このインドサイ母子はだーれ?


赤ちゃんは、
ーストラリアで
初めて誕生したインドサイの子!

e0266067_20130501.jpg
(C):Taronga Zoo


東山動物園のインドサイのニルギリは
1999年と2003年にオスの子を出産している。
2003年生まれの子は、今も東山にいるセラ。

1999年生まれの子は、ドラ。

この年に中日ドラゴンズが11年ぶりに
セリーグ優勝したことから、
ドラと名付けられたそうだ。

名古屋市とオーストラリアのシドニーが
姉妹都市であることから、
ドラは2002年にオーストラリアのシドニーにある
タロンガ動物園に寄贈された。

その後ドラは繁殖のために、タロンガ動物園から
系列のWestern Plains 動物園に移動。

そして、2015年10月25日に Dora と
アメリカ生まれのAmala♀ のあいだに
オスの子 Rajah が誕生。

それが、オーストラリアで初めて生まれた
インドサイの赤ちゃんなのだ!

ラジャーくんのことは、
名古屋のニルギリばあちゃんとセラおじちゃん、
そして日本中のインドサイ・ファンが
応援しているからね。

彼は今年の10月で2才、
もうずいぶん大きくなっているでしょうね。

e0266067_20282895.jpg

(C):Taronga Zoo


こうして東山動物園生まれのドラは、
オーストラリアに渡って13年後、
オーストラリアで最初に誕生した
大切なインドサイの子の父親となったのである。


参照記事 
2:豪でインドサイの贈呈式/東山動物園から
2.Here Is Australia's Newest And Cutest Baby Rhino
(かわいい動画あり)



地球に4頭だけになった
キタシロサイの種の存続のための
最後の手段は、生息数が多いミナミシロサイの
メスに代理母になってもらうこと。


11月5日、サンディエゴ動物園サファリパークの
Rhino Rescue Center に南アフリカから
6頭のミナミシロサイが到着した。

e0266067_15071293.jpg
Photo(C):Sandiego Zoo

南アフリカから22時間のフライト中もよく食べよく寝て
とても元気だそうだ。

すべてメスで、年齢は4才から7才。
サンディエゴ動物園のRhino Rescue Center に
やってきたのはキタシロサイの代理母になるためであり、
公開展示されることはない。

この6頭は、地球上にもはや4頭しか残っていない
キタシロサイの種を存続させることに協力するため、
南アフリカのヨハネスバーグのプライベート・リザーブから
サンディエゴ動物園に送られた。

サンディエゴ動物園には、キタシロサイ最後の4頭の
うちの1頭であるメスのノラが飼育されているが
41才という高齢のため繁殖能力はない。

Rhino Rescue Center では、冷凍保存されている
キタシロサイの精子と卵子を使用して人口授精し、
受精卵をミナミシロサイのメスの子宮に着床させる
ことで代理母とすることの成功をめざしている。

研究者たちは、今後10年から15年のうちには
代理母からキタシロサイの子が生まれることになる
だろうと予測している。

サンディエゴ動物園は、サイの繁殖に最も実績のある
動物園のひとつで、これまでに94頭のシロサイ、
68頭のインドサイ、14頭のクロサイの繁殖実績がある。


地球に残るキタシロサイ4頭の内訳は以下の通り。
============================

●Ol Pejeta野生動物保護区 :

Sudan ♂ 40才を過ぎ、繁殖年齢を超えている。
      (3才のとき、スーダンからチェコへ)
Najin ♀  1989年生まれ
Fatu ♀   2000年生まれ

この3頭は、動物園よりも生息地アフリカの環境の方が
繁殖を促すのではという期待のもとに、2009年、
チェコのドブール・クラーロベ動物園からこの保護区に
移された。

●米サンディエゴの Wild Animal Park  :
Nola  ♀ 41才


予想より早く、もし5年後の2020年頃に、代理母から
キタシロサイの男の子が生まれたら、ケニヤの保護区にいる
2000年生まれのFatu とのあいだに繁殖も可能かもしれない!・・
なんて、ついつい夢みてしまう。



