人気ブログランキング |

タグ:シロサイ ( 58 ) タグの人気記事

ベトナムのフーコック島に
2015年12月に開業した巨大な
ベトナム初のサファリ型動物園の
「ビンパール・サファリパーク」で
続けて2頭のシロサイの子が誕生した。

最初の子♀が4月3日に誕生し、
Hakuna Mataka と名付けられた。

2番目の子 は、4月20日に生まれた。
名前の情報はまだない。

これで同サファリのシロサイは
19頭になったそうだ。

可愛いサイの赤ちゃんを見て、
「角」ではなく「動物」としての
サイを大切に感じ、角のための密猟による
サイの絶滅危機のことを真剣に考えてくれる
ベトナム人が増えることを期待したい。

これ以前にベトナムの動物園で
サイが誕生したのは1例しかないそうだ。
ということは、シロサイが飼育されている
ホーチミンのサイゴン動植物園でのことだろうか?

ベトナムに限らず、東南アジアでは飼育下の
サイの誕生例は少なく、1973年以来、
シンガポールの動物園で10例、マレーシアの
タマン・サファリでの4例のみ、だという。


参照記事 :

1.ビンパール・サファリ・フーコック、シロサイの赤ちゃん2頭が誕生
  https://www.viet-jo.com/news/social/190427131443.html

2. " Two baby rhinos, a male and a female, were born this month
in the care of Vinpearl Safari Phu Quoc in Kien Giang Province. "
 
●2頭目の男の子のサイ・ベイビー!

3.First baby rhino born at Vinpearl Safari Phú Quốc

●1頭目の女の子のサイ・ベイビー!





3/23-24、豊橋市動植物公園(のんほいパーク)において
同園と認定NPO「アフリカゾウの涙」の共催で
サイ保護イベント実施。日本ではまだあまり知られていない
サイの密猟問題について、動物園で楽しみながら
広く知ってもらうとてもよい機会となった。


e0266067_22202274.jpg
e0266067_22214956.jpg

広々とした園内。
e0266067_22220562.jpg

放飼場のシロサイのトムとタンディー。
e0266067_22223355.jpg

シロサイの放飼場に隣接する「擬岩展望台」
という屋内スペースが今回のイベントの
実施場所。
e0266067_22225889.jpg


サイの現状についての解説パネル。
e0266067_22461864.jpg

パネルの前に、2018年の南アフリカのサイの密猟数と
同じ数の769頭の折り紙サイを展示。
e0266067_22250924.jpg



春休みということもあり、多くの家族連れや
若者が来場してくれた。

e0266067_22255592.jpg
e0266067_22264889.jpg

イベント会場では、展示中の折り紙サイの
作り方を教える折り紙教室を実施。

折り方の説明図作り折り紙作りの先生役は、
今回のイベントに協力してもらった
豊橋創造大学経営学科ゼミの
「のんほいパーク盛り上げ隊」の
皆さんが担当してくれた。

サイの折り方の説明図はココから ↓

e0266067_15025290.jpg
e0266067_22273733.jpg


ガラスの向こうには生きたシロサイが見える
素晴らしいロケーション。
e0266067_22281925.jpg

子供たちが色を付けてくれたサイの大型ぬりえ。
e0266067_22285710.jpg

サイのクイズに挑戦してくれた方々には
動物ポストカードのプレゼント。

e0266067_15023703.jpg
e0266067_22325858.jpg


「のんほいパーク盛り上げ隊」サイトの
サイ保護イベントについての記事 ↓


3月23日には中日新聞の記者の方が取材してくれて、
翌日の朝刊に記事が掲載された。

e0266067_15283256.jpg


今回のイベントの応援のために、これまで
実際に出会う機会がなかった長年のサイ仲間が
遠くから来てくれて、来場者の方達への
サイの密猟問題の説明などを手伝ってくれて
とても有難かった。


ブログ内関連記事 :

豊橋のんほいパークのサイ保護イベント・準備篇 2019.03.22
https://sainomimy.exblog.jp/28196833/




豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で、同動物園と
NPO「アフリカゾウの涙」の共催、豊橋創造大学
「のんほいパーク盛り上げ隊」の皆さんの協力で、
サイ保護イベントを実施することができた。



