インドの動物園で1才半のサイの子♀がマウントされ死亡


1月12日、インドのアッサム州動物園で

僅か1才半のインドサイのメスのShantiが、

2才のオスのインドサイGaobura

マウントされ、背骨の骨折と多数の斑状出血

という重傷を負い、翌日に死亡。


参照記事 :




当時、この動物園ではこの2頭に加えて

もう1頭のメスも同じ放飼場に放されていた。


3頭は共に、インドのボカカット Bokakhat

野生動物リハビリ保護センターで一緒に

人工哺育で育てられ、昨年この動物園に

移動している。


事件のときは、Shanti が苦しそうに倒れている

というガードマンの通報で飼育担当者が

駆け付けたという。


担当者によると、

「今までこうした事は起こらなかったので

3頭を別々にすることは考えなかったが、

今後のリスクを考え事件後はすぐに

オスのGaobura を、メスと分離させた」

という。


密猟か洪水か何らかの原因で母親を失い、

野生動物保護センターで人工哺育により大切に

育てられたサイの子がこんな悲惨な結末で、

命を奪われたのは悔しい。


サイの孤児施設でサイの赤ちゃん達は

オスとメスが一緒に育てられているが、

オスのサイは2才を過ぎたらかなり大きい。


1才半のメスと2才のオスでは、もし3才に

近かったら尚更だがかなりの体格差が

あると思われる。


力の差も大きいのに、1才半のメスの子サイは

負われて本当に怖かったと思う。そして、

背骨が折れる程の重さでマウントされたら

想像できないような痛みのはずだ。


野生のサイの交尾ではメスが負傷したり

死亡することがあることは知られており、

インドサイやシロサイの飼育経験がある

アッサム動物園でどうしてこうした事態を

予測できなかったのか?


サイの子は野生では3才くらいまで

母親に守られて暮らしているのでこんな目に

合うことはない。動物園での避けられた事故の

犠牲となった小さな メスのインドサイ、

Shanti の短い命が悲しい。


参照記事より一部原文引用 :

Gaobura, the two-year-old male rhino, seriously injured Shanti, the one-and-half-year old female rhino, during a mating attempt on Friday. Shanti was left with backbone injury, including several bruises on her body. She succumbed to injuries on Saturday.


by sainomimy | 2018-01-18 00:46 | アジアの動物園 | Comments(0)