このインドサイ母子はだーれ?


赤ちゃんは、
ーストラリアで
初めて誕生したインドサイの子!

e0266067_20130501.jpg
(C):Taronga Zoo


東山動物園のインドサイのニルギリは
1999年と2003年にオスの子を出産している。
2003年生まれの子は、今も東山にいるセラ。

1999年生まれの子は、ドラ。

この年に中日ドラゴンズが11年ぶりに
セリーグ優勝したことから、
ドラと名付けられたそうだ。

名古屋市とオーストラリアのシドニーが
姉妹都市であることから、
ドラは2002年にオーストラリアのシドニーにある
タロンガ動物園に寄贈された。

その後ドラは繁殖のために、タロンガ動物園から
系列のWestern Plains 動物園に移動。

そして、2015年10月25日に Dora と
アメリカ生まれのAmala♀ のあいだに
オスの子 Rajah が誕生。

それが、オーストラリアで初めて生まれた
インドサイの赤ちゃんなのだ!

ラジャーくんのことは、
名古屋のニルギリばあちゃんとセラおじちゃん、
そして日本中のインドサイ・ファンが
応援しているからね。

彼は今年の10月で2才、
もうずいぶん大きくなっているでしょうね。

e0266067_20282895.jpg

(C):Taronga Zoo


こうして東山動物園生まれのドラは、
オーストラリアに渡って13年後、
オーストラリアで最初に誕生した
大切なインドサイの子の父親となったのである。


参照記事 
2:豪でインドサイの贈呈式/東山動物園から
2.Here Is Australia's Newest And Cutest Baby Rhino
(かわいい動画あり)



< 2016年の出来事 >

大記録達成!!

7/14 安佐動物公園 
クロサイのハナ♀が、50才となり
クロサイ世界最高齢記録を達成。

http://sainomimy.exblog.jp/24535966/



誕生

8/13 広島でクロサイの子(♀)
安佐動物公園
母:サキ、父:ヘイルストーン。
「ニコ」と名付けられる。
http://sainomimy.exblog.jp/25105498/

8/27 イギリスでクロサイの子(♂)
Lympne Wild Park
赤ちゃんの父親は、天王寺動物園
生まれでイギリスに渡った
クロサイのサミー(父:トミー、母:サッチャン)。
「Zuri」 と名付けられる。
http://sainomimy.exblog.jp/24757876/


10/11 米国でクロサイのクロサイの子(♀)
アイオワ州 Blank Park Zoo
赤ちゃんの母親は、安佐動物公園生まれで米国に渡ったトシ♂
(ハナとクロの第一子)の娘アヤナ。
命名はこれから。
http://sainomimy.exblog.jp/24741510/


妊娠

金沢動物園のクロサイ、ローラがまもなく
出産予定!

http://sainomimy.exblog.jp/25106984/



移動

2/29 クロサイ・ライ(♂5才)
愛媛・とべ動物園 → 大阪・天王寺動物園
http://sainomimy.exblog.jp/25106614/

3/14 インドサイ・チャンプ(♂2才)
横浜・金沢動物園 → 山口・秋吉台サファリランド
http://sainomimy.exblog.jp/24251653/

6/09 クロサイ・ユキ(♀4才)
広島・安佐動物公園 → 仙台・八木山動物園
http://sainomimy.exblog.jp/24497414/



死亡

1/22 熊本・熊本市動植物園
シロサイ・めぐみ ♀36才
http://sainomimy.exblog.jp/24107489/

5/26 埼玉・東武動物公園
シロサイ・ガンテツ ♂推定42才
http://sainomimy.exblog.jp/25104732/

10/29 福岡・福岡市動物園
シロサイ・ロック ♂推定45才
http://sainomimy.exblog.jp/24860340/



以上が、今年の日本の動物園のサイに
関連する主要な出来事でした。

何と言っても、快挙は50才になったクロサイの
ハナさんの世界最高齢記録達成です。飼育員さん達の
長年の日々の努力とハナさんの強さの賜物だと思います。

そして、8月にハナさんの新たな孫のニコちゃんが
生まれたのに続いて、イギリスとアメリカで
2頭のひ孫が生まれています。まるで、ハナさんの
記録達成を祝っているかのように・・。

日本生まれのサイの血をひく子どもたちは、海外の動物園で
新たな血統として重要な役割を果たします。逆もそうですが。
みな元気に育って欲しいです。

ちょっと心配だったライくんも、新しい環境に
ゆっくり無理なく順応できるように優しくして
もらってだんだん馴染んでいるようですし、
チャンプもユキちゃんも持ち前の元気さで
移動の試練を乗り切ったようで、本当によかったです。

今年、旅立ったシロサイのめぐみさんは
誕生以来36年間、ガンテツさんは開園以来35年間、
そしてロックさんは何と40年間と、同じ動物園で
とても長く飼育されていました。それだけに
いなくなってしまった寂しさは大きいと思います。
これで熊本と福岡でのサイ飼育が終わってしまったのは
とても残念です。


そして最後に、改めて
ローラさんがつつがなく
出産できますように!

