タグ:シロサイ ( 55 ) タグの人気記事

9月に南アフリカから、のんほいパークに
やってきた2才のシロサイのソフィアちゃんに
会いに行った。

ソフィアちゃんは、28才のタンディと一緒に
放飼場に出ていた。



~~ タンディおばちゃんが大好き! ~~

e0266067_21475634.jpg

e0266067_21490543.jpg

e0266067_15492073.jpg


~ おばちゃん、おっぱい飲ませて!? ~

時々、ソフィアちゃんは子サイがお母さんの
おっぱいを飲むときのような仕草をしていた。
お母さんだと思っているみたい。
e0266067_15541791.jpg

e0266067_15591870.jpg

タンディは角がお腹に当たるからか
すぐにどいてしまうのだが。
e0266067_16063116.jpg



~ 角突きごっこ ~

e0266067_17053663.jpg

e0266067_17140416.jpg
e0266067_17142612.jpg

e0266067_17153358.jpg


~ 岩 ~

ソフィアちゃんのお気に入り!
e0266067_21535025.jpg


よいしょっと!
e0266067_21544057.jpg
e0266067_21530739.jpg

これ、おばちゃんも好きみたいね。
e0266067_21555263.jpg

こっちの岩もいいね!
e0266067_21573396.jpg

e0266067_22050973.jpg
e0266067_21583372.jpg

野生のシロサイは、クロサイやインドサイと異なり、
小さな群れで暮らしている。

ソフィアちゃんは、南アフリカの所謂「サイ牧場」と
言われる大きなサイの繁殖施設から来ているので
野生の環境ではないが、牧場の広大なスペースで
お母さんと共に集団で暮らしていた筈。


だから日本の動物園に来ても、タンディのような
メスのシロサイがいたことは、ソフィアちゃんに
とって新しい環境に慣れるために本当に
よかったと思う。

子育ての経験がないタンディだが、
ソフィアちゃんとは母子のように
接しているように見えた。

日本の動物園でシロサイの繁殖はなかなか難しく
これまでシロサイの子に出会える機会が
なかったので、今回、実の親子ではなくても
初めて ”シロサイの子とお母さん” のような
関係の2頭の様子がじっくり見られて
よかった。

子サイがお母さんに甘えるときなどに出す
独特の可愛い声も何度も聞くことができた。

大らかなシロサイの魅力を十分に
楽しませてもらった1日だった。


もし、野生で単独生活をするクロサイのメスだったら、
こういう状況でどうなるのだろう?


ブログ内関連投稿記事 :





昨年に続いて2回目の豊橋の「のんほいパーク」。

今回は、9月に南アフリカからやってきた
シロサイの2才の女の子が11月から
公開になったので会いに行きました。

ちょうど今日が、投票によって決まった
名前の発表の日。

「ソフィア」ちゃんに決まりました。
ずっと前からそうだったみたいに
ぴったりの名前ですね。
e0266067_16343927.jpg



来園当初の体重が 810kg、
毎日15kg の牧草を食べて
メキメキ成長中!
e0266067_17280999.jpg

11月26日から、先輩のメスのシロサイの
タンディと一緒に外に出ているそうです。
e0266067_17282187.jpg

先輩はオトナ世代のトム&タンディ。
ここには画伯がいるみたいで、すごく上手な絵!

e0266067_16392609.jpg
e0266067_17275367.jpg

トム。たしかに角に割れ目があります。
e0266067_16421518.jpg

タンディ。角がカーブして、”削り段”もありますね。
e0266067_16423585.jpg

e0266067_16360605.jpg

今日は火曜だったので、
タンディとソフィアちゃんが
放飼場に出ています。お留守番のトムも
屋内の部屋から自由に出て、
少し歩いて放飼場のフェンスの
ところまで来られる構造になっています。