のんほいパークのキャラクター・
のんちゃん(カバ)とほいくん(サイ)
e0266067_23012652.jpg


今回のイベント名は、
「アフリカのサイは泣いている」(その今と未来)、
期間は3/22-4/7。

イベント実施場所は、シロサイの放飼場に隣接する
擬岩展望台と名付けられた室内スペース。

イベントのプレスリリース
https://www.nonhoi.jp/uploadimg/5c885b1f5150e.pdf


シロサイの放飼場に隣接する擬岩展望台の入口は
白い足跡?の先!
e0266067_00312630.jpg


動物園の職員の方々に手伝っていただき、
2018年の南アフリカの密猟数と同じ768頭の折り紙サイを
大きなテーブルに敷き詰めた人工芝の上に並べた。

そして、その上に透明のカバーをかぶせる。
カバーをすると、光ってしまい写真がきれいに
撮れないのがちょっと残念。

e0266067_23134968.jpg
サイ折り紙展示の後ろには、密猟により絶滅危機となった
サイの現状を解説するパネルを設置。


e0266067_00213640.jpg


さらに会場では、サイの密猟などに関する
ナショナル・ジオグラフィック制作のビデオと
英ウィリアム王子、ベッカム元サッカー選手、
俳優ジャッキー・チェン氏らがサイ角消費
ストップを訴えるWILDAID 制作の啓蒙動画を
繰り返し上映。
e0266067_23175519.jpg

e0266067_23263117.jpg


さらに「ぬり絵でサイを応援しよう!」という
コンセプトで「のんほいパーク盛り上げ隊」制作の
180cm ×90㎝の巨大ぬり絵を設置。

実際に目の前に広がる同動物園の
アフリカ・ゾーンが描かれ、
前面に大きなシロサイとクロサイたちが
並ぶ横長の大きな絵となっている。
e0266067_23074238.jpg

これは23日のみ展示されたサイの角。
のんほいパークで以前に飼育された
メスのサイの角。近くで見ると想像よりも大きい。
いつもは公開されていないものを見せてもらう
貴重な機会となった。
e0266067_22300023.jpg

ブログ内関連記事 :
豊橋のんほいパークのサイ保護イベント実施篇・2019.03.23-24
https://sainomimy.exblog.jp/28228484/


9月に南アフリカから、のんほいパークに
やってきた2才のシロサイのソフィアちゃんに
会いに行った。

ソフィアちゃんは、28才のタンディと一緒に
放飼場に出ていた。



~~ タンディおばちゃんが大好き! ~~

e0266067_21475634.jpg

e0266067_21490543.jpg

e0266067_15492073.jpg


~ おばちゃん、おっぱい飲ませて!? ~

時々、ソフィアちゃんは子サイがお母さんの
おっぱいを飲むときのような仕草をしていた。
お母さんだと思っているみたい。
e0266067_15541791.jpg

e0266067_15591870.jpg

タンディは角がお腹に当たるからか
すぐにどいてしまうのだが。
e0266067_16063116.jpg



~ 角突きごっこ ~

e0266067_17053663.jpg

e0266067_17140416.jpg
e0266067_17142612.jpg

e0266067_17153358.jpg


~ 岩 ~

ソフィアちゃんのお気に入り!
e0266067_21535025.jpg


よいしょっと!
e0266067_21544057.jpg
e0266067_21530739.jpg

これ、おばちゃんも好きみたいね。
e0266067_21555263.jpg

こっちの岩もいいね!
e0266067_21573396.jpg

e0266067_22050973.jpg
e0266067_21583372.jpg

野生のシロサイは、クロサイやインドサイと異なり、
小さな群れで暮らしている。

ソフィアちゃんは、南アフリカの所謂「サイ牧場」と
言われる大きなサイの繁殖施設から来ているので
野生の環境ではないが、牧場の広大なスペースで
お母さんと共に集団で暮らしていた筈。


だから日本の動物園に来ても、タンディのような
メスのシロサイがいたことは、ソフィアちゃんに
とって新しい環境に慣れるために本当に
よかったと思う。

子育ての経験がないタンディだが、
ソフィアちゃんとは母子のように
接しているように見えた。

日本の動物園でシロサイの繁殖はなかなか難しく
これまでシロサイの子に出会える機会が
なかったので、今回、実の親子ではなくても
初めて ”シロサイの子とお母さん” のような
関係の2頭の様子がじっくり見られて
よかった。

子サイがお母さんに甘えるときなどに出す
独特の可愛い声も何度も聞くことができた。

大らかなシロサイの魅力を十分に
楽しませてもらった1日だった。


もし、野生で単独生活をするクロサイのメスだったら、
こういう状況でどうなるのだろう?


