タグ:インドサイ ( 118 ) タグの人気記事


1月12日、インドのアッサム州動物園で

僅か1才半のインドサイのメスのShantiが、

2才のオスのインドサイGaobura

マウントされ、背骨の骨折と多数の斑状出血

という重傷を負い、翌日に死亡。


参照記事 :




当時、この動物園ではこの2頭に加えて

もう1頭のメスも同じ放飼場に放されていた。


3頭は共に、インドのボカカット Bokakhat

野生動物リハビリ保護センターで一緒に

人工哺育で育てられ、昨年この動物園に

移動している。


事件のときは、Shanti が苦しそうに倒れている

というガードマンの通報で飼育担当者が

駆け付けたという。


担当者によると、

「今までこうした事は起こらなかったので

3頭を別々にすることは考えなかったが、

今後のリスクを考え事件後はすぐに

オスのGaobura を、メスと分離させた」

という。


密猟か洪水か何らかの原因で母親を失い、

野生動物保護センターで人工哺育により大切に

育てられたサイの子がこんな悲惨な結末で、

命を奪われたのは悔しい。


サイの孤児施設でサイの赤ちゃん達は

オスとメスが一緒に育てられているが、

オスのサイは2才を過ぎたらかなり大きい。


1才半のメスと2才のオスでは、もし3才に

近かったら尚更だがかなりの体格差が

あると思われる。


力の差も大きいのに、1才半のメスの子サイは

負われて本当に怖かったと思う。そして、

背骨が折れる程の重さでマウントされたら

想像できないような痛みのはずだ。


野生のサイの交尾ではメスが負傷したり

死亡することがあることは知られており、

インドサイやシロサイの飼育経験がある

アッサム動物園でどうしてこうした事態を

予測できなかったのか?


サイの子は野生では3才くらいまで

母親に守られて暮らしているのでこんな目に

合うことはない。動物園での避けられた事故の

犠牲となった小さな メスのインドサイ、

Shanti の短い命が悲しい。


参照記事より一部原文引用 :

Gaobura, the two-year-old male rhino, seriously injured Shanti, the one-and-half-year old female rhino, during a mating attempt on Friday. Shanti was left with backbone injury, including several bruises on her body. She succumbed to injuries on Saturday.


多摩動物公園では夕方4時過ぎ、
室内に戻ったインドサイの食事の光景を
とても近くで見ることができとができる。

準備されている「夕食!」
e0266067_13271465.jpg
3頭分の3つのバケツ。
e0266067_13265493.jpg
ナラヤニ♀が飼育員さんに声をかけられ
室内に戻る。
e0266067_13261898.jpg
一直線に夕食に向かうのではなく
大回りして夕食の前に。
e0266067_13255319.jpg
最初に食べるのは青草、
新鮮で美味しそう。

e0266067_13252824.jpg
「おいしいわよ!」
e0266067_13235568.jpg

e0266067_13250885.jpg

次は食パン。
e0266067_13244434.jpg
次は野菜。
人参はずいぶん小さくカットされている。
切る手間が大変そうだけれど、丸かじりは
しないのかな?
e0266067_13232383.jpg

最後は干し草。
e0266067_13230685.jpg

e0266067_13223092.jpg
ナラヤニさんの美しい足!
e0266067_13225118.jpg

インドサイ達が夕食を食べているとき、
飼育員さんは放飼場のお掃除。
e0266067_11542970.jpg

そして、サイたちが食べたの結果の
大量の大きなフンが回収される。

e0266067_13264149.jpg
3頭のインドサイが健康に暮らせるように
忙しく仕事をしてくれる飼育員さんに感謝!


11月15日からナラヤニの発情に合わせ
ペアリングのためにインドサイの
ナラヤニ♀とター♂が同居。

今年の9月からター(♂21)が、
ビクラム(♂16)に代わって
ナラヤニ(♀16)の繁殖相手となった。

ブログ内関連記事 :
「また裏庭に戻ったインドサイ・ビクラム♂ @多摩動物公園 」
http://sainomimy.exblog.jp/26226441/
2017.11.17

e0266067_23212564.jpg

e0266067_22592259.jpg

今日は同居3日目で2頭ともに落ち着いている。
初日は激しい応戦があったそうだ。
手前ター、奥ナラヤニ。
e0266067_14382995.jpg

ナラヤニ♀が、ター♂に近づく。
e0266067_23110176.jpg
e0266067_23104002.jpg
e0266067_23033380.jpg
お互い少し反応を示していたが・・・
e0266067_23025894.jpg
e0266067_23024411.jpg
e0266067_23022658.jpg