ブログ内関連投稿記事 :
「チェコの動物園のキタシロサイ死亡、残るは地球上に4頭」
(2015.08.01)

「唯一の繁殖可能だったキタシロサイのオスが死亡」
(2014.10.25)

参考記事1より原文一部引用 :

"The San Diego Zoo Safari park got six early Christmas presents in the form of southern white rhinos Thursday. The female rhinos, all between four and seven years old, arrived after a 22-hour flight from South Africa."


参照記事 :
1. 6 white rhinos arrive in San Diego to be surrogate mothers
2.Rhinos Arrive in San Diego to Become Surrogates and Help Save a Species


多摩のインドサイ、
ナラヤニ♀の発情に合わせて
ビクラム♂と一緒に!

ビクラム ♂ 推定13才。
ネパールのチトワン国立公園生まれ。
幼少のとき、ベンガルトラに襲われた時の傷のために
耳が垂れている。2002年、多摩動物園へ。

e0266067_17552611.jpg

ナラヤニ ♀ 推定13才。
ビクラムと同じく、ネパールのチトワン国立公園生まれで
2002年に多摩動物園へ。

e0266067_17551124.jpg
17日から、同じ放飼場に出されているナラヤニとビクラム。
21日は、インドサイ・ガイドがあった。昨年からこうして
繁殖をめざし、試行錯誤が行われているが、なかなか
難しいようだ。緊張感のある関係が持続しないところが
問題というか・・・

e0266067_17545484.jpg

いつも積極的なのはナラヤニ♀のように見える。
e0266067_17542970.jpg
野生由来の2頭の子どもが生まれることは、
日本で飼育されているインドサイの血統の多様性という面から
理想的なので、コウノトリさん、是非よろしくお願いします。

e0266067_17541316.jpg


e0266067_17535828.jpg
e0266067_17534544.jpg
ばしゃーん!
e0266067_17532897.jpg
e0266067_17531203.jpg
e0266067_17525667.jpg

ビクラム♂とカラス。
e0266067_17523700.jpg

ビクラムとインドガン。
e0266067_17515917.jpg



のちにクロ♂とハナ♀と名付けられる
クロサイ2頭がケニヤから
広島の安佐動物園に到着したのが
今から43年前の1971年7月14日。


ハナは1995年までに10頭の子どもを生み育て
現在の日本の動物園のクロサイの大半が
クロとハナの血を引いているほど
日本の動物園のクロサイの繁殖に貢献した。
そればかりではなく、4頭のこどもを
海外の動物園に送っている。


以下は2011年撮影の安佐動物園の解説パネル ↓
e0266067_15073370.jpg

e0266067_15075960.jpg


2011年9月11日、クロは推定44才で死亡.
e0266067_15292312.jpg



それから3年、
上のパネルに書かれている言葉の通り、
ハナさんはバックヤードで大切にされており
きめ細かく配慮された食事、
競走馬用サプリメントまで与えられ
今日、7月14日、元気に、
推定48才の記念日を迎えることになった。

きっと来年の「巴里祭」の日には、
現存クロサイ長寿世界記録を更新してくれるだろう。


参考図書 :
”「ハナ」は日本一のお母さん”
安佐動物公園編
新日本出版社 2006


米シンシナティ動物園で
姉弟の2頭だけになった
超絶滅危惧種のスマトラサイ。

苦渋の選択で近親繁殖も考えられたが、
マレーシアから繁殖のためにオスが
やってくることになった。


(この計画の実現を待たず、シンシナティ動物園の
メスの Suci が、2014年3月に死亡)