2017年がサイにとって
よい年になりますように。

野生のサイの密猟が
なくなりますように。




6月9日、広島の安佐動物公園の
クロサイのユキ(4才♀)が、
仙台の八木山動物園に移動。


e0266067_14381721.jpg
















2014年9月、2才8ヵ月の頃。↑
のびのび育てられ活発なユキちゃん。
出生時の推定体重30kg、現在は約1トン。

e0266067_14412082.jpg

ブログ内関連投稿:
”広島・安佐のクロサイ、ユキ嬢ちゃん 2014.09.15 ”

http://sainomimy.exblog.jp/22468916/



6月4日(土)の閉園後にサイ舎に輸送箱が設置された。
そして、仙台への出発予定の6月9日(木)午後から
輸送箱への収容作業を開始。
 
実際には、輸送箱に入るまでに時間がかかり、
9日夜8時にようやく入ったそうだ。八木山動物園に
到着したのは翌日午前11時だった。


安佐でユキちゃんを輸送箱に入れる作業の様子↓

e0266067_00201436.jpg
(C)安佐動物公園、公式ツイッターより↑



こんな風に両親に甘えて育ったユキちゃん、↓
ひとりで箱に入るのは不安だったのよねー。

お父さんを含めたクロサイ一家が一緒にいるのは
安佐動物功公園だけなので、この”絶景”が見られるなく
なるのは寂しい。

e0266067_23590972.jpg
左からサキ(母)、ユキ、ヘイルストーン(父)↑

 
八木山にはパートナーをずっと待っていた
アースくん(11才♂)がいる。

アースは 2005年1月24日生まれ、
2009年10月5日横浜の金沢動物園から八木山へ。

アースとユキは、いとこ同士の関係だ。

アースの父親・ロン:安佐のハナさんとクロの第7子
ユキの母親・サキ :安佐のハナさんとクロの第9子


クロとハナの10頭の子どもたち。↓
e0266067_11210803.jpg
安佐動物公園の園内解説板より ↑



●Youtube に6/28にアップされた入園者の動画を見ると
ユキちゃんとアースは相性がよさそうな感じです。
ユキちゃんも新しい環境で落ち着いているように
見えます。よかった!




参照記事 :
1.クロサイが仲間入りします!(仙台市ホームページ)
2.クロサイを搬出します(安佐動物公園)



金沢動物園のインドサイの子チャンプ
3月14日に、山口県の秋吉台サファリランドに
移動。26日から秋吉台で公開が始まった。

14日、チャンプは輸送箱に入って横浜から陸路、山口へ。

金沢動物園では、もうすぐ2才2ヶ月の大きくなった
チャンプの体重を測れる体重計がなかったが、
輸送の際に1.4トンと判明したようだ。約70kgで生まれて、
2年間で20倍!体長は、約3.5m。



e0266067_15565004.png
(C):金沢動物園

        

これは輸送箱に入る練習のときのチャンプ。
チャンプは結構、警戒している様子だったらしい。
e0266067_15544419.png
(C):金沢動物園

参照記事 :金沢動物園公式ツイッターより
https://twitter.com/kanazawazoo317/status/709654490215948288


そして出発の翌日、15日に山口県の秋吉台サファリランドに到着。

25日には記者公開され、26日から一般公開。
e0266067_16123693.jpg
(C):秋吉台サファリランド


e0266067_16153298.jpg
(C):秋吉台サファリランド


西日本で初めてのインドサイということで注目されている。
これまでインドサイ飼育は、東京の多摩動物公園♂2♀1、
横浜の金沢動物園♂2♀1、名古屋の東山動物園♂2♀1と
東日本のみだった。日本のインドサイはチャンプを含めて合計9頭。

参照記事:秋吉台サファリランドHPのチャンプ公開についての記事
http://www.safariland.jp/cgi-bin/disp.cgi?code=10362&mode=one&no=8



山口新聞「インドサイ きょうから公開ー秋吉台サファリ」
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0326/10p.html