ソフィアちゃんはトムのことが
気になるようで近寄ってきました。
e0266067_17362937.jpg

「おはよう!」
e0266067_17364757.jpg

タンディが割り込んできました。
e0266067_17371750.jpg

「あれ、もう行っちゃうの?」 と
トムがさびしがっているかどうかは、
わかりませんが、
e0266067_17374493.jpg


タンディとソフィアちゃんは一緒に
トムから離れて行きました。
e0266067_17380604.jpg

放飼場は外から見るとこんな感じです。
e0266067_17585513.jpg

かなり広いスペースです。
e0266067_18020917.jpg

池で水を飲むこともできます。
e0266067_18444235.jpg

ソフィアちゃんの後ろにはキリンが見えます。
e0266067_18464526.jpg

お昼寝タイム。
e0266067_18474567.jpg

タンディ。
e0266067_18483758.jpg

まだ子供っぽいソフィアちゃん。
e0266067_18492714.jpg

ソフィアちゃんの角の秘密!!
結構、毛羽だっているところがあって、
"角飾り" を付けているみたいです。

柵のロープで角を擦っているところも
目撃ました。タンディのように角に
段をつけたいと思っているかも⁉
e0266067_18500778.jpg


放飼場に面した「擬岩展望台」。
壁面がゴツゴツした岩のようになっています。
e0266067_18510863.jpg

ここでも大きなガラス窓から
サイを見ることができます。
e0266067_18513970.jpg


フェンス越しに飼育員さんから
ブラシをかけてもらっています。
気持ちよさそうでした。
e0266067_18521839.jpg


午後4時少し前に屋内へ戻りました!
お疲れさまでした。
e0266067_18533309.jpg
ブログ内関連記事 :

https://sainomimy.exblog.jp/27715121/
シロサイのソフィアちゃんとタンディおばちゃん@豊橋 2018.12.11

https://sainomimy.exblog.jp/25789193/
前回 2017.05.12 訪問時の報告記事。



2016年5月26日にヨシコさんの長年のパートナーの
ガンテツが旅立ってから初めて東武動物公園を訪れた。

放飼場で息を引き取ったガンテツは、その直前まで
立ち上がろうという意思を示していたという。


e0266067_23095819.jpg

東京近県で唯一のシロサイとなったヨシコさん。
私が着いた午前11時半頃からずーっとぐっすり寝ていた。
e0266067_23121707.jpg

ヨシコさんの推定年齢は44才。
1980年の開園から37年間も東武動物公園に
暮らしている。


e0266067_23095488.jpg


午後4時頃からようやく活動開始!
e0266067_23331716.jpg

美しい横顔です。
e0266067_23341987.jpg

シロサイらしいどっしりしたナイスボデイ!!
まだまだ力強い動きです。
e0266067_23354757.jpg


e0266067_23372059.jpg

後ろの角の形が個性的!
e0266067_23374896.jpg

そんな形になったのは、
こうして柵で擦っているからのようです。
サシバエが多くたかっているのが気になります。

e0266067_23382890.jpg



東武動物公園のシロサイの放飼場は広い!
e0266067_23390727.jpg

e0266067_23393655.jpg

後ろ姿も若々しい!、
e0266067_23400793.jpg

東武動物公園ならではの面白いことは、
このサイの放飼場を囲む柵に東武鉄道の
線路のレールが利用されているところです。


e0266067_10481605.jpg
e0266067_10465104.jpg

ヨシコさん、また来ますので、
よく眠り、よく食べて
元気でいてくださいね!

全国的に高齢シロサイの死亡でシロサイ飼育が
終わってしまった動物園が相次いでいます。
東武動物公園もいずれはそうなるでしょう。

埼玉にこんなにきれいなシロサイの Old Lady が
いるのですから、会いに行くことをお奨めします!



ブログ内関連投稿 :
「埼玉・東武動物公園、33年間連れ添う美しきシロサイ夫婦」 
(2014.06.09 )




愛知県・豊橋市の
豊橋総合動植物公園。



この動物園の通称は「のんほいパーク」、
”のんほい” とは、三河弁で "あのね!"
という意味だそうである。

入園者を迎えるキャラクターは、
カバの「のんちゃん」とサイの「ほいくん」。

のんほいパークでは、シロサイのトム&タンディーが
飼育されている。もちろん、カバもいる・

e0266067_16422306.jpg
e0266067_16441077.jpg

e0266067_23252568.jpg

園内案内板にも、ちょこんと
のんちゃん&ほいくん。
e0266067_16424898.jpg
売店の名前は、「ズーショップ・ライノ
ヒッポじゃなくてね!
e0266067_16435067.jpg

