タグ:今日の犀たち ( 112 ) タグの人気記事

多摩動物公園では夕方4時過ぎ、
室内に戻ったインドサイの食事の光景を
とても近くで見ることができとができる。

準備されている「夕食!」
e0266067_13271465.jpg
3頭分の3つのバケツ。
e0266067_13265493.jpg
ナラヤニ♀が飼育員さんに声をかけられ
室内に戻る。
e0266067_13261898.jpg
一直線に夕食に向かうのではなく
大回りして夕食の前に。
e0266067_13255319.jpg
最初に食べるのは青草、
新鮮で美味しそう。

e0266067_13252824.jpg
「おいしいわよ!」
e0266067_13235568.jpg

e0266067_13250885.jpg

次は食パン。
e0266067_13244434.jpg
次は野菜。
人参はずいぶん小さくカットされている。
切る手間が大変そうだけれど、丸かじりは
しないのかな?
e0266067_13232383.jpg

最後は干し草。
e0266067_13230685.jpg

e0266067_13223092.jpg
ナラヤニさんの美しい足!
e0266067_13225118.jpg

インドサイ達が夕食を食べているとき、
飼育員さんは放飼場のお掃除。
e0266067_11542970.jpg

そして、サイたちが食べたの結果の
大量の大きなフンが回収される。

e0266067_13264149.jpg
3頭のインドサイが健康に暮らせるように
忙しく仕事をしてくれる飼育員さんに感謝!


11月15日からナラヤニの発情に合わせ
ペアリングのためにインドサイの
ナラヤニ♀とター♂が同居。

今年の9月からター(♂21)が、
ビクラム(♂16)に代わって
ナラヤニ(♀16)の繁殖相手となった。

ブログ内関連記事 :
「また裏庭に戻ったインドサイ・ビクラム♂ @多摩動物公園 」
http://sainomimy.exblog.jp/26226441/
2017.11.17

e0266067_23212564.jpg

e0266067_22592259.jpg

今日は同居3日目で2頭ともに落ち着いている。
初日は激しい応戦があったそうだ。
手前ター、奥ナラヤニ。
e0266067_14382995.jpg

ナラヤニ♀が、ター♂に近づく。
e0266067_23110176.jpg
e0266067_23104002.jpg
e0266067_23033380.jpg
お互い少し反応を示していたが・・・
e0266067_23025894.jpg
e0266067_23024411.jpg
e0266067_23022658.jpg

ターが後退。
e0266067_23020798.jpg

ターはナラヤニに背を向けて、
e0266067_23015177.jpg
立ち去って行った。
e0266067_23012945.jpg

ナラヤニはプールへ。
e0266067_23011206.jpg
ターは広い放飼場をぐるっと回って、
e0266067_23004962.jpg
裏側の中庭に向かう様子。
e0266067_23002548.jpg

ターはナラヤニを避けるように中庭に消えた。
e0266067_22595674.jpg

私達からは見えない位置にある
中庭はこういう風になっている。
e0266067_23214440.jpg

ナラヤニの発情は2か月周期ということで
次の同居は来年1月中旬かと予想される。

ネパール生まれの野生由来のインドサイの
オスとメスを飼育している多摩動物園での
繁殖は日本の動物園のインドサイの血統を
考える上で大変貴重なので繁殖が強く期待され、
ペアリングの試みが続けられているが、
なかなか難しいようだ。