金沢動物園公式ブログ
「チャンプの出園」

秋吉台ではまだ先のことではあるが、いずれはチャンプを
サファリの広いスペースで他の動物と一緒に放すことを
考えているそうだ。そうなったら、日本のインドサイでは
初の光景となる。





2月29日、愛媛・とべ動物園の
クロサイ・ライくんが、
大阪の天王寺動物園に移動。

クロサイのライくんは、2011年2月18日生まれで
今年5才。寂しがりで気が弱いところもあるようなので
長く一緒に過ごしたお母さんと別れるのがちょっと心配。

e0266067_20175821.jpg
2011.07.08 撮影。ライくん生後4ヶ月。


ブログ内関連投稿記事:
「とべ動物園のbaby ライくんに会いに行く」
http://sainomimy.exblog.jp/17991314/



小さくて可愛かったライくんも
出発時の体重は1200kg。
e0266067_11570466.jpg
Photo(C):とべ動物園



移動先の天王寺動物園には、
トミー(♂33才)とサミア(♀3才)がいて、
将来的にはサミアちゃんとライくんとの
あいだに繁殖が期待される。

ライくん、新しい環境で頑張って
自立してね!


参照記事 :
1.「動物の引越し・クロサイ編」(byライくん担当者)
2.ライ2才、「クロサイのライ」(とべ動物園公式ブログ)
3.動物園写真クラブ愛媛のサイのページ
  (とべのクロサイ・ファミリーの家族の詳細な説明あり。)
4.「ライくん、ようこそ天王寺動物園へ」(天王寺動物園公式ブログ)

地球に4頭だけになった
キタシロサイの種の存続のための
最後の手段は、生息数が多いミナミシロサイの
メスに代理母になってもらうこと。


11月5日、サンディエゴ動物園サファリパークの
Rhino Rescue Center に南アフリカから
6頭のミナミシロサイが到着した。

e0266067_15071293.jpg
Photo(C):Sandiego Zoo

南アフリカから22時間のフライト中もよく食べよく寝て
とても元気だそうだ。

すべてメスで、年齢は4才から7才。
サンディエゴ動物園のRhino Rescue Center に
やってきたのはキタシロサイの代理母になるためであり、
公開展示されることはない。

この6頭は、地球上にもはや4頭しか残っていない
キタシロサイの種を存続させることに協力するため、
南アフリカのヨハネスバーグのプライベート・リザーブから
サンディエゴ動物園に送られた。

サンディエゴ動物園には、キタシロサイ最後の4頭の
うちの1頭であるメスのノラが飼育されているが
41才という高齢のため繁殖能力はない。

Rhino Rescue Center では、冷凍保存されている
キタシロサイの精子と卵子を使用して人口授精し、
受精卵をミナミシロサイのメスの子宮に着床させる
ことで代理母とすることの成功をめざしている。

研究者たちは、今後10年から15年のうちには
代理母からキタシロサイの子が生まれることになる
だろうと予測している。

サンディエゴ動物園は、サイの繁殖に最も実績のある
動物園のひとつで、これまでに94頭のシロサイ、
68頭のインドサイ、14頭のクロサイの繁殖実績がある。


地球に残るキタシロサイ4頭の内訳は以下の通り。
============================

●Ol Pejeta野生動物保護区 :

Sudan ♂ 40才を過ぎ、繁殖年齢を超えている。
      (3才のとき、スーダンからチェコへ)
Najin ♀  1989年生まれ
Fatu ♀   2000年生まれ

この3頭は、動物園よりも生息地アフリカの環境の方が
繁殖を促すのではという期待のもとに、2009年、
チェコのドブール・クラーロベ動物園からこの保護区に
移された。

●米サンディエゴの Wild Animal Park  :
Nola  ♀ 41才


予想より早く、もし5年後の2020年頃に、代理母から
キタシロサイの男の子が生まれたら、ケニヤの保護区にいる
2000年生まれのFatu とのあいだに繁殖も可能かもしれない!・・
なんて、ついつい夢みてしまう。



ブログ内関連投稿記事 :
「チェコの動物園のキタシロサイ死亡、残るは地球上に4頭」
(2015.08.01)

「唯一の繁殖可能だったキタシロサイのオスが死亡」
(2014.10.25)

参考記事1より原文一部引用 :

"The San Diego Zoo Safari park got six early Christmas presents in the form of southern white rhinos Thursday. The female rhinos, all between four and seven years old, arrived after a 22-hour flight from South Africa."


