名高いチェコのDvur Kralove
ドブール・クラーロベ動物園


現在、 ドブール・クラーロベ動物園では
シロサイとクロサイを合わせて21頭を飼育しており、
3頭の子サイを除く18頭のサイの角がカットされる。
やはりそれだけ多数のサイを飼育していると、
狙われる可能性も高いと考えたのだろう。

麻酔後に角を切り落とされる
ドブール・クラーロベ動物園のシロサイ。
e0266067_19331330.jpg
(C):SIMONA JIRIOKOVA/AP

ドブール・クラロベ動物園は、
密猟と生息地破壊のため絶滅寸前のキタシロサイの
繁殖実績をもつ世界唯一の動物園で、
2009年には3頭のキタシロサイを生息地
アフリカの環境で繁殖を目指すために
ケニヤの The Olperata Reserve に送っている。

残念ながら、ケニヤでの繁殖は実現せず、
結果的には、この3頭が地球最後のキタシロサイと
なってしまった。


ブログ内参照記事 :
「チェコの動物園のキタシロサイ死亡」
http://sainomimy.exblog.jp/23502346
(2015.08.01)


サイはそのシンボルのような角が切り落とされると、
外見的には間が抜けてしまうが、急に頭部が軽く
なったりすることを、サイ自身はどう感じるのだろうか?

Save the Rhino (ロンドンに拠点をおくサイ保護団体)の
スポークスマンによると、サイの角は、自分のテリトリーを
守るため、子どもを他のサイや捕食者から守るために
使われるという。サイの角を切ることで、死に至るような
激しいサイ同士の争いが減るという事実もあるそうだ。


動物の姿を正しく示すことが動物園の使命であり
角を切ることは動物園の苦渋の選択であったと
思われる。また、同時に、麻酔のリスクも伴うにも拘わらず
角を切るという園内密猟対策は、飼育動物の安全を
守るべき動物園の怠慢であると、いう動物保護の立場からの
批判的見方もある。

今のところ、ベルギーとチェコの2園に続いて
角を切るというニュースは見当たらないが、
サイ飼育をしている個々の動物園も
色々と考えているのだろう。
角を切るか?侵入者の防止対策の強化か?
どちらもするべきか?


これまで動物園の警備は、動物の脱走対策に
重きがおかれていると思われるが、
何があっても自由に逃げることのできない動物たちを
侵入者から守る対策も万全にしてもらいたい。
やはりそれは、自分たちの都合で動物を閉じ込めている
私たち人間が果たすべき責任であろう。


参照記事 :

1.Trafiquants: Pairi Daiza raccourcit les cornes de ses rhinocéros
2.Czech zoo to remove horns of 18 white rhinos following French attack

3.Czech zoo cuts off horns to protect rhinos after France attack

5.Environmentalist oppose rhino dehorning as a means of protection


参照記事3より原文一部引用 :
”A Czech zoo has said it will use a chainsaw to remove the horns from its herd of rare rhinos after a brutal attack last week in a French zoo where poachers shot dead a white rhino and hacked off its horns.”




動物園のサイに前代未聞の事件が起きた。



国内最高齢のシロサイ♀
仙台の八木山動物園の
47才のシンシアさんが
天寿を全うした。


八木山動物園の発表によると、シンシアさんは9日の朝、
体力低下のため立ち上がれなくなり、点滴治療などを
施したが、11日午後4時40分頃に死亡が確認された、
という。

シンシアさんは1969年12月31日、南アフリカ生まれ、
大晦日に47才になった。

群馬サファリパークから仙台の八木山動物園に
移動したのは1982年。以来35年の長い間、
八木山で多くの入園者に親しまれた。

e0266067_23273095.jpg
2012年に撮影。とても気持ちよさそうに昼寝をしていた。↑


2008年に園長がシンシアさんに贈った感謝状。↓
e0266067_23320096.jpg

私が2012年に八木山動物園を訪れたとき、
若いクロサイのアース♂と隣り合わせの寝室にいた
シンシアさんは、柵越しにアースと互角に
角を突き合わせていた。彼女は40才を過ぎても、
とても元気で力強かった。

e0266067_16041934.jpg
隣のアースの部屋の方を覗くシンシアさん。


e0266067_16053601.jpg
アースが隣から角を出している。↑


2013年、シンシアさんは旧インドゾウ舎へ移動。
同じ園内ではあるが、歩いていくわけにも
いかないので他園への移動の際と
同じように輸送箱に入れられ大がかりな
引っ越し作業となった。クロサイの
アースとの交流も終わる。