多摩動物公園のインドサイは、
オスが2頭とメスが1頭。

ター ♂21才
1996.11.20 スイスのバーゼル動物園生まれ。
1998.10.08 多摩動物公園へ

ビクラム ♂推定16才 
推定12ヶ月で2002.03.28 ネパールから多摩動物公園へ。

ナラヤニ ♀推定16才 
推定6ヶ月で2002.03.28 ネパールから多摩動物公園へ。


日本に来た当時の幼少のときの3頭の写真 ↓

ネパールのチトワン国立公園で子どものときに
保護された野生由来のビクラムとナラヤニは
日本国内のインドサイの血統のなかで
非常に貴重なので繁殖が期待される。

しかし、3頭が繁殖可能年齢に達して以来、
繁殖を目指しているが実現していない。


そのため、メスのナラヤニに対してどちらのオスとの
組み合わせがよいのか試行錯誤を重ねている。

ブログ内過去関連記事 :
「インドサイ同居中」
http://sainomimy.exblog.jp/22470865/
2014.09.21



2013年まではター、2013年5月からはビクラムを
ナラヤニの繁殖相手としていたが、再びターを相手としての
繁殖の試みが始められることになった。

それで今年9月にビクラムが裏手の狭い放飼場に戻された。

e0266067_18095025.jpg

e0266067_18105307.jpg
この放飼場は、地面をサイの足に
「優しい」柔らかいウッドチップに交換された。
以前は水はけがよくなくて大きな水たまりが
たくさんできていたがそれも解消され
衛生面でも改善されたようである。
e0266067_18115437.jpg
e0266067_18121315.jpg
e0266067_18123577.jpg

ここのようにインドサイが3頭いても
繁殖は難しいのだから、オスとメスの2頭だけで
これまで3頭も繁殖ができた金沢動物園の場合は
相性がよくて本当にラッキーだったのだろう。

ナラヤニとのペアリングのための同居を
私が見た数少ない機会では、ビクラムもターも
今ひとつ積極性が足りないような感じ。


久しぶりのターとナラヤニの行く末は
コウノトリの采配次第!


日本にいる9頭のインドサイで
野生由来なのはナラヤニとビクラムだけ。
15年前にネパールから東京に来てくれて
ありがとう!



上野動物園のクロサイは、マロ♂とアルゴ♀。

e0266067_16323185.jpg

<マロ>
2000年.02.17 茨城・かみね動物園生まれ。
前の角の形がきれいオス。
鹿児島の平川動物園のサニーは妹。
e0266067_12384812.jpg

e0266067_12382071.jpg

隣のキリンが後ろから覗いている。
e0266067_16155388.jpg
e0266067_16590730.jpg
千頭犀プロジェクト: http://orirhino.jimdo.com


<アルゴ>
1995年10.30 神奈川・金沢動物園のロンとローラの
最初の子ども。
和歌山のアドベンチャーワールドにいるミミカちゃんは、
2009年に生まれたマロとあいだの一人娘。
e0266067_12383011.jpg


泥浴び中。
e0266067_12392867.jpg
e0266067_12391979.jpg
e0266067_12384020.jpg


工事中ゾーンを仕切る塀の描かれたサイの親子。
ミネラルウォーターの広告だったかな?
e0266067_12373026.jpg


この日は、ロン♂が外の放飼場に出る番。

e0266067_16422399.jpg
e0266067_16435637.jpg

動物園に到着した12時半頃は曇りだったが、
1時頃から雨が降りだした。

雨にぬれると角が削りやすいからか
熱心に角を擦り始めた。
e0266067_16455741.jpg

こっちでも角をゴシゴシ。
e0266067_16451846.jpg

ここでも真剣な表情でゴシゴシ!

e0266067_16453943.jpg


おや、これまでになかったブラシみたいなものが
室内のポールにビルトインしている!
e0266067_16461487.jpg

拡大するとこんなもの!何するの?
e0266067_16471514.jpg

それについては、金沢動物園の公式ブログに
詳しい記事がありますので、ぜひごらんください。
 ↓
クロサイのおもちゃを作りました (2017.07.18)


ズーラシアから金沢動物園に移動されて
クロサイ担当になった飼育員の方が、
何とズーラシアで廃棄予定だった園内清掃車の
使い古しのブラシを利用して手作りされたそうです。