参照記事 :
1. 6 white rhinos arrive in San Diego to be surrogate mothers
2.Rhinos Arrive in San Diego to Become Surrogates and Help Save a Species


現在、世界で唯一、動物園で飼育されていたスマトラサイ、
米シンシナティ動物園の Harapan (♂ 8才)の繁殖目的での
インドネシアのスマトラサイ・サンクチュアリーへの移動が
完了した。50時間の長旅であったが、到着後も元気にしている
そうだ。

これで、動物園で見られるスマトラサイはいなくなってしまったが、
もはや地球上に約100頭しか生息せず、絶滅寸前の状況では
1頭でも多く増やすことが種の存続のためには切実な課題と
なっているのが現状だ。

スマトラ島のサンクチュアリーには、メスが3頭いるので
繁殖が期待できる。

Harapan
e0266067_11505480.jpg
Photo(C):©Michelle Curley / The Cincinnati Zoo / AFP


詳しいことは、こちらの投稿記事へ ↓
http://dearhino.exblog.jp/21798124/


ブログ内関連記事
「米のスマトラサイ、繁殖のためインドネシアへの移動が決定」
http://sainomimy.exblog.jp/23634055/
(2015.09.07)





米オハイオ州のシンシナティ動物園の
スマトラサイ(2007年生まれ、♂8才)
Harapan が、10月、繁殖のため
インドネシアのスマトラサイ・
サンクチュアリーに移動することが決定。


e0266067_20081040.jpg
Photo(C):Cincinnati Zoo


参照記事 :
1.Cincinnati Rhino needed in Sumatra.
2.Can we save the sumatran rhino ?
3.Only Sumatran Rhino in U.S.To Be Sent To Breed.
4.American effort to breed rare rhinos end Cincinnati.


もはや地球上に約100頭しか生息していないと言われる
スマトラサイ、保護下では現在9頭、そのうち東南アジア以外に
暮らしているのは、この Harapan のみ。

スマトラサイとは、体毛が生えた最も小さいサイズのサイで、
スマトラ島とボルネオ島に生息している。角は2本。

移動先は、インドネシアのスマトラ島南部の
Way Kambas 国立公園のなかの100ヘクタールほどの
広さのSumatran Rhino Sanctuary。

熱帯雨林のなかで、周囲を電気柵で囲われている
その場所は、”ジュラシック・パーク” を彷彿とさせる
という。

現在、そこで以下5頭のスマトラサイが暮らしていて、
うち3頭が♀なので、Harapan との繁殖の可能性が
期待される。


●Andalas ♂ :
Harapan の兄。2001年生まれ。2007年に
シンシナティ動物園からインドネシアに渡った、

● Ratu ♀ :
推定1999年生まれ、Andatuをパートナーとして
繁殖成功。

●Andatu  ♂ :
2012年生まれの、Andalas と Ratu の息子。
ここ100年に飼育下で生まれた4番目のスマトラサイ。

●Rosa ♀
Harapan との繁殖の第一候補。
Ratu と Bina とのあいだの年齢。

●Bina ♀
推定、約30才だが、繁殖の可能性はある。
少なくとも、人工授精は可能。


お兄さんのAndalas に続いて、アメリカ育ちの
Harapan がルーツの地スマトラで、
父親になり、スマトラサイの血を繋げて
くれることを是非とも期待する。

アメリカからスマトラ島までは60時間の長旅。
現在、馴らすために、Harapanの寝室には
輸送箱が置かれ、また、インドネシアの
熱帯雨林での暮らしに備えたワクチンや
薬が投与されている。

25年に渡るシンシナティ動物園での、
スマトラサイ繁殖プログラムは、
Andalas, Suci(死亡)、Harapanという
きょうだい3頭の誕生の成果をもって
これで終了となる。


その他、ボルネオ島のマレーシア領サバ州の
Danum Valley の保護下に、3頭の
スマトラサイ(Tam, Puntung, Iman)が暮らし、
繁殖が望まれるが、メスの卵巣腫瘍などで
なかなか難しい状況だ。


ブログ内関連投稿 :

「米シンシナティ動物園にマレーシアからスマトラサイが来るのか?」
http://sainomimy.exblog.jp/21718117
(2014.03.02)

「米シンシナティ動物園、スマトラサイ♀(9才)Suci
3月30日、死亡。」

http://sainomimy.exblog.jp/21844345
(2014.04.01)

「スマトラサイ・至難の繁殖」
http://dearhino.exblog.jp/19691262/
(2014.04.18)

「生まれたばかりの Andatu の貴重な動画 」
スマトラサイの子の授乳と水遊びの光景は
とっても可愛く必見! ↓
http://dearhino.exblog.jp/16057457
(2012.06.29)


参照記事2より、原文一部引用 :
"The United States is looking at extending the species of Sumatran Rhinos in the land as it sends off its last male rhino named Harapan to Indonesia to breed."