ブログ内関連投稿記事 :





昨年に続いて2回目の豊橋の「のんほいパーク」。

今回は、9月に南アフリカからやってきた
シロサイの2才の女の子が11月から
公開になったので会いに行きました。

ちょうど今日が、投票によって決まった
名前の発表の日。

「ソフィア」ちゃんに決まりました。
ずっと前からそうだったみたいに
ぴったりの名前ですね。
e0266067_16343927.jpg



来園当初の体重が 810kg、
毎日15kg の牧草を食べて
メキメキ成長中!
e0266067_17280999.jpg

11月26日から、先輩のメスのシロサイの
タンディと一緒に外に出ているそうです。
e0266067_17282187.jpg

先輩はオトナ世代のトム&タンディ。
ここには画伯がいるみたいで、すごく上手な絵!

e0266067_16392609.jpg
e0266067_17275367.jpg

トム。たしかに角に割れ目があります。
e0266067_16421518.jpg

タンディ。角がカーブして、”削り段”もありますね。
e0266067_16423585.jpg

e0266067_16360605.jpg

今日は火曜だったので、
タンディとソフィアちゃんが
放飼場に出ています。お留守番のトムも
屋内の部屋から自由に出て、
少し歩いて放飼場のフェンスの
ところまで来られる構造になっています。


ソフィアちゃんはトムのことが
気になるようで近寄ってきました。
e0266067_17362937.jpg

「おはよう!」
e0266067_17364757.jpg

タンディが割り込んできました。
e0266067_17371750.jpg

「あれ、もう行っちゃうの?」 と
トムがさびしがっているかどうかは、
わかりませんが、
e0266067_17374493.jpg


タンディとソフィアちゃんは一緒に
トムから離れて行きました。
e0266067_17380604.jpg

放飼場は外から見るとこんな感じです。
e0266067_17585513.jpg

かなり広いスペースです。
e0266067_18020917.jpg

池で水を飲むこともできます。
e0266067_18444235.jpg

ソフィアちゃんの後ろにはキリンが見えます。
e0266067_18464526.jpg

お昼寝タイム。
e0266067_18474567.jpg

タンディ。
e0266067_18483758.jpg

まだ子供っぽいソフィアちゃん。
e0266067_18492714.jpg

ソフィアちゃんの角の秘密!!
結構、毛羽だっているところがあって、
"角飾り" を付けているみたいです。

柵のロープで角を擦っているところも
目撃ました。タンディのように角に
段をつけたいと思っているかも⁉
e0266067_18500778.jpg


放飼場に面した「擬岩展望台」。
壁面がゴツゴツした岩のようになっています。
e0266067_18510863.jpg

ここでも大きなガラス窓から
サイを見ることができます。
e0266067_18513970.jpg


フェンス越しに飼育員さんから
ブラシをかけてもらっています。
気持ちよさそうでした。
e0266067_18521839.jpg


午後4時少し前に屋内へ戻りました!
お疲れさまでした。
e0266067_18533309.jpg
ブログ内関連記事 :

https://sainomimy.exblog.jp/27715121/
シロサイのソフィアちゃんとタンディおばちゃん@豊橋 2018.12.11

https://sainomimy.exblog.jp/25789193/
前回 2017.05.12 訪問時の報告記事。



2016年5月26日にヨシコさんの長年のパートナーの
ガンテツが旅立ってから初めて東武動物公園を訪れた。

放飼場で息を引き取ったガンテツは、その直前まで
立ち上がろうという意思を示していたという。


e0266067_23095819.jpg

東京近県で唯一のシロサイとなったヨシコさん。
私が着いた午前11時半頃からずーっとぐっすり寝ていた。
e0266067_23121707.jpg

ヨシコさんの推定年齢は44才。
1980年の開園から37年間も東武動物公園に
暮らしている。


e0266067_23095488.jpg


午後4時頃からようやく活動開始!
e0266067_23331716.jpg

美しい横顔です。
e0266067_23341987.jpg

シロサイらしいどっしりしたナイスボデイ!!
まだまだ力強い動きです。
e0266067_23354757.jpg


e0266067_23372059.jpg

後ろの角の形が個性的!
e0266067_23374896.jpg

そんな形になったのは、
こうして柵で擦っているからのようです。
サシバエが多くたかっているのが気になります。

e0266067_23382890.jpg



東武動物公園のシロサイの放飼場は広い!
e0266067_23390727.jpg

e0266067_23393655.jpg

後ろ姿も若々しい!、
e0266067_23400793.jpg

東武動物公園ならではの面白いことは、
このサイの放飼場を囲む柵に東武鉄道の
線路のレールが利用されているところです。


e0266067_10481605.jpg
e0266067_10465104.jpg

ヨシコさん、また来ますので、
よく眠り、よく食べて
元気でいてくださいね!