ターが後退。
e0266067_23020798.jpg

ターはナラヤニに背を向けて、
e0266067_23015177.jpg
立ち去って行った。
e0266067_23012945.jpg

ナラヤニはプールへ。
e0266067_23011206.jpg
ターは広い放飼場をぐるっと回って、
e0266067_23004962.jpg
裏側の中庭に向かう様子。
e0266067_23002548.jpg

ターはナラヤニを避けるように中庭に消えた。
e0266067_22595674.jpg

私達からは見えない位置にある
中庭はこういう風になっている。
e0266067_23214440.jpg

ナラヤニの発情は2か月周期ということで
次の同居は来年1月中旬かと予想される。

ネパール生まれの野生由来のインドサイの
オスとメスを飼育している多摩動物園での
繁殖は日本の動物園のインドサイの血統を
考える上で大変貴重なので繁殖が強く期待され、
ペアリングの試みが続けられているが、
なかなか難しいようだ。


多摩動物公園のインドサイは、
オスが2頭とメスが1頭。

ター ♂21才
1996.11.20 スイスのバーゼル動物園生まれ。
1998.10.08 多摩動物公園へ

ビクラム ♂推定16才 
推定12ヶ月で2002.03.28 ネパールから多摩動物公園へ。

ナラヤニ ♀推定16才 
推定6ヶ月で2002.03.28 ネパールから多摩動物公園へ。


日本に来た当時の幼少のときの3頭の写真 ↓

ネパールのチトワン国立公園で子どものときに
保護された野生由来のビクラムとナラヤニは
日本国内のインドサイの血統のなかで
非常に貴重なので繁殖が期待される。

しかし、3頭が繁殖可能年齢に達して以来、
繁殖を目指しているが実現していない。


そのため、メスのナラヤニに対してどちらのオスとの
組み合わせがよいのか試行錯誤を重ねている。

ブログ内過去関連記事 :
「インドサイ同居中」
http://sainomimy.exblog.jp/22470865/
2014.09.21



2013年まではター、2013年5月からはビクラムを
ナラヤニの繁殖相手としていたが、再びターを相手としての
繁殖の試みが始められることになった。

それで今年9月にビクラムが裏手の狭い放飼場に戻された。

e0266067_18095025.jpg

e0266067_18105307.jpg
この放飼場は、地面をサイの足に
「優しい」柔らかいウッドチップに交換された。
以前は水はけがよくなくて大きな水たまりが
たくさんできていたがそれも解消され
衛生面でも改善されたようである。
e0266067_18115437.jpg
e0266067_18121315.jpg
e0266067_18123577.jpg

ここのようにインドサイが3頭いても
繁殖は難しいのだから、オスとメスの2頭だけで
これまで3頭も繁殖ができた金沢動物園の場合は
相性がよくて本当にラッキーだったのだろう。

ナラヤニとのペアリングのための同居を
私が見た数少ない機会では、ビクラムもターも
今ひとつ積極性が足りないような感じ。


久しぶりのターとナラヤニの行く末は
コウノトリの采配次第!


日本にいる9頭のインドサイで
野生由来なのはナラヤニとビクラムだけ。
15年前にネパールから東京に来てくれて
ありがとう!





世界の動物園で
最高齢のインドサイは、
米ロサンゼルス動物園の
ランダという48才のメス。


e0266067_00114541.jpg

Photo(C):JAMIE PHAM




ランダは高齢化に伴う食欲減退、歩行困難、腎不全の症状を
示し容体が悪化したため、11月6日に安楽死の処置が施された。

1969年10月5日にスイスのバーゼル動物園生まれの
ランダは1974年11月から40年を超える長い期間、
ロサンゼルス動物園で飼育され親しまれていた。

2009年、40才で角の下部に進行性の皮膚ガンを
発症した際には、獣医と医師の合同チームが
角を切除して放射線治療をおこなった。

既に高齢で体重も2トンもあったため治療は
容易ではなかったが、UCLAのメディカルセンターの
放射線治療の専門家も協力もあって、2011年には
ガンの完治が発表された。

ランダは飼育員との関係が非常に良好で、
来園者との「ふれあいイベント」や
野生のサイの絶滅危機についての啓蒙活動、
そして、野生のサイの保護資金を集めるためにも
大いに貢献した。