縦バージョンと横バージョンがあって
どちらもクロサイのロンとローラに喜ばれているそうです。

担当されて早々にサイのためにこんな工夫をして
下さるなんて、サイ・ファンとしては
とっても嬉しいです。


6月の土日の金沢動物園では、動物ガイドの終わりに
こういうカードが配られました。


e0266067_19012328.jpg

クロサイはこれ!

e0266067_16491271.jpg


東山動物園の紅一点のインドサイ、
ニルギリさんは26才♀。
隣の放飼場にいるセラのお母さんだ。

e0266067_23523693.jpg
格子のむこうの黒い影は、息子のセラではなく
横浜生まれの若いオスのブンタ。
e0266067_23531867.jpg

ニルギリは、インドサイ飼育のメッカである
スイスのバーゼル動物園で1990年1月23日に生まれ
1991年11月30日に東山動物園にやってきた。
来園当時はまだ1才10ヶ月。

e0266067_23551368.jpg


日本には、バーゼル動物園生まれのインドサイが
もう1頭いる。それは東京の多摩動物園のター。
1996年生まれで1998年にやはり1才10ヶ月で来日。


e0266067_23541738.jpg

実はニルギリとターは、同じエローラという
多産なお母さんから生まれている。

e0266067_23554795.jpg
e0266067_23564072.jpg

e0266067_23571571.jpg

名古屋の東山動物園では、インドサイの3つの放飼場が
連なっている。

3頭のインドサイをいっぺんに横並びで
見られるのはこの動物園だけだ。

これは、向かって左の放飼場に住むセラ、
2003年12月生まれの13才♂。
e0266067_19015094.jpg
真ん中の放飼場にいるメスのニルギリがセラのお母さん。
お父さんは、2008年に36才で死亡したサンバ。
1999年生まれのセラの兄ドラは、
オーストラリアに渡った。
e0266067_20211250.jpg

優しい横顔!
e0266067_20215679.jpg
セラというきれいな名前は、セラミックのセラだそうだ。
インドサイを支援している地元の会社の名前に
由来しているという。
e0266067_20221092.jpg
e0266067_20200239.jpg

インドでのサイの密猟はアフリカほど多くはないが、
残念ながら確実に増加している。

e0266067_20223136.jpg
e0266067_20224926.jpg


名古屋の東山動物園に初めて行きました。
もちろん一番の目的は、ここにいる
クロサイとインドサイに会うこと。

東山にいるクロサイは、アイさん♀、
1986年生まれの30才。1995年に広島の安佐動物園から
名古屋にやってきました。

e0266067_15574653.jpg


横顔が魅力的なアイさん。
e0266067_15572508.jpg
角の形も美しい。日頃から念入りのお手入れをしているようです。
e0266067_15585935.jpg

よいしょ、と前足を台に乗せます。
e0266067_15583289.jpg
角の先はぴしっと整えなくちゃ!
e0266067_16123191.jpg
ちょっと微調整!
e0266067_16130422.jpg
角の根元のお手入れも忘れないわ!
e0266067_16141339.jpg

あいさん、角が白く輝いていますね。
e0266067_16145232.jpg
e0266067_16202910.jpg

桃色の可愛い舌が見えます。
e0266067_16210546.jpg
e0266067_16212741.jpg
クロサイ舎の周辺は緑に恵まれていました。
e0266067_16225579.jpg
エッジの効いた角に惚れ惚れします。
e0266067_16232790.jpg
e0266067_16243483.jpg
アイさんには、一人息子のニルがいる。
彼は2年前、19才になるまでここに暮らしていたが、
2015年1月に横浜のズーラシアに移動。
東山動物園のニル・ファンの方から贈られた
激励の花束と共に横浜にやって来た。

ブログ内参照記事 :
「東山動物園からズーラシアにクロサイ来園」
http://sainomimy.exblog.jp/22787149/
(2015.02.06)

「21才クロサイ、ニルの角@ズーラシア」
http://sainomimy.exblog.jp/25246351/
(2017.01.22)