全国的に高齢シロサイの死亡でシロサイ飼育が
終わってしまった動物園が相次いでいます。
東武動物公園もいずれはそうなるでしょう。

埼玉にこんなにきれいなシロサイの Old Lady が
いるのですから、会いに行くことをお奨めします!



ブログ内関連投稿 :
「埼玉・東武動物公園、33年間連れ添う美しきシロサイ夫婦」 
(2014.06.09 )




愛知県・豊橋市の
豊橋総合動植物公園。



この動物園の通称は「のんほいパーク」、
”のんほい” とは、三河弁で "あのね!"
という意味だそうである。

入園者を迎えるキャラクターは、
カバの「のんちゃん」とサイの「ほいくん」。

のんほいパークでは、シロサイのトム&タンディーが
飼育されている。もちろん、カバもいる・

e0266067_16422306.jpg
e0266067_16441077.jpg

e0266067_23252568.jpg

園内案内板にも、ちょこんと
のんちゃん&ほいくん。
e0266067_16424898.jpg
売店の名前は、「ズーショップ・ライノ
ヒッポじゃなくてね!
e0266067_16435067.jpg

店内のアイスクリーム保冷庫にもサイ
e0266067_16442757.jpg
奥の方に、サイ? いやトリケラトプス!
e0266067_23255097.jpg
園内の自然史博物館の前にある恐竜広場には
色々な恐竜がいて楽しい!
e0266067_16444187.jpg
e0266067_16451263.jpg
入園ゲート近くの郵便ポストの上にも「のんちゃん&ほいくん」
e0266067_16432470.jpg



初めての動物園で、初めてのサイに会うときは
動物園に着く前から心躍ってしまう。

豊橋の「のんほいパーク」は今日が初めての訪問。

新幹線で豊橋まで行き、そこから東海道本線で一駅の
二川(ふたがわ)駅からは、トリケラトプスが
教えてくれているように約500m。

e0266067_17093260.jpg
色々な動物が次々と、こうして動物園まで
道案内してくれるので迷うことなく着いた。
e0266067_17152834.jpg
暑いくらいの晴れで、幼稚園の遠足の親子連れが
シロサイの放飼場の前にもたくさんいた。
e0266067_17174191.jpg

シロサイのトムとタンディー、初めまして!
e0266067_18192674.jpg
トムとタンディは、南アフリカから1992年2月28日に
のんほいパークへ。当時、トムは2才、タンディーは
1才半だったので現在は27才くらい。2頭は孤児だったそうだ。

サイの密猟が急増したのは、中国やベトナムの経済成長が
著しくなった2008年からであるが、トムとタンディーが
生まれた1990年頃の密猟状況はどうだったのだろう?

下記のグラフは、1980年から2015年の南アフリカの
サイの年間密猟数の推移を示している。

e0266067_17281320.jpg
(C):Save Our Rhino http://www.saveourrhino.net/rhino-poaching-timeline/


現在は南アフリカで年間1000頭を超えるサイが
密猟で殺されているが、上記のデータによると、
1990年頃は密猟は年間に10頭以下だったようだ。

もし、トムやタンディーが密猟によって
孤児になったのだとしたら、本当に不運な
赤ちゃんサイだったのだ。

孤児になった子サイは、運よく人間に保護されないと
母乳を飲めないで餓死するか、ライオンやハイエナに
食べられてしまう。

見る者の心を癒すようなおっとり穏やかな
トムとタンディーは小さい頃、南アフリカの
野生の状況でどういう経験をして孤児に
なったのだろうか?