2015年からは関節炎などの老化症状もあり
「ふれあい」などの表舞台からは引退していた。

ランダの存在があったからこそ集まったとされる
資金は 37万6千ドル(日本円にすると4千万円以上)
を超えるそうだ。

こうして動物園のランダは野生のサイの仲間を
守っていたのだ。

こういう形で飼育下の動物が野生の動物を
助けることができるのは、動物園の存在意義として
とても重要だと思う。

世界最高齢のクロサイである日本の安佐動物園の
ハナさんにもこうした貢献ができるような仕組みが
日本の動物園文化にもあればよいのにと思う。

動物園に暮らす動物が野生の仲間を助けられる
仕組み作りを、私たち動物園ファンは待つだけでなく
率先して考えてもよいのかもしれない。


参照記事 :







今日は、金沢動物園のインドサイのキンタロウとゴポンが
ペアリングのために同じ放飼場にいた。

e0266067_22242403.jpg

格子の向こうから飼育員さんが様子を見ている。
e0266067_22245061.jpg

2頭はずっと、そばを離れない。
e0266067_22252769.jpg

e0266067_22260485.jpg

e0266067_22270323.jpg


互いに動かず静かな時が流れる。
e0266067_22264654.jpg


一旦キンタロウが屋内に収容され、ゴポンが外から見ている。
e0266067_22280528.jpg

再びキンタロウの格子が開けられると、
キンタロウが走り出てきた。
e0266067_22283483.jpg

キンタロウが少し積極的な様子。
e0266067_22290190.jpg
e0266067_22293724.jpg

初めて2頭が向き合った。
e0266067_22301213.jpg

少しよい雰囲気かな?
e0266067_22304273.jpg
その後、唐突にキンタロウが走り去った。

ここで閉園時間になってしまった。



キンタロウは、現在34才。
1983.07.12 独シュトュットガルド動物園生まれ。

ゴポンは、現在17才。
1999.12.12 米サンディエゴ動物園生まれ。

キンタロウとゴポンのあいだには3頭の子が誕生している。
日本の動物園のインドサイ繁殖としては金沢動物園が最多。

2007.02.01 ♀  アスカ 残念ながら2007.03.22死亡
2009.08.15 ♂  ブンタ 現在は名古屋の東山動物園
2014.01.31 ♂  チャンプ 現在は山口県の秋吉台サファリランド

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は、園内に9月22日「世界サイの日」に際して
実物大のインドサイのパネルが設置された。
製作者は、インドサイ担当飼育員のあのSさん!

体長が4m近くにもなるインドサイの大きさが
間近に実感できる。

e0266067_10083781.jpg
使われた木材は、ゴポンが2003年3月に
アメリカのサンディエゴ動物園から
金沢動物園に移動したときの輸送箱。

材料の質感が活かされアートっぽい!
e0266067_10084819.jpg

e0266067_11395870.jpg


このインドサイ母子はだーれ?


赤ちゃんは、
ーストラリアで
初めて誕生したインドサイの子!

e0266067_20130501.jpg
(C):Taronga Zoo


東山動物園のインドサイのニルギリは
1999年と2003年にオスの子を出産している。
2003年生まれの子は、今も東山にいるセラ。

1999年生まれの子は、ドラ。

この年に中日ドラゴンズが11年ぶりに
セリーグ優勝したことから、
ドラと名付けられたそうだ。

名古屋市とオーストラリアのシドニーが
姉妹都市であることから、
ドラは2002年にオーストラリアのシドニーにある
タロンガ動物園に寄贈された。

その後ドラは繁殖のために、タロンガ動物園から
系列のWestern Plains 動物園に移動。

そして、2015年10月25日に Dora と
アメリカ生まれのAmala♀ のあいだに
オスの子 Rajah が誕生。

それが、オーストラリアで初めて生まれた
インドサイの赤ちゃんなのだ!

ラジャーくんのことは、
名古屋のニルギリばあちゃんとセラおじちゃん、
そして日本中のインドサイ・ファンが
応援しているからね。

彼は今年の10月で2才、
もうずいぶん大きくなっているでしょうね。

e0266067_20282895.jpg

(C):Taronga Zoo


こうして東山動物園生まれのドラは、
オーストラリアに渡って13年後、
オーストラリアで最初に誕生した
大切なインドサイの子の父親となったのである。


参照記事 
2:豪でインドサイの贈呈式/東山動物園から
2.Here Is Australia's Newest And Cutest Baby Rhino
(かわいい動画あり)



東山動物園の紅一点のインドサイ、
ニルギリさんは26才♀。
隣の放飼場にいるセラのお母さんだ。

e0266067_23523693.jpg
格子のむこうの黒い影は、息子のセラではなく
横浜生まれの若いオスのブンタ。
e0266067_23531867.jpg