店内のアイスクリーム保冷庫にもサイ
e0266067_16442757.jpg
奥の方に、サイ? いやトリケラトプス!
e0266067_23255097.jpg
園内の自然史博物館の前にある恐竜広場には
色々な恐竜がいて楽しい!
e0266067_16444187.jpg
e0266067_16451263.jpg
入園ゲート近くの郵便ポストの上にも「のんちゃん&ほいくん」
e0266067_16432470.jpg



初めての動物園で、初めてのサイに会うときは
動物園に着く前から心躍ってしまう。

豊橋の「のんほいパーク」は今日が初めての訪問。

新幹線で豊橋まで行き、そこから東海道本線で一駅の
二川(ふたがわ)駅からは、トリケラトプスが
教えてくれているように約500m。

e0266067_17093260.jpg
色々な動物が次々と、こうして動物園まで
道案内してくれるので迷うことなく着いた。
e0266067_17152834.jpg
暑いくらいの晴れで、幼稚園の遠足の親子連れが
シロサイの放飼場の前にもたくさんいた。
e0266067_17174191.jpg

シロサイのトムとタンディー、初めまして!
e0266067_18192674.jpg
トムとタンディは、南アフリカから1992年2月28日に
のんほいパークへ。当時、トムは2才、タンディーは
1才半だったので現在は27才くらい。2頭は孤児だったそうだ。

サイの密猟が急増したのは、中国やベトナムの経済成長が
著しくなった2008年からであるが、トムとタンディーが
生まれた1990年頃の密猟状況はどうだったのだろう?

下記のグラフは、1980年から2015年の南アフリカの
サイの年間密猟数の推移を示している。

e0266067_17281320.jpg
(C):Save Our Rhino http://www.saveourrhino.net/rhino-poaching-timeline/


現在は南アフリカで年間1000頭を超えるサイが
密猟で殺されているが、上記のデータによると、
1990年頃は密猟は年間に10頭以下だったようだ。

もし、トムやタンディーが密猟によって
孤児になったのだとしたら、本当に不運な
赤ちゃんサイだったのだ。

孤児になった子サイは、運よく人間に保護されないと
母乳を飲めないで餓死するか、ライオンやハイエナに
食べられてしまう。

見る者の心を癒すようなおっとり穏やかな
トムとタンディーは小さい頃、南アフリカの
野生の状況でどういう経験をして孤児に
なったのだろうか?


クロサイやインドサイは野生では単独生活をしている。
動物園でも子育ての時期に母子が一緒に
暮らす以外は、1頭づつ別々に過ごしている。

しかしシロサイは、サイのなかでは唯一、群れで暮らす
種類なので、ここでもペアが一緒にされている。
やはり相手との関わりによって動きに変化が
あるので見ていると面白い。

e0266067_18294391.jpg
e0266067_18430665.jpg
タンディー♀(右)とトム♂(左)

e0266067_18434133.jpg
e0266067_18442208.jpg

どちらか昼寝の体勢になると、もう一方も
並んで昼寝がしたくなるみたいだ。
まずはタンディー♀(左)から。
e0266067_18451920.jpg
よっこいしょ、とトムも寝そべる体勢へ移行!
e0266067_18465211.jpg
ふたりの夢の世界!
e0266067_18502271.jpg

一緒に冷たいものでも飲みましょう!
e0266067_19035474.jpg

e0266067_18515354.jpg


角が上方向にまっすぐ細長く伸びているのが♂のトム(右)、
角にカーブがあるのが♀のタンディー。

私がサイを見ていると、近くで2頭のことを
詳しく話しているのが聞こえたので、
思わず声をかけさせてもらった。
すると、その女性は、以前から私がツイッターで
フォローしている「のんほいパーク盛り上げ隊」の
メンバーの方だった。トムとタンディーに詳しいことに納得!