クロサイやインドサイは野生では単独生活をしている。
動物園でも子育ての時期に母子が一緒に
暮らす以外は、1頭づつ別々に過ごしている。

しかしシロサイは、サイのなかでは唯一、群れで暮らす
種類なので、ここでもペアが一緒にされている。
やはり相手との関わりによって動きに変化が
あるので見ていると面白い。

e0266067_18294391.jpg
e0266067_18430665.jpg
タンディー♀(右)とトム♂(左)

e0266067_18434133.jpg
e0266067_18442208.jpg

どちらか昼寝の体勢になると、もう一方も
並んで昼寝がしたくなるみたいだ。
まずはタンディー♀(左)から。
e0266067_18451920.jpg
よっこいしょ、とトムも寝そべる体勢へ移行!
e0266067_18465211.jpg
ふたりの夢の世界!
e0266067_18502271.jpg

一緒に冷たいものでも飲みましょう!
e0266067_19035474.jpg

e0266067_18515354.jpg


角が上方向にまっすぐ細長く伸びているのが♂のトム(右)、
角にカーブがあるのが♀のタンディー。

私がサイを見ていると、近くで2頭のことを
詳しく話しているのが聞こえたので、
思わず声をかけさせてもらった。
すると、その女性は、以前から私がツイッターで
フォローしている「のんほいパーク盛り上げ隊」の
メンバーの方だった。トムとタンディーに詳しいことに納得!

そのときに、角の形によるわかりやすい2頭の判別法も
教えてもらったのだ。
e0266067_18542383.jpg


幼稚園の遠足の子供達が、特別にサイをさわらせて
もらっている。私も触りたい!園児たちがうらやましい。
こうして並んでいるところを見ると、2頭の大きさの違いが
わかる。
e0266067_18551019.jpg

今度はトム♂(右)が先に、「昼寝しよーっと!」
e0266067_18581134.jpg
「それなら私も」とタンディー♀。
e0266067_18592056.jpg

「よっこいしょ」
e0266067_19000237.jpg
e0266067_19005266.jpg
e0266067_19014334.jpg
「もうすぐ閉園なので今日の私達のお仕事も終了。
おやすみなさい。」
e0266067_19023442.jpg

参照 :
のんほいパーク盛り上げ隊!データベース・シロサイ
のんほいパーク公式サイト・動物紹介シロサイ






動物園のサイに前代未聞の事件が起きた。



国内最高齢のシロサイ♀
仙台の八木山動物園の
47才のシンシアさんが
天寿を全うした。


八木山動物園の発表によると、シンシアさんは9日の朝、
体力低下のため立ち上がれなくなり、点滴治療などを
施したが、11日午後4時40分頃に死亡が確認された、
という。

シンシアさんは1969年12月31日、南アフリカ生まれ、
大晦日に47才になった。

群馬サファリパークから仙台の八木山動物園に
移動したのは1982年。以来35年の長い間、
八木山で多くの入園者に親しまれた。

e0266067_23273095.jpg
2012年に撮影。とても気持ちよさそうに昼寝をしていた。↑


2008年に園長がシンシアさんに贈った感謝状。↓
e0266067_23320096.jpg

私が2012年に八木山動物園を訪れたとき、
若いクロサイのアース♂と隣り合わせの寝室にいた
シンシアさんは、柵越しにアースと互角に
角を突き合わせていた。彼女は40才を過ぎても、
とても元気で力強かった。

e0266067_16041934.jpg
隣のアースの部屋の方を覗くシンシアさん。


e0266067_16053601.jpg
アースが隣から角を出している。↑


2013年、シンシアさんは旧インドゾウ舎へ移動。
同じ園内ではあるが、歩いていくわけにも
いかないので他園への移動の際と
同じように輸送箱に入れられ大がかりな
引っ越し作業となった。クロサイの
アースとの交流も終わる。

シンシアの死亡により八木山動物園も
シロサイ飼育が終了。2016年は2月に熊本市動植物園、
10月には福岡市動物園で最後の1頭が死亡して
シロサイ飼育が終了している。

シロサイを飼育する動物園が減少するのは
動物園ファンとしては寂しいことであるが、
野生では群れで暮らすシロサイの繁殖には、
多頭飼育できるサファリパークが
よいかもしれない。


ブログ内関連投稿記事 :

「八木山動物園のシロサイとクロサイ」
http://sainomimy.exblog.jp/18279613/
(2012.06.23)

「仙台のシロサイが園内で引っ越し」
http://sainomimy.exblogjp/20220686/
(2013.04.14)