6月11日に独ライプチヒから大阪にやって来た
クロサイのサミアちゃん(1才10ヶ月)。

天王寺動物園のスタッフブログでは、サミアちゃんの
様子を7月20日、21日そして23日と3連続で
たくさんの写真と共に伝えてくれています。

気になっていたので、とても有難い!


まずは、20日の記事。↓
「サミアちゃん サブパドックお初」

サブパドックを元気に歩き、枝もバリバりかじり、
トミーの気配にも興味津々。記事にはその様子の動画も
ありました。

e0266067_00115838.jpg
Photo(C):天王寺動物園

32才のおっちゃんトミーも、サミアちゃんのことが
気になって、放飼場の奥の方に行ってしまい、
入園者には見えなくなることもあるそうです。

2014年1月に41才で旅立った、長年連れ添った
トミーの愛妻サッチャンも、そんな彼を温かく見守って
くれていることと思いましょう!



そして、21日の記事は、
「サミアちゃん、初放飼場~♪」
サミアちゃん、休園日には、いつもはトミーが出ている
大きな放飼場に出ました。公開に備えての練習です。


e0266067_18474817.jpg
Photo(C):天王寺動物園


軽やかな足取りで歩きまわり、飼育員の方が名前を呼ぶと
近づいて手からエサを食べたそうです。

サミアちゃん、新しい環境にも随分と慣れてのびのびと
過ごしているみたいですね。


さらに23日の記事では、↓
「サミアちゃんはドロ遊びがお好き!」

水たまりで活発に泥浴びを楽しんだようです。


e0266067_18481871.jpg
Photo(C):天王寺動物園


同じドイツから、同じ時期にそれぞれ
横浜と大阪に来てくれたクロサイのお嬢ちゃんたち、
アキリ(2才11ヶ月)とサミア(1才9ヶ月)の
これからの成長を見せてもらえるのがとても
嬉しい。

そして、可愛いお嬢ちゃんたちを送り出してくれた
ベルリン動物園とライプチヒ動物園に感謝!


ブログ内関連投稿 :

「ドイツからクロサイの子が来園」
http://sainomimy.exblog.jp/23262330/
(2015.06.12)

「クロサイ、サッチャン死亡」
http://sainomimy.exblog.jp/21585290/
(2014.01.18)





6月11日に、ドイツのライプチヒ動物園から
大阪の天王寺動物園にやってきたクロサイの女の子、
サミアちゃん(1才9か月)は、まだしばらくは非公開だが、
天王寺動物園のスタッフブログと、フェイスブックにおいて
近況が伝えられている。


●天王寺動物園の飼育ブログ
http://blog.zaq.ne.jp/zoo_tennoji5/article/406/#Trackback
「サミアちゃん」6月14日付

この時点では、座って休んでいることが多いとか。
ちょっとネズミっぽい丸くて大きな耳が子どもらしくて可愛い!
e0266067_15030265.jpg
Photo(C):天王寺動物園




●天王寺動物園FB記事 6月25日付
https://www.facebook.com/tennojizoo/posts/1606717549604467

「まだ検疫期間中ということでお部屋にこもりきりで退屈そうです」
(フェイスブック記事より)
e0266067_15175929.jpg

Photo(C):天王寺動物園


夏休みの頃には公開されていると思うが、
サミアちゃんがいたドイツのライプチヒは
日本に比べると随分と北で、下の気温グラフを
見ると、真夏の最高気温でも25度に達しないようだ。
初めての大阪の夏の暑さにびっくりして、
体調を崩さないことを願う。

青の細線 ライプチヒの最高気温
青の太線 ライプチヒの最低気温

赤線は東京。
e0266067_15335363.gif

夏の暑さを乗り切れば、冬は大阪の方が暖かくて
過ごしやすいはず。

下の棒グラフは降水量だが、ライプチヒ(赤い棒線)は雨が少ない。
動物園のサイは、雨が降ると元気に動き出すので、その点でも日本は
サミアにとって楽しいかもしれない。

サミアの来日の1週間前に、ベルリンから
横浜のズーラシアに来たクロサイのアキリに
とっても同じことが言えるだろう。

気温のグラフ↓
http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/infomation/kion/germany_leipzig.htm