ニルはズーラシアで元気にしていますので、
アイさん、ニル・ファンの皆様、
安心してください!
e0266067_16585516.jpg

アイさんについてはこれまで、ニルのお母さんで
ちょっと年配のクロサイと思っていただけでしたが、
実際、間近に出会ってみるとアクティブで美しいご婦人サイでした。

現在、東山のクロサイはアイさんだけで、
クロサイ飼育は終焉の方向のようです。





初めての動物園で、初めてのサイに会うときは
動物園に着く前から心躍ってしまう。

豊橋の「のんほいパーク」は今日が初めての訪問。

新幹線で豊橋まで行き、そこから東海道本線で一駅の
二川(ふたがわ)駅からは、トリケラトプスが
教えてくれているように約500m。

e0266067_17093260.jpg
色々な動物が次々と、こうして動物園まで
道案内してくれるので迷うことなく着いた。
e0266067_17152834.jpg
暑いくらいの晴れで、幼稚園の遠足の親子連れが
シロサイの放飼場の前にもたくさんいた。
e0266067_17174191.jpg

シロサイのトムとタンディー、初めまして!
e0266067_18192674.jpg
トムとタンディは、南アフリカから1992年2月28日に
のんほいパークへ。当時、トムは2才、タンディーは
1才半だったので現在は27才くらい。2頭は孤児だったそうだ。

サイの密猟が急増したのは、中国やベトナムの経済成長が
著しくなった2008年からであるが、トムとタンディーが
生まれた1990年頃の密猟状況はどうだったのだろう?

下記のグラフは、1980年から2015年の南アフリカの
サイの年間密猟数の推移を示している。

e0266067_17281320.jpg
(C):Save Our Rhino http://www.saveourrhino.net/rhino-poaching-timeline/


現在は南アフリカで年間1000頭を超えるサイが
密猟で殺されているが、上記のデータによると、
1990年頃は密猟は年間に10頭以下だったようだ。

もし、トムやタンディーが密猟によって
孤児になったのだとしたら、本当に不運な
赤ちゃんサイだったのだ。

孤児になった子サイは、運よく人間に保護されないと
母乳を飲めないで餓死するか、ライオンやハイエナに
食べられてしまう。

見る者の心を癒すようなおっとり穏やかな
トムとタンディーは小さい頃、南アフリカの
野生の状況でどういう経験をして孤児に
なったのだろうか?


クロサイやインドサイは野生では単独生活をしている。
動物園でも子育ての時期に母子が一緒に
暮らす以外は、1頭づつ別々に過ごしている。

しかしシロサイは、サイのなかでは唯一、群れで暮らす
種類なので、ここでもペアが一緒にされている。
やはり相手との関わりによって動きに変化が
あるので見ていると面白い。

e0266067_18294391.jpg
e0266067_18430665.jpg
タンディー♀(右)とトム♂(左)

e0266067_18434133.jpg
e0266067_18442208.jpg

どちらか昼寝の体勢になると、もう一方も
並んで昼寝がしたくなるみたいだ。
まずはタンディー♀(左)から。
e0266067_18451920.jpg
よっこいしょ、とトムも寝そべる体勢へ移行!
e0266067_18465211.jpg
ふたりの夢の世界!
e0266067_18502271.jpg

一緒に冷たいものでも飲みましょう!
e0266067_19035474.jpg

e0266067_18515354.jpg


角が上方向にまっすぐ細長く伸びているのが♂のトム(右)、
角にカーブがあるのが♀のタンディー。

私がサイを見ていると、近くで2頭のことを
詳しく話しているのが聞こえたので、
思わず声をかけさせてもらった。
すると、その女性は、以前から私がツイッターで
フォローしている「のんほいパーク盛り上げ隊」の
メンバーの方だった。トムとタンディーに詳しいことに納得!