そのときに、角の形によるわかりやすい2頭の判別法も
教えてもらったのだ。
e0266067_18542383.jpg


幼稚園の遠足の子供達が、特別にサイをさわらせて
もらっている。私も触りたい!園児たちがうらやましい。
こうして並んでいるところを見ると、2頭の大きさの違いが
わかる。
e0266067_18551019.jpg

今度はトム♂(右)が先に、「昼寝しよーっと!」
e0266067_18581134.jpg
「それなら私も」とタンディー♀。
e0266067_18592056.jpg

「よっこいしょ」
e0266067_19000237.jpg
e0266067_19005266.jpg
e0266067_19014334.jpg
「もうすぐ閉園なので今日の私達のお仕事も終了。
おやすみなさい。」
e0266067_19023442.jpg

参照 :
のんほいパーク盛り上げ隊!データベース・シロサイ
のんほいパーク公式サイト・動物紹介シロサイ






動物園のサイに前代未聞の事件が起きた。



国内最高齢のシロサイ♀
仙台の八木山動物園の
47才のシンシアさんが
天寿を全うした。


八木山動物園の発表によると、シンシアさんは9日の朝、
体力低下のため立ち上がれなくなり、点滴治療などを
施したが、11日午後4時40分頃に死亡が確認された、
という。

シンシアさんは1969年12月31日、南アフリカ生まれ、
大晦日に47才になった。

群馬サファリパークから仙台の八木山動物園に
移動したのは1982年。以来35年の長い間、
八木山で多くの入園者に親しまれた。

e0266067_23273095.jpg
2012年に撮影。とても気持ちよさそうに昼寝をしていた。↑


2008年に園長がシンシアさんに贈った感謝状。↓
e0266067_23320096.jpg

私が2012年に八木山動物園を訪れたとき、
若いクロサイのアース♂と隣り合わせの寝室にいた
シンシアさんは、柵越しにアースと互角に
角を突き合わせていた。彼女は40才を過ぎても、
とても元気で力強かった。

e0266067_16041934.jpg
隣のアースの部屋の方を覗くシンシアさん。


e0266067_16053601.jpg
アースが隣から角を出している。↑


2013年、シンシアさんは旧インドゾウ舎へ移動。
同じ園内ではあるが、歩いていくわけにも
いかないので他園への移動の際と
同じように輸送箱に入れられ大がかりな
引っ越し作業となった。クロサイの
アースとの交流も終わる。

シンシアの死亡により八木山動物園も
シロサイ飼育が終了。2016年は2月に熊本市動植物園、
10月には福岡市動物園で最後の1頭が死亡して
シロサイ飼育が終了している。

シロサイを飼育する動物園が減少するのは
動物園ファンとしては寂しいことであるが、
野生では群れで暮らすシロサイの繁殖には、
多頭飼育できるサファリパークが
よいかもしれない。


ブログ内関連投稿記事 :

「八木山動物園のシロサイとクロサイ」
http://sainomimy.exblog.jp/18279613/
(2012.06.23)

「仙台のシロサイが園内で引っ越し」
http://sainomimy.exblogjp/20220686/
(2013.04.14)






10月29日、国内最高齢のオスの
シロサイ、推定45才のロックが死亡。


ロックさんは野生のアフリカ生まれで、
福岡市動物園に来たのが1976年5月20日。

40年間も同動物園にいたということは、
ロックさんからすると、自分を見に来た子供が、
大人になってその子供を連れて来たという場面に
遭遇したこともきっとあっただろう。

参照記事 :
1.ミナミシロサイ「ロック」の死亡について
2.45歳、国内の雄で最高齢 ミナミシロサイ死ぬ 福岡市動物園


動物園では今年5月、ロックの更なる長生きを願いつつ
来日40周年記念のイベントが開催され、ロックさんと
同い年の入場者との記念撮影も行なわれた。


参照記事 :
3.シロサイの「ロック」来園40周年イベント

e0266067_22273611.jpg
(C):福岡市動物園


今年9月22日「世界サイの日」には
ロックさんのガイドや、サイのことを知らせる
多彩な展示が行なわれた。

e0266067_22431134.jpg


(C):福岡市動物園


同時にロックさんの日常の様子などを
詳しく知らせるための「ロック新聞」創刊号も
発行された。穏やかなロックさんが、
愛されていたことが伝わる紙面だ。

e0266067_18411734.jpg


参照記事 :
4.今日9月22日は「世界サイの日」でした。
5.「ロック新聞」創刊号、来園40周年ありがとう。
6.「ロック新聞」創刊号


9月22日の「世界サイの日」からこんなに早く
旅立ってしまい、「ロック新聞」も創刊号だけで
終わってしまうことは本当に残念。

でも、餌の与え方など高齢であることが充分に配慮された
世話を受けていたロックさんは、前日まで
食欲もあり元気に暮らすことができてよかった。


今年1月、めぐみの死亡でシロサイ飼育が終了した
熊本市動物園に続き、福岡市動物園でもこれで
シロサイ飼育が終了。

現在、九州でシロサイが飼育されているのは
鹿児島の平川動物園と、大分のアフリカンサファリだけ
となった。


ブログ内関連投稿 :
「熊本の高齢シロサイが死亡」
http://sainomimy.exblog.jp/24107489/
(2016.02.03)