シンシアの死亡により八木山動物園も
シロサイ飼育が終了。2016年は2月に熊本市動植物園、
10月には福岡市動物園で最後の1頭が死亡して
シロサイ飼育が終了している。

シロサイを飼育する動物園が減少するのは
動物園ファンとしては寂しいことであるが、
野生では群れで暮らすシロサイの繁殖には、
多頭飼育できるサファリパークが
よいかもしれない。


ブログ内関連投稿記事 :

「八木山動物園のシロサイとクロサイ」
http://sainomimy.exblog.jp/18279613/
(2012.06.23)

「仙台のシロサイが園内で引っ越し」
http://sainomimy.exblogjp/20220686/
(2013.04.14)





金沢動物園で生まれた
クロサイの赤ちゃんが
生後まもなく死亡、
という悲しくてたまらない
ニュース。


e0266067_15171125.jpg

12月22日に横浜の金沢動物園から、
まもなくクロサイの赤ちゃん誕生、という
発表があったばかりで、年末から年始にかけては
無事の出産を願いつつ、誕生の発表を楽しみに
していたが、残念な結果となってしまった。

ブログ内関連投稿記事 :
「横浜・金沢動物園でまもなくクロサイ誕生予定」
http://sainomimy.exblog.jp/25106984/
(2016.12.23)


金沢動物園のプレスリリースによると、
順調な出産で、1月2日午前11時半頃に
オスの赤ちゃんが誕生、今までの子に比べて
身体が小さく、ぐったりした様子で、
お母さんのローラが赤ちゃんを立たせようと
鼻先で押しても立ち上がることはできず、
その後、身体を暖めたり救命措置を施したが、
残念ながら午後3時に死亡が確認されたそうだ。

クロサイの赤ちゃん死亡に関する
1月6日付の金沢動物園のプレスリリース。


もし、無事に生まれていたら、
赤ちゃんが2才を過ぎて移動先が決まるまで、
少なくともこれから約2年間は赤ちゃんの
可愛らしい成長、ベテラン・ママのローラさんの
子育ての様子を間近に見せてもらう楽しみがあったかと思うと、
本当に残念だった。

野生に生まれるサイの赤ちゃんにも
こうして生きることができない子がいるのだろう。
それが生まれもった運命なら従うしかない。
動物園の担当者の方達もさぞ落胆されたことと思う。
命を救うために手を尽くしてくれたことに感謝したい。

この赤ちゃんはお母さんのローラと、お父さんのロンの
7番目の子だったので、金沢動物園のサイの子の命名の
ルールから、アルファベット7番目の文字「G」で始まる
名前が付けられる筈だった。

愛称決定は予め用意された4つくらいの名前の
なかから入園者の投票で決めることが多いので、
候補の名前を考えても仕方がないのだが、
ついつい考え、ひとつ思いついていた。

それは「銀河」!
銀河を意味する英語 Galaxy も G で始まるので
ちょうどいい。そんな名前を思いついたから
赤ちゃんがすぐ「星」になってしまったのだろうか??

愛称をつけてもらう間もなく旅立った赤ちゃんを
私は勝手に「ギンガ」と名付けよう。

ローラ母さんのお腹の中にいた約15か月、
そして、誕生してから3時間余り、
短いけれど皆に大切にされたその命を
決して忘れないからね、ギンガくん!


ロンとローラのあいだに2011年に生まれた
6番目の子のフウカちゃん♀は、
生まれた日にローラさんが自分の体重をかけて
しまうという思いがけない事故で重傷を負い、
人口哺育で育てられ、懸命の治療でおかげで
元気になったが、再び歩行が困難になって
2013年に死亡。

2頭続けて、金沢動物園のクロサイの子は
残念ながら短命だったが、それまでに生まれた
5頭の子は、国内の他園に3頭、海外に2頭、
それぞれ元気に暮らし、ロンとローラの孫が
国内外で誕生している。


赤ちゃん時代の5番目の子アースとお母さんのローラ。
アースは、今は仙台の八木山動物園に暮らしている。
e0266067_15174072.jpg
(C):金沢動物園・展示パネルより。


ブログ内関連投稿記事 :
「展示パネルで見る金沢動物園のクロサイ飼育史」

当初はシロサイから始まった金沢動物園のクロサイの
飼育史が詳しくまとめられたとても興味深い
パネル展示。
http://sainomimy.exblog.jp/21246861/
(2013.11.02)


ローラもロンもまだ28才なので、
このカップルからの赤ちゃん誕生も
また期待できる。


< 2016年の出来事 >

大記録達成!!

