インドサイ・ナラヤニ&ター@多摩動物園 2017.11.17

11月15日からナラヤニの発情に合わせ
ペアリングのためにインドサイの
ナラヤニ♀とター♂が同居。

今年の9月からター(♂21)が、
ビクラム(♂16)に代わって
ナラヤニ(♀16)の繁殖相手となった。

ブログ内関連記事 :
「また裏庭に戻ったインドサイ・ビクラム♂ @多摩動物公園 」
http://sainomimy.exblog.jp/26226441/
2017.11.17

e0266067_23212564.jpg

e0266067_22592259.jpg

今日は同居3日目で2頭ともに落ち着いている。
初日は激しい応戦があったそうだ。
手前ター、奥ナラヤニ。
e0266067_14382995.jpg

ナラヤニ♀が、ター♂に近づく。
e0266067_23110176.jpg
e0266067_23104002.jpg
e0266067_23033380.jpg
お互い少し反応を示していたが・・・
e0266067_23025894.jpg
e0266067_23024411.jpg
e0266067_23022658.jpg

ターが後退。
e0266067_23020798.jpg

ターはナラヤニに背を向けて、
e0266067_23015177.jpg
立ち去って行った。
e0266067_23012945.jpg

ナラヤニはプールへ。
e0266067_23011206.jpg
ターは広い放飼場をぐるっと回って、
e0266067_23004962.jpg
裏側の中庭に向かう様子。
e0266067_23002548.jpg

ターはナラヤニを避けるように中庭に消えた。
e0266067_22595674.jpg

私達からは見えない位置にある
中庭はこういう風になっている。
e0266067_23214440.jpg

ナラヤニの発情は2か月周期ということで
次の同居は来年1月中旬かと予想される。

ネパール生まれの野生由来のインドサイの
オスとメスを飼育している多摩動物園での
繁殖は日本の動物園のインドサイの血統を
考える上で大変貴重なので繁殖が強く期待され、
ペアリングの試みが続けられているが、
なかなか難しいようだ。


by sainomimy | 2017-11-30 18:00 | 多摩動物園 | Comments(0)