埼玉の東武動物公園の
オスのシロサイ、
ガンテツが死亡。


e0266067_18480923.jpg
ガンテツ 2014.06.09撮影


1981年の東武動物公園のオープン以来、
35年間ずっと連れ添ってきたシロサイの
熟年カップルのガンテツとヨシコ。

野性でも群れで暮らすシロサイなので、
クロサイやインドサイとは異なり、
動物園でも2頭は同じ放飼場で
穏やかに過ごしていた。
e0266067_18430934.jpg
ガンテツ&ヨシコ 2014.06.09撮影


共に1980年にアフリカからやってきて
現在、推定約42才。

オスのガンテツは3月頃から食欲不振が続き、
5月26日、展示場で横たわって死亡している
ところが発見された。死因は老衰。

ガンテツとヨシコのあいだには
子供はなかった。


同一ブログ関連投稿記事 :

"33年間連れ添う美しきクロサイ夫婦"
http://sainomimy.exblog.jp/22135099/
(2014.06.09)

”東武動物公園 熟年シロサイ・カップル”
http://sainomimy.exblog.jp/17990981/
(2011.07.16)



参照記事 :
1.シロサイのガンテツ、老衰死 東武動物公園



追加情報 :
長年連れ添ったパートナーのガンテツを失ったヨシコさんの
その後はどうかと心配になるが、東武動物公園の公式ブログに
よると7月現在、食欲もあり元気にしているそうだ。

「ヨシコの1日」 (東武動物公園ブログ・7/27の記事)
http://blog.livedoor.jp/tobutobu1/archives/52045923.html#comments

e0266067_19411155.jpg
Photo(C):東武動物公園



アジアの動物園でのサイ誕生のニュースは、
実際には誕生していても、ネット上で英語や日本語で
報じられることが少なく、なかなか知ることができない。

でも、今日は珍しくインドネシアのバリ島生活情報についての
日本語サイトの記事にサファリパークでのシロサイの誕生の
ニュースが紹介されていた。

e0266067_12112795.jpg


3月24日に、バリサファリ&マリンパークで生まれた
赤ちゃんの名前はMajii ♂(母Dita、父Nelson)、
このサファリで生まれた2番目のシロサイの子となる。。

バリサファリでの初めてのシロサイの誕生は、
2015年11月4日のことで、6年前に来園した Hima( ♀24才)と、
Majii の父でもある Nelson (♂21才)との間に、Pembe ♀という子が
生まれている。

同園の動物保全課責任者のニマル・フェルナンド氏によると
「シロサイの繁殖は難しい。オスのサイが
繁殖相手のメスより身体的に優位に立たなければ、
交尾に至ることが難しい。ここでは、オスのネルソンは
メスよりも数年若いので、繁殖能力を高めるエサを
与えることなどを含めたさまざまな工夫を重ねて
メスの妊娠を成功させた」という。


(C):the Bali Safari and Marine Park


バリサファリ&マリンパーク(日本語)
http://jp.balisafarimarinepark.com/home.asp


参照記事:
1.「バリサファリ&マリンパークでシロサイの赤ちゃんが誕生
2.Baby Shower X 3 at Bali Safari and Marine Park


参照記事2より原文一部引用 :
Frankly, it’s not easy to get two African rhinos to mate. ‘Pembe’ is the first baby rhino born at the Park since ‘Hima’s’ arrival in Bali six years ago. For mating to occur, the male rhino must physically conquer his partner, a ritual that proved difficult for ‘Nelson’ who is several years younger than his mate. To consummate the relationship between the two rhinos and cause ‘Hima’ to become pregnant the Bali Safari Team undertook a number of supporting strategies, including providing special nutritional enrichment to improve the fecundity of ‘Hima’ and ‘Nelson’.”