そのときに、角の形によるわかりやすい2頭の判別法も
教えてもらったのだ。
e0266067_18542383.jpg


幼稚園の遠足の子供達が、特別にサイをさわらせて
もらっている。私も触りたい!園児たちがうらやましい。
こうして並んでいるところを見ると、2頭の大きさの違いが
わかる。
e0266067_18551019.jpg

今度はトム♂(右)が先に、「昼寝しよーっと!」
e0266067_18581134.jpg
「それなら私も」とタンディー♀。
e0266067_18592056.jpg

「よっこいしょ」
e0266067_19000237.jpg
e0266067_19005266.jpg
e0266067_19014334.jpg
「もうすぐ閉園なので今日の私達のお仕事も終了。
おやすみなさい。」
e0266067_19023442.jpg

参照 :
のんほいパーク盛り上げ隊!データベース・シロサイ
のんほいパーク公式サイト・動物紹介シロサイ





名古屋のインドサイ、
ブンタくんは、"泥の王子"!

初めて訪れる東山動植物園は朝から大雨。
2011年11月、ブンタが横浜の金沢動物園から
名古屋に移動して以来5年半ぶりの再会、
そのときブンタは泥水のなかでぐっすり。
e0266067_15535713.jpg
e0266067_15543230.jpg
7才になったブンタの渋い寝顔!
e0266067_15524226.jpg
プールは深く改修され居心地がよくなったそうだ。
e0266067_15594551.jpg


本当に大きく立派になったね、ブンタ!
e0266067_15555986.jpg


開園80周年のこの機会にフェンスが放飼場に近づけられ、
近くからブンタを見られることになった、という。
改修工事の前は、今ブンタがいるところにもう1頭のオスの
インドサイ・セラがいて、セラの場所にブンタがいたそうだ。
e0266067_16041878.jpg


e0266067_15563805.jpg
枝を振り回している様子は、小さい頃のブンタを彷彿とさせる。
e0266067_15570236.jpg

となりのニルギリさんのことが気になるみたいで
何度も仕切りの方に寄って行く。8月には8才になる
ブンタ、もしかしてニルギリさんとそろそろ・・
なんて思ったが、飼育員さんによると、そういうこと
ではなくて、ブンタはちょっと寂しがり屋!、という
感じだそうだ。
e0266067_15583467.jpg

仕切りの向こうのニルギリ(26才♀)。
e0266067_15590480.jpg

閉園時間近くに屋内に戻ったブンタ。
e0266067_16030791.jpg

ブンタは2009年8月15日、横浜の金沢動物園生まれて、
2011年11月7日、名古屋の東山動植物園に移った。

e0266067_16062814.jpg
金沢動物園の幼いブンタの紹介パネル
e0266067_23014124.jpg



もうすぐ2才になる頃の金沢動物園のブンタ。
e0266067_23115562.jpg

東山動物園に移動する直前のブンタ。
この頃はゴポンお母さんと「角突きっこ」をさかんにやっていた。
e0266067_23025197.jpg

ブログ内関連投稿記事 :
「残り少ないブンタと母の時間2011.10.16」
http://sainomimy.exblog.jp/18040854/


e0266067_01015975.jpg
担当の飼育員さんが、「ブンちゃん」と呼びかけ、
優しく接してくれていることが、ブンタの小さいときを
知っている "親戚のオバチャンの心境 "の私には、
嬉しかった。


次の写真は、ブンタの弟で2014年生まれのチャンプとお母さんのゴポン。
チャンプも2才のとき、金沢動物園から山口県の秋吉台サファリランドに
移動している。
e0266067_01321380.jpg
ブログ内関連投稿記事 :
「元気でね、インドサイの子チャンプ、2016.03.13」
http://sainomimy.exblog.jp/24609299/


こうしてインドサイ兄弟の成長ぶりを
インドやネパールといった生息地から
こんなに遠く離れたところで
楽しませてもらえるのはとても有難い。
何だか、生きることを励まされます。

ブンタ、チャンプ、
そして、両親のキンタロウとゴポン、
そして、飼育員の方々に
感謝したい。