人気ブログランキング |

米サファリパークのキタシロサイ死亡、残るは5頭。

2014年12月14日、
米サンディゴ動物園サファリパークの
高齢のキタシロサイ死亡。
これで地球上に残るキタシロサイは
僅か5頭となる。

e0266067_19115259.jpg

Angalifu という名のオスで、推定44才、
1989年にスーダンのKhartoum 動物園から
来園、以来同園で飼育されていた。死亡当時、
老齢による症状で治療中だった。

Angalifu の精子は、将来の体外受精のために保存されている。


同サファリパークでは、Angalifu に加えて、
40才のメスのキタシロサイ、Nola を飼育中。

Nola の他、4頭のキタシロサイは。
チェコの動物園1頭、ケニヤの保護地に3頭が
飼育されている。



参照記事 :

Elderly Northern White Rhino Passes Away at San Diego Zoo Safari Park.

参照記事より、原文一部引用 :
”A northern white rhino, Angalifu, passed away in the early hours of this morning, Sunday December 14. The male rhino, who was estimated to be 44 years of age, was under veterinary care for a variety of age related conditions. His death leaves only 5 Northern white rhinos left in the world: one elderly female at the San Diego Zoo Safari Park, 1 at a zoo in Czechoslovakia and 3 in Africa.”



by sainomimy | 2014-12-20 19:16 | 北米の動物園 | Comments(0)