スマトラサイ :
体毛がある小型サイ。密猟や森林破壊のために生息数を減らし、
スマトラ島とボルネオ島に100頭以下、飼育下で約10頭。
現在、最も絶滅に近い大型哺乳類の1種。

e0266067_17453478.jpg
渡米予定のTam ♂、photo : 参照記事1より


参照記事 :
1.Sabah rhinos headed for US zoo on loan(E)
2.Sabah rhinos headed for US Zoo
3.Transfer of Sumatran rhino to Cincinnati Zoo timely

2月19日、マレーシアのサバ州政府は、カリマン島北部
マレーシア領サバ州で飼育下にあるスマトラサイ(♂)のTamを、
米国シンシナティ動物園に貸し出すことを決定した。

これは、サバ州のDanum Valleyに
生き残る最後のスマトラサイを絶滅から守るため、
動物園の自然交配繁殖プログラムに基づいて
行うブリーディング・ローン。

サバ州は、1985年にサイの輸出禁止を決定しており、
これまではサイを貸し出す案には消極的であった。

しかし、サバ州のサイは減少の一途を辿っており、
現在、飼育下にあるメスの Puntung(2011年に繁殖のため
捕獲された。)は、子宮に疾患があることが判明し、
もはや選択の余地はないという判断で、州政府内閣は
サバ州野生生物局からの提案に同意した。

シンシナティ動物園でTamを待つメスのスマトラサイは、
9 才のSuci。サイの繁殖のエキスパートの同動物園の
テリー博士が自然交配で誕生させた3頭のスマトラサイの
うちの1頭。飼育下でのスマトラサイの繁殖は、112年
ぶりという快挙だった。サバ州がサイの貸し出しを決定した
一因には、このテリー博士の実績も大きい。

まったく遺伝子の異なるTam と Suci から生まれる個体が、
以後の世代にとって遺伝子的にも大きな恩恵となることは確かだ。

スマトラサイが絶滅するか否かの分岐点にある以上、
リスクがあってもチャンスに賭けるべき、というのが
今回の決定ということである。

Tam の米国への出発は、今年の夏頃の予定。

それまでに、森林に設置したトラップカメラに2013年12月に
映ったメスをもし捕獲できたら、まずそのメスとの繁殖を
試みる計画があるのだ。

しかし、大雨による地すべりや、1時間も歩くと30匹の蛭に
たかられる、という厳しい状況下での捕獲は容易ではない。


以下、参照記事1より原文一部引用 :

"Kota Kinabalu: The State Cabinet decided unanimously Wednesday to allow the transfer of Sabah’s Sumatran rhinos such as Tam on loan to the Cincinnati Zoo in the US under a collaborative natural breeding in captivity programme to stave off the imminent extinction of Sabah’s last remaining few individuals in Danum Valley."


すべてのことが順調に運んで、
スマトラサイが2頭ふえたら
すばらしい!


ブログ内関連投稿記事 :
「米の動物園、スマトラサイ姉弟、近親交配の選択」
(2013.08.06)

スマトラ島で7頭のスマトラサイの撮影画像!
(2012.08.12)


9月30日に、ナラヤニ(♀)とビクラム(♂)のあいだで
ペアリングが行われたそうだ。
コウノトリさん、よろしくお願いします!

多摩動物園公式 twitter 記事

ビクラムはどこ?
e0266067_17263292.jpg


ここで昼寝中。
e0266067_1727888.jpg

素敵な背中でしょ?
e0266067_17272379.jpg

首のまわりのヒダもちょっと自慢かな?
e0266067_17273989.jpg


ナラヤニさんはどこ?
e0266067_17473589.jpg

ここよ!
e0266067_1748185.jpg

今日は午後、急に強い雨が降ったけど、今は気持ちがいいわ!
e0266067_17482063.jpg
e0266067_17483998.jpg


もうすぐ17才!誕生日おめでとう、ター!