ニルギリは、インドサイ飼育のメッカである
スイスのバーゼル動物園で1990年1月23日に生まれ
1991年11月30日に東山動物園にやってきた。
来園当時はまだ1才10ヶ月。

e0266067_23551368.jpg


日本には、バーゼル動物園生まれのインドサイが
もう1頭いる。それは東京の多摩動物園のター。
1996年生まれで1998年にやはり1才10ヶ月で来日。


e0266067_23541738.jpg

実はニルギリとターは、同じエローラという
多産なお母さんから生まれている。

e0266067_23554795.jpg
e0266067_23564072.jpg

e0266067_23571571.jpg

名古屋の東山動物園では、インドサイの3つの放飼場が
連なっている。

3頭のインドサイをいっぺんに横並びで
見られるのはこの動物園だけだ。

これは、向かって左の放飼場に住むセラ、
2003年12月生まれの13才♂。
e0266067_19015094.jpg
真ん中の放飼場にいるメスのニルギリがセラのお母さん。
お父さんは、2008年に36才で死亡したサンバ。
1999年生まれのセラの兄ドラは、
オーストラリアに渡った。
e0266067_20211250.jpg

優しい横顔!
e0266067_20215679.jpg
セラというきれいな名前は、セラミックのセラだそうだ。
インドサイを支援している地元の会社の名前に
由来しているという。
e0266067_20221092.jpg
e0266067_20200239.jpg

インドでのサイの密猟はアフリカほど多くはないが、
残念ながら確実に増加している。

e0266067_20223136.jpg
e0266067_20224926.jpg


名古屋のインドサイ、
ブンタくんは、"泥の王子"!

初めて訪れる東山動植物園は朝から大雨。
2011年11月、ブンタが横浜の金沢動物園から
名古屋に移動して以来5年半ぶりの再会、
そのときブンタは泥水のなかでぐっすり。
e0266067_15535713.jpg
e0266067_15543230.jpg
7才になったブンタの渋い寝顔!
e0266067_15524226.jpg
プールは深く改修され居心地がよくなったそうだ。
e0266067_15594551.jpg


本当に大きく立派になったね、ブンタ!
e0266067_15555986.jpg


開園80周年のこの機会にフェンスが放飼場に近づけられ、
近くからブンタを見られることになった、という。
改修工事の前は、今ブンタがいるところにもう1頭のオスの
インドサイ・セラがいて、セラの場所にブンタがいたそうだ。
e0266067_16041878.jpg


e0266067_15563805.jpg
枝を振り回している様子は、小さい頃のブンタを彷彿とさせる。
e0266067_15570236.jpg

となりのニルギリさんのことが気になるみたいで
何度も仕切りの方に寄って行く。8月には8才になる
ブンタ、もしかしてニルギリさんとそろそろ・・
なんて思ったが、飼育員さんによると、そういうこと
ではなくて、ブンタはちょっと寂しがり屋!、という
感じだそうだ。
e0266067_15583467.jpg

仕切りの向こうのニルギリ(26才♀)。
e0266067_15590480.jpg

閉園時間近くに屋内に戻ったブンタ。
e0266067_16030791.jpg

ブンタは2009年8月15日、横浜の金沢動物園生まれて、
2011年11月7日、名古屋の東山動植物園に移った。

e0266067_16062814.jpg
金沢動物園の幼いブンタの紹介パネル
e0266067_23014124.jpg



もうすぐ2才になる頃の金沢動物園のブンタ。
e0266067_23115562.jpg

東山動物園に移動する直前のブンタ。
この頃はゴポンお母さんと「角突きっこ」をさかんにやっていた。
e0266067_23025197.jpg

ブログ内関連投稿記事 :
「残り少ないブンタと母の時間2011.10.16」
http://sainomimy.exblog.jp/18040854/


e0266067_01015975.jpg
担当の飼育員さんが、「ブンちゃん」と呼びかけ、
優しく接してくれていることが、ブンタの小さいときを
知っている "親戚のオバチャンの心境 "の私には、
嬉しかった。


次の写真は、ブンタの弟で2014年生まれのチャンプとお母さんのゴポン。
チャンプも2才のとき、金沢動物園から山口県の秋吉台サファリランドに
移動している。
e0266067_01321380.jpg
ブログ内関連投稿記事 :
「元気でね、インドサイの子チャンプ、2016.03.13」
http://sainomimy.exblog.jp/24609299/


こうしてインドサイ兄弟の成長ぶりを
インドやネパールといった生息地から
こんなに遠く離れたところで
楽しませてもらえるのはとても有難い。
何だか、生きることを励まされます。

ブンタ、チャンプ、
そして、両親のキンタロウとゴポン、
そして、飼育員の方々に
感謝したい。