7/14 安佐動物公園 
クロサイのハナ♀が、50才となり
クロサイ世界最高齢記録を達成。

http://sainomimy.exblog.jp/24535966/



誕生

8/13 広島でクロサイの子(♀)
安佐動物公園
母:サキ、父:ヘイルストーン。
「ニコ」と名付けられる。
http://sainomimy.exblog.jp/25105498/

8/27 イギリスでクロサイの子(♂)
Lympne Wild Park
赤ちゃんの父親は、天王寺動物園
生まれでイギリスに渡った
クロサイのサミー(父:トミー、母:サッチャン)。
「Zuri」 と名付けられる。
http://sainomimy.exblog.jp/24757876/


10/11 米国でクロサイのクロサイの子(♀)
アイオワ州 Blank Park Zoo
赤ちゃんの母親は、安佐動物公園生まれで米国に渡ったトシ♂
(ハナとクロの第一子)の娘アヤナ。
命名はこれから。
http://sainomimy.exblog.jp/24741510/


妊娠

金沢動物園のクロサイ、ローラがまもなく
出産予定!

http://sainomimy.exblog.jp/25106984/



移動

2/29 クロサイ・ライ(♂5才)
愛媛・とべ動物園 → 大阪・天王寺動物園
http://sainomimy.exblog.jp/25106614/

3/14 インドサイ・チャンプ(♂2才)
横浜・金沢動物園 → 山口・秋吉台サファリランド
http://sainomimy.exblog.jp/24251653/

6/09 クロサイ・ユキ(♀4才)
広島・安佐動物公園 → 仙台・八木山動物園
http://sainomimy.exblog.jp/24497414/



死亡

1/22 熊本・熊本市動植物園
シロサイ・めぐみ ♀36才
http://sainomimy.exblog.jp/24107489/

5/26 埼玉・東武動物公園
シロサイ・ガンテツ ♂推定42才
http://sainomimy.exblog.jp/25104732/

10/29 福岡・福岡市動物園
シロサイ・ロック ♂推定45才
http://sainomimy.exblog.jp/24860340/



以上が、今年の日本の動物園のサイに
関連する主要な出来事でした。

何と言っても、快挙は50才になったクロサイの
ハナさんの世界最高齢記録達成です。飼育員さん達の
長年の日々の努力とハナさんの強さの賜物だと思います。

そして、8月にハナさんの新たな孫のニコちゃんが
生まれたのに続いて、イギリスとアメリカで
2頭のひ孫が生まれています。まるで、ハナさんの
記録達成を祝っているかのように・・。

日本生まれのサイの血をひく子どもたちは、海外の動物園で
新たな血統として重要な役割を果たします。逆もそうですが。
みな元気に育って欲しいです。

ちょっと心配だったライくんも、新しい環境に
ゆっくり無理なく順応できるように優しくして
もらってだんだん馴染んでいるようですし、
チャンプもユキちゃんも持ち前の元気さで
移動の試練を乗り切ったようで、本当によかったです。

今年、旅立ったシロサイのめぐみさんは
誕生以来36年間、ガンテツさんは開園以来35年間、
そしてロックさんは何と40年間と、同じ動物園で
とても長く飼育されていました。それだけに
いなくなってしまった寂しさは大きいと思います。
これで熊本と福岡でのサイ飼育が終わってしまったのは
とても残念です。


そして最後に、改めて
ローラさんがつつがなく
出産できますように!

2017年がサイにとって
よい年になりますように。

野生のサイの密猟が
なくなりますように。




10月29日、国内最高齢のオスの
シロサイ、推定45才のロックが死亡。


ロックさんは野生のアフリカ生まれで、
福岡市動物園に来たのが1976年5月20日。

40年間も同動物園にいたということは、
ロックさんからすると、自分を見に来た子供が、
大人になってその子供を連れて来たという場面に
遭遇したこともきっとあっただろう。