「密猟がこわいから、角は自分で削ったよ。長生きしたいもん。」

e0266067_1812837.jpg


「ターが来る。」
e0266067_18124249.jpg

「こっちに来なくていいのにね。」
e0266067_181321.jpg

「ちょっと場所を変えましょう。」と、同居のインドガンたち。
e0266067_18133648.jpg


早く部屋に戻ってごはんが食べたいターとナラヤニ。
e0266067_1814054.jpg



ブログ内関連投稿記事 :

「多摩のインドサイのペアリング」
http://sainomimy.exblog.jp/20724821/
(2013.06.29)
スマトラサイは野生下で100頭以下。
飼育下では全部で僅か10頭。

米シンシナティ動物園では姉弟2頭しかいないので
繁殖のためにマレーシアあるいはインドネシアから
新しい個体を導入することが悲願であるが、
インドネシアからの可能性は?



参照記事 :
Indonesian National Park Refuses Transfer Of Sumatran Rhinoceros To US(E)


10月2日付の インドネシアの Antara news によると、

インドネシアのWay Kambas 国立公園National Park (TNWK) では
国立公園内のサイ保護エリアのスマトラサイを繁殖のため
アメリカのシンシナティ動物園に移送することは、
考えていない。」 という。


同国立公園の広報担当者らは、次のように語る。

「公園内の保護エリアで飼育中のスマトラサイの出産、
国立公園内での野生の子サイの発見以後、
繁殖のための移送計画も持ち上がっているようだが、
我々としては、スマトラサイを外国に送ることには
賛成しない。

このWay Kambas 国立公園のなかの保護エリアは、
スマトラサイが自然に生息し繁殖する場所だ。

イギリスとアメリカに送ったスマトラサイのうち
少なくとも18頭が新しい環境に適応できずに
死亡した、という1980年代の苦い経験から、
我々は学ぶべきである。」 


そして、the Indonesia Rhinoceros Foundation の責任者
Widodo S Ramono氏は、

「しかしながら、我々は、シンシナティ動物園と
スマトラサイの繁殖について知識を共有し、
その繁殖への努力を評価している。

国際的団体がスマトラサイに取り組むようになれば、
保護エリアの拡充につながるのではないか。」 と言う。



以下、参照記事より原文一部引用

”The preservation area in TNWK is a natural habitat of Sumatran rhinoceros (Dicerorhinus sumatrensis), a creature that can breed
naturally.

"Indonesia should learn from the bad experience in the 1980s when at least 18 Sumatran rhinoceri died in England and the US, as
they could not adapt to the new habitat," Sukatmoko said.”



ブログ内関連投稿 :

http://sainomimy.exblog.jp/20994588/
「スマトラサイの繁殖に新たな展開」 
(2013.08.29)

http://sainomimy.exblog.jp/20836484/
「米の動物園、スマトラサイ姉弟、近親交配の選択」
(2013.08.03)

http://dearhino.exblog.jp/16055754/
インドネシア保護区でスマトラサイの赤ちゃん誕生!
(2012.06.25)
スマトラサイの近親交配という
苦渋の決断をしていた
シンシナティ動物園に
マレーシアから朗報が!!


e0266067_16385162.jpg
(photo : 参照記事2より)

参照記事 :
1.Matchmaking in works for Ohio zoo's Sumatran rhino(E)
2.Matchmaking in Works for Cincinnati Zoo's Sumatran Rhino(E)


生息数が100頭以下となってしまったスマトラサイであるが、
野生以外には、インドネシアとマレーシアの保護区と、
米・シンシナティ動物園で飼育されているスマトラサイは
合計しても10頭。

こうした状況下で、シンシナティ動物園がスマトラサイの
子孫を残すために同動物園で飼育している姉弟関係の
2頭の近親交配させるという苦渋の決断をしたということが、
つい最近報じられた。

しかしその後、シンシナティ動物園を喜ばせる新たな展開があった。

マレーシアのボルネオ島サバ州の観光文化環境大臣の発言によると、
サバ州の当局者は、マレーシアで飼育下にあるオスのTam と
シンシナティ動物園のメスのSuci との繁殖を試みる、という。

その場合、人工授精あるいは、Tam をブリーディングローンで
シンシナティ動物園に送ることになる。

このTam には、野生のメスを繁殖相手として導入する予定があったが、
それは先送りとなる模様だ。


シンシナティ動物園のスマトラサイの繁殖のリーダーの
Terri Roth博士は、「マレーシアのサバで、絶滅危惧種
であるスマトラサイの存続のためにこうした決断を
してくれたことに、私たちは本当に感動している」と語った。



”CINCINNATI (AP) -- Animal conservationists at the Cincinnati Zoo are happy about potential matchmaking for their lone female Sumatran rhino with a Malaysian male.”
(参照記事2より原文一部引用)

---------------------------------
ブログ内における過去関連投稿 :
http://sainomimy.exblog.jp/20836484/
「米の動物園、スマトラサイ姉弟、近親交配の選択」
スマトラサイの絶滅危機の
深刻さは、
ここまで来てしまった。


e0266067_2351692.jpg
Picture Copyright: AFP , 今回のカップリング対象であるメスのSuci

参照記事 :
1.絶滅危惧種スマトラサイ、米動物園が近親交配へ(日)
2.To Save the Sumatran Rhino, Zoo will Attempt to Mate Brother and Sister(E)
3.Cincinnati Zoo seeks to mate rare Sumatran rhino with brother(E)
4.Rhinocéros en danger d'extinction: un zoo américain va faire acccoupler un frère et une soeur(F)


5種類のサイのなかでも最も小さく(体重約600kg~900kg)、
毛の生えた茶色っぽい皮膚、角2本のスマトラサイは、
現在、インドネシアとマレーシアに、少なく見積もると
合計100頭くらいしか生存していない、と考えられ、
絶滅の危機がきわめて高い。

飼育下では、アメリカ、オハイヨ州のシンシナティ動物園に
2頭, そして、インドネシア、マレーシアの保護区で
飼育されているスマトラサイを合わせても
合計10頭だけである。

こうした絶滅への危機的な状況のなかで、
シンシナティ動物園は、スマトラサイの子孫を
残すために、近親交配というリスキーな選択を
することを決断した。

対象となるのは、同動物園生まれ、9才のSuci♀ 
そして、その弟で6才のHarapan♂。
Harapanは同動物園で生まれで、
ロサンゼルス動物園に移動したが、
この計画のために7月にシンシナティ動物園に戻った。
カップリングは8月中に実施予定。


近親交配は、遺伝的異常や、生まれる子の
精子の質の劣化などのリスクがあり、
動物園としては決して望ましくないが、
スマトラサイの人工授精は今まで成功例がなく、
Suciにとって他に繁殖相手がいないのが現実だ。

「たった100頭の生存となってしまった現在、
できるだけ早く頭数を増やすことの方が、
遺伝的多様性の問題よりも先行するだろう。
ここにいる2頭のスマトラサイをアメリカ大陸で
最後に飼育されたスマトラサイにはしたくない。」と
長年、同動物園のでスマトラサイの繁殖に
寄与してきたテリ・ロス博士は語る。

スマトラサイは、地球上で最も絶滅の危機の高い
哺乳類のひとつだ。この20年で、生息地の森の人為的消失、
密猟により、生息数が半減した。

スマトラサイは、、
数千年前に絶滅した毛の生えたサイ
Coelodonta antiquitatis に近縁の
唯一の生き残りで本当に貴重な存在なのである。



2012年6月にインドネシアの保護区でスマトラサイの
赤ちゃん Andatu が生まれたが、そのお父さんの
Andalas は、今回の姉弟を含めた3きょうだいの長兄で、
シンシナティ動物園からこの保護区に繁殖のために
移動している。


ブログ内における過去関連投稿 :
http://dearhino.exblog.jp/16055754/
「保護区でスマトラサイの赤ちゃん誕生!」

---------------------------------------
”2007年にシンシナティ動物園で生まれたHarapan が
またここに戻ってきた。”