参照記事 :
1.ミナミシロサイ「ロック」の死亡について
2.45歳、国内の雄で最高齢 ミナミシロサイ死ぬ 福岡市動物園


動物園では今年5月、ロックの更なる長生きを願いつつ
来日40周年記念のイベントが開催され、ロックさんと
同い年の入場者との記念撮影も行なわれた。


参照記事 :
3.シロサイの「ロック」来園40周年イベント

e0266067_22273611.jpg
(C):福岡市動物園


今年9月22日「世界サイの日」には
ロックさんのガイドや、サイのことを知らせる
多彩な展示が行なわれた。

e0266067_22431134.jpg


(C):福岡市動物園


同時にロックさんの日常の様子などを
詳しく知らせるための「ロック新聞」創刊号も
発行された。穏やかなロックさんが、
愛されていたことが伝わる紙面だ。

e0266067_18411734.jpg


参照記事 :
4.今日9月22日は「世界サイの日」でした。
5.「ロック新聞」創刊号、来園40周年ありがとう。
6.「ロック新聞」創刊号


9月22日の「世界サイの日」からこんなに早く
旅立ってしまい、「ロック新聞」も創刊号だけで
終わってしまうことは本当に残念。

でも、餌の与え方など高齢であることが充分に配慮された
世話を受けていたロックさんは、前日まで
食欲もあり元気に暮らすことができてよかった。


今年1月、めぐみの死亡でシロサイ飼育が終了した
熊本市動物園に続き、福岡市動物園でもこれで
シロサイ飼育が終了。

現在、九州でシロサイが飼育されているのは
鹿児島の平川動物園と、大分のアフリカンサファリだけ
となった。


ブログ内関連投稿 :
「熊本の高齢シロサイが死亡」
http://sainomimy.exblog.jp/24107489/
(2016.02.03)



埼玉の東武動物公園の
オスのシロサイ、
ガンテツが死亡。


e0266067_18480923.jpg
ガンテツ 2014.06.09撮影


1981年の東武動物公園のオープン以来、
35年間ずっと連れ添ってきたシロサイの
熟年カップルのガンテツとヨシコ。

野性でも群れで暮らすシロサイなので、
クロサイやインドサイとは異なり、
動物園でも2頭は同じ放飼場で
穏やかに過ごしていた。
e0266067_18430934.jpg
ガンテツ&ヨシコ 2014.06.09撮影


共に1980年にアフリカからやってきて
現在、推定約42才。

オスのガンテツは3月頃から食欲不振が続き、
5月26日、展示場で横たわって死亡している
ところが発見された。死因は老衰。

ガンテツとヨシコのあいだには
子供はなかった。


同一ブログ関連投稿記事 :

"33年間連れ添う美しきクロサイ夫婦"
http://sainomimy.exblog.jp/22135099/
(2014.06.09)

”東武動物公園 熟年シロサイ・カップル”
http://sainomimy.exblog.jp/17990981/
(2011.07.16)



参照記事 :
1.シロサイのガンテツ、老衰死 東武動物公園



追加情報 :
長年連れ添ったパートナーのガンテツを失ったヨシコさんの
その後はどうかと心配になるが、東武動物公園の公式ブログに
よると7月現在、食欲もあり元気にしているそうだ。

「ヨシコの1日」 (東武動物公園ブログ・7/27の記事)
http://blog.livedoor.jp/tobutobu1/archives/52045923.html#comments

e0266067_19411155.jpg
Photo(C):東武動物公園



1月22日、熊本市動植物園の
ミナミシロサイ、
めぐみ(♀36才)が死亡。

死因は腸炎。昨年4月頃から体調を崩し、
12月から展示を中止していた。
e0266067_21561139.jpg
Photo(C):熊本市動植物園

めぐみは1979年10月12日に同園で誕生し、
36才で死亡するまでずっと熊本市動植物園で
暮らした。母親は1979年に来園した幸。

人懐っこく、来園者に寄っていって
撫でられる人気者のサイだったという。

ちょうど1年前の2015年1月には、パートナーの
タロウ(39才♂)が死亡、今回のめぐみの死亡で
熊本市動植物園のシロサイ飼育は終了となった。


2013年9月には、長崎バイオパークも
ドカチン(♂35才)が死亡して、
シロサイ飼育が終了。

現在、九州でシロサイを飼育しているのは、
福岡市動物園、鹿児島の平川動物園および
大分の九州自然動物公園のみとなった。

福岡市動物園のシロサイ、ロックは
1976年5月に来園、それから40年経つ現在、
44才くらいのようだ。

平川動物園のシロサイ、シノも高齢。
同園では、クロサイ(サニー♀6才)も
飼育されている。


ブログ内関連記事 :
「今年になって高齢のシロサイ相次いで死亡」
http://sainomimy.exblog.jp/i34/
(2015.01.28)

参照記事 :
1.ミナミシロサイ、めぐみ死ぬ 熊本市動植物園
2.シロサイの「ドカチン」が死亡しました
3.ミナミシロサイの「めぐみ」